Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Poetry Reading in Kyoto 2019

        
                



















開催要領
 
響きあう東西詩人:ポエトリーリーディング in Kyoto 2019
期間 2019年3月3日~5日
(4日は会員のワークショップ)
実行委員会 
上村多恵子(委員長)、すみくらまりこ
武西良和
 
2019年3月3日(日) 

三条会場
ロイヤルパークホテル京都三条 BF サンルーチェ)
11:00-12:30 
会員の朗読会(会員・一般 定員50名) 朗読は日本語又は英語
参加費1000円     一般参加歓迎(editors@ama-hashi.com)
      
13:30-16:30 
ナジ・ナーマン文学賞受賞祝賀会(会員・一般 定員50名)
発起人:有馬敲、村田辰夫(代表)、左子真由美、司由衣、根来真知子
下田喜久美(司会)、北原千代、武西良和(司会)、タニウチヒロシ  
参加費5000円    

2019年3月5日(火)
蹴上会場
京都市国際交流会館 1F会議室)
 
13:00-16:30 
響きあうユーラシア詩人:ポエトリーリーディング in 2019
「鉄の二重奏」「鏡の二重奏」朗読会(会員・一般 定員50名)
出演者:ヴィアチェスラウ・クプリヤノフ、武西良和
    ディミトロ・チスティアク、上村多恵子
司会:すみくらまりこ(日本語・英語)
   タマラ・リトゥイネンコ(ロシア語・ウクライナ語)
朗読参加:稲葉妙恵ほか      参加費1000円
 一般参加歓迎(editors@ama-hashi.com)

 ヴィアチェスラウ・クプリヤノフはロシア語で朗読します。一冊を通読し、そこから生れてくる鉄のように確固たる男女の愛、人間性への不変の意思、そして和歌山の山河への愛、農業への不動の意思を感じ取っていただければ幸いです。
 
 ディミトロ・チスティアクはウクライナ語で朗読します。一冊を通読し、鏡をモチーフに詩を響かせあい、実像と虚像が入り混じった詩人の胸中を描き出した詩の世界を余すところなくお楽しみいただけます。
 いずれも日本語訳詩も合わせてお楽しみいただけます。終了後は、がんこ高瀬川二条苑で交流会を行います。
 

17:30-19:30  交流会   
がんこ高瀬川二条苑 (中京区木屋町二条)場所はここをクリック。
ゲストを囲んで、スピーチ・朗読・歌・踊りなど楽しく交流していただきます。
参加費3500円