Welcome to JUNPA, join us! - Trio of Crystals
Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Trio of Crystals 晶の三重奏

Hélène Cardona (USA, France)

Low Altitude
 
           Where there is ruin, there is hope for a treasure.
                                                   —Rumi
                
I fly at a delicately-low altitude
You feel it viscerally in your soul
          and your wingspan lifts me
                 like earth’s breath
I empty myself of sadness
          such is the power of storms
Some things are too sacred
          to be uttered
Time slips away
I open doors
                 time stands still
Flying at a delicately low altitude
          stalking music in a house of mirrors     
                 I search for instructions
The key hides in the patterns
          my magical thinking refuses to acknowledge
I can disappear
          the way mountains turn bluer on the horizon
or a slow virga sublimes
                You listen to the silence
drawn on the ashes of ancient sacrifices
          know the redeeming power
                 of beauty and goodness
and that to live is to persist in pain         
 

From Life in Suspension (Salmon Poetry, 2016)
Hélène Cardona

ヘレン・カルドナ(米国・フランス)

低空

                                  滅びがあるところに、宝の希望がある。
                                                       ルーミー

わたしは優しく飛行する―低空では
魂の中であなたは直感的にわかっている。
 地球の息吹きのように、
  あなたの翼がわたしを持ち上げる
わたしは自分を悲しみで空しくする
  嵐の力とはこんなもの
あることは神聖なこと
  口にもできない
時は過ぎ去り
わたしはドアを開く
   時は止まったまま
そっと低空飛行をしながら
  鏡の家で音楽に忍び寄る。
   楽器を捜しながら
その鍵は模様のなかに隠れているのだ。
  わたしの魔法の考えが見つけることを拒む
わたしは消えることができる
  どうして山が水平線ではさらに濃い緑に変化するのか、
あるいはどうしてゆっくりと尾流雲は昇華するのか
あなたは沈黙に耳を傾ける
  それは古代の犠牲の灰に描かれていて
   美と善の
    償還力を知るのだ。
そして生きることは痛みに辛抱強くあることなのだ

 Translation by Maki Starfield


プロフィールは前出。ここをクリック。

ジョン・フィッツジェラルド

中心から離れて

 
痛みは闇だ。
いつ目を閉じたのかきみにはわかる。そして、そこにまだいるのだ。
実際に消えたのは光だ。
 
世界の中心から離れて、
わたしは一人だが、それが問題ではない。
この生命が拡大していくと中心がないのだ。
 
少なくとも、ある瞬間より多くなるのではない。
時間のやり方で振る舞うからだ。
時間は、中心がどこにでもあると知っている。

 
 
中心から離れて、再び始まるわたし。
そこには、群衆の誰かいるかもしれない、
全く見知らぬ人たちの生命のなかにわたしがいる。
 
さらに5秒間だけ心のなかを見れる。
真実のマインドは、思考のひとつ、まぶしすぎて直に見られない。
それを取り込むために覆う必要がある。
 
それを取り込んだ振りをして、自らを騙さなければいけない。
溺れている人が海に飲み込まれるように
わたしは川の水1杯分しか飲めず、残りの水がわたしを襲うのだ。

 Translation by Maki Starfield


John FitzGerald is a poet, writer, editor, and attorney for the disabled in Los Angeles. A dual citizen of the U.S. and Ireland, he attended the University of West Los Angeles School of Law, where he was editor of the Law Review.
He is the author of four books, more recently Favorite Bedtime Stories (Salmon Poetry, 2014), Finalist for the Julie Suk Book Award, and The Mind (Salmon Poetry, 2011) semifinalist for the Alice James Book Award.
Other works include Primate, a novel & screenplay, and the non-fiction For All I Know.
He has contributed to many anthologies, notably The Plume Anthology of Poetry 5 (2017), Even the Daybreak: 35 Years of Salmon Poetry (2016), Human and Inhuman Monstrous Poems (2015), Rubicon: Words and Art inspired by Oscar Wilde’s De Profundis (2015), From the Four-Chambered Heart: In Tribute to Anais Nin (2013), Dogs Singing: A Tribute Anthology (2011), and Poetry: Reading it, Writing it, Publishing it (2009).
Other publications include The Warwick Review, World Literature Today, The Taos Journal of Poetry and Art, December Magazine, From the Fishouse, Mad Hatters’ Review, Barnwood Mag, and The American Journal of Poetry.
 
ジョン・フィッツジェラルド(アメリカ・アイルランド)
 
ジョン・フィッツジェラルドは、ロサンゼルスの詩人、作家、編集者、障害者のための弁護士である。米国とアイルランドの二重国籍を有する。ウェスト・ロサンゼルス大学のロー・スクールに通い、ロー・レビューの編集者だった。彼は4冊の著者であり、最新作は『Favorite Bedtime Stories』(2014年Salmon Poetry出版、Julie Suk Book賞の最終選考作品)、『The Mind』(2011年Salmon Poetry出版、Alice James Book賞の準決勝作品)。
 
その他の作品に『Primate(小説&脚本)』、『For All I Know』(ノンフィクション)がある。さらにアンソロジーの編集も精力的に行い、「The Plume Anthology of Poetry 5」(2017年)、「35 Years of Salmon Poetry」(2016年)、「Human and Inhuman Monstrous Poems」(2015年)、「 Rubicon:Oscar Wilde's De Profundis」(2015年)、「From the Four-Chambered Heart: In Tribute to Anais Nin」(2013年)、「Dogs Singing: A Tribute Anthology」(2011年)、「Poetry: Reading it, Writing it, Publishing it」(2009年)を手がけている。
 
また、「The Warwick Review,World Literature Today,The Taos Journal of Poetry and Art, December Magazine, From the Fishouse, Mad Hatters’ Review, Barnwood Mag, The American Journal of Poetry」を出版している。


Maki Starfield (Japan)

A Legend in the Sea
 
 
Sorrow is coming
I’m crying for sorrow
Melting in tears
Spirit (heart?) of the sea…
 
Drinking the waves of creation
Gushing from the heart
To light
From darkness
To light
To everything
To the real me,
Flowing/entering in.
 
Eternity is gone
While licking a/the memory of death
It never stops
Emptiness of infinity—
 
From the bottom
To the top
Even higher
The whirlpool of a scream wells up
I’ll be a legend in the sea.
  Translation by the author

マキ・スターフィールド(日本)

海の伝説
 
 
悲しみがやってくる
悲しみのために泣いている
涙のなかで溶ける
海の心・・・
 
創造の波を飲みつくし
どくどくと心臓から
光へ
闇から
光へ
すべてへ
本当の私へ
入っていく
 
 
永遠は立ち去り
死の記憶を舐めまわしながら
立ち止まることのない
無限の空――
 
 
 
下から
上へ
さらに上へ
悲鳴の渦が沸き起こり
私は海の伝説となる

プロフィールは前述。ここをクリック。


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Trilogue
 (響き合う東西詩人:詩的対話)
by Hélène Cardona, John FitzGerald , and Maki Starfield



























Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。