Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Wings 翼の二重奏

響き合うアジア詩人:詩的対話
翼の二重奏」ウィレム M.ロッジマン&マキ・スターフィールド
Western-Eastern Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Wings"
Willem M.Roggeman & Maki Starfield    ムービー movie


Willem M.Roggeman (Belgium)

The Phenomenology of Perception


Something completely transparent,
to look carefully at this.
To know it is there
and yet not see it.
Eyes feel deceived.
About their working order
there is suddenly a doubt.
They hesitate between what is real
and what still needs to be believed.
This is a strange sensation.
To look through something
while feeling there is nothing there.


Vision Under Water


He stands upright with leaden shoes
planted firmly on the bottom of the sea.


His lustrous hair sways back and forth
trailing the currents of the water.


His eyes and mouth are open wide,
the fish say hello as they pass.
 

He seems at times to grope with one hand
at something dancing around him.


He appears to take a curious pleasure
in all that happens here below.


And each time the sun appears on the horizon
you can hear him shout the inaudible.



ウィレム M.ロッジマン(ベルギー)

知覚の現象論
 
 
完全に透明なもので、
これを注意深く見ること。
それを知るために存在し、
まだそれを見ていない。
目は欺かれていると感じる。
突然、正常に機能していることに
疑いを抱く。
実在するものと、
信じられなければならないものとの間に逡巡が生じる。
これは奇妙な感覚。
何かを通してみること
さらに、そこで感じることは何もない。


水の下の視界
 
 
彼は鉛の靴で真っ直ぐ立ち
海底にしっかりと植えつけられている。
 
 
彼の光沢のある髪は前後に揺れ
水の流れに追いつく。
 
 
彼の目と口は広く開いていて、
通り過ぎるとき、魚がこんにちはと言う。
 
 
彼の周りで踊っているものを
たまに片手で手探りしているように思える。
 
 
水の下で起こっている全てに
彼は好奇心に満ちた喜びを見せる
 
 
そして、太陽が地平線に現れるたびに
聞きとれないものを彼が叫んでいるを聞くだろう。


WILLEM M. ROGGEMAN (Belgium)
 
This Flemish poet, born in Brussels, where he still lives, was called by an important critic “a painter with words”. It is indeed painting which has had the most influence on his poetry. Roggeman was for some time a professional journalist and art critic at the Flemish newspaper “Het Laatste Nieuws” in Brussels. Was director of the Flemish Cultural Centre De Brakke Grond in Amsterdam from 1981 to 1993. He is writing poetry, novels, plays and essays about Dutch literature and Flemish painters. His work is translated in many countries.  
 
ウィレム M・ロッジマン(ベルギー) 
 
ブリュッセル出身のベルギー詩人。ある著名批評家に「言葉の画家」と呼ばれた。 彼の詩に最も影響を与えたのは絵画である。ロッジマンは、 フランシスの新聞「Het Laatste Nieuws」(ブリュッセル)の記者兼美術評論家としてしばらく務めた。 1981年から1993年にアムステルダムのフラマン文化センター・デ・ブラッケ・グランドのディレクターを務めた。彼はオランダの文学やフランダースの画家についての詩、小説、戯曲、エッセイを執筆、彼の作品は多くの国で翻訳されている。
 

Maki Starfield (Japan)

It is the soul that is strange
 
 
It is the soul that is strange
I wanted to see you.
But because time flows
Only this feeling stops and will not rot
 
If your hand gently touches my soul
This became a pearl
Why is it so beautiful?
Because it is shining with the love of one line
 
Why am I attracted more and more to you?
 
 
I want to sing my love to you as a poem
If I can
I want to sing your whole life in poetry
And
Even if my poetry is bad
If you can think much about even one second
What is the joy of my soul?
 
To love
Calling your name
To believe in you
I want to sing it in my poem


マキ・スターフィールド

不思議なのは魂だ
 
 
不思議なのは魂だ
あなたに会いたくなった
それでいて時間は流れているので
気持ちだけ止まって腐らない
 
あなたの手がそっとわたしの魂に触れたら
これが真珠になった
なぜこんなに美しいのか
一筋の愛で輝いているからだ
 
あなたになぜどんどん惹かれていくのか
 
 
わたしはあなたへの愛を詩に歌いたい
できることなら
あなたの一生を全部詩に歌いたい
そして
わたしの詩が下手でも
1秒でもあなたのことを多く考えられるなら
わたしの魂の喜びはどんなだろう
 
愛すること
あなたの名前を呼ぶこと
あなたを信じること
それをわたしの詩に歌いたい






Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。