Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Vows 誓の二重奏

誓の二重奏」クレリア・イフリム&下田喜久美
Western-Eastern Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Vows"
Clelia Ifrim & Kikumi Shimoda     

Clelia Ifrim(Romania)

White crocus 
 
The quiet from the top of mountain is
a good midwife.
The white crocus anew are flowering
among the bodies of the ones
dead with cold,
In the mountain village.
You can not believe that they are flowers -
but short cries
of the newly born ones.


Love poem
 
You can begin from where you want,
he said me.
Then, I have taken a few salt grains 
from the water of the ocean
and I set them
at the joint of my right hand
A salt empire,
he said me,
Kissing the place
where the water was deeper
than the blood.
We were on the shore of the world,
and the birds of the ocean
were emerging from their dream,
to welcome us.

At dawn
 
I throw stones at the solitude bird.
It says nothing.
It returns, at dawn
And pecks the earth
on my hand that ls writing. 

クレリア・イフリム(ルーマニア)

白いクロッカス
 
山頂の静かさは
申し分ない助産婦だ
新たな白いクロッカスが
寒さで倒れた株から
身を分けて咲いている
山荘で
あなたは信じられないだろう
彼らは花だが―
新生花たちの
あいだ短い泣き声を


愛の詩 
 
きみがいいと思うところから始めていいよ
彼は言った
そうして、わたしは海の水から
塩粒をいくつか取ってしまった
そしてそれを
右手の関節に乗せた
塩の帝国だね、と
そこにキスをしながら
彼は言った
そこは水が血よりも
濃くなっていた
わたしたちは世界の渚にいた
そして海鳥たちは
夢から現われてきて
わたしたちを受けいれてくれたのだった
 
夜明けに
 
わたしは孤独な鳥に小石を投げる
それはなにも言わない
鳥はもどる、夜明けに
そして書き物をするわたしの手の上で
地面をついばむのだ

 
She was born in Bucharest, where she leaves at present.
She is member of Romanian Writers’ Union and IWA – International Writers Association (USA), Japan Universal Poets Association (JUNPA), honorary member of Foundation for Culture Naji Naaman (Lebanon).

Her first poems appeared in “Luceafărul” magazine (The Morning Star) in 1979. She makes her editorial debut in 1986, in the collective anthology of short prose “Debut” at Cartea Romaneasca publishing house. Her works of poetry, drama, short prose, translations, essays, drawings have been published in many literary magazines and journals.

She has published 22 books.
Among them, ” My Loved Japan” an edition in Romanian, English, French and German, that is Best Books of 2011 (David Burleigh, The Japan Times)
She is recipient of many international haiku prizes, for example: Grand Prix, Matsuo Basho Festival, Japan,2011.
Two of her poems were selected by JAXA – Japan Aerospace Exploring Agency – and stored aboard the space module Kibo ( Hope) of the ISS – International Space Station.
The poet and translator Kiwao Nomura, selector for this project, in his comment says :” Again using simple words , she speaks only the love and departure.Such a work seemed to be the most suitable for connecting to astronaut Wakata“.
The poem was sent from the Earth to the astronaut Koichi Wakata who was on The International Space Station. In the movie made aboard the space module Kibo,Wakata – san says : ” Reading the 24th link written by Ms.Clelia Ifrim , I felt we’ve been given a gift from our parents and also the mother earth. When I looked out of the window of Kibo, the beauty of the blue planet struck me and I was overwhelmed with gratitude for the gift I received from it.”
 
クレリア・イフリムはルーマニア・ブカレストに生まれ、現在も住む。ルーマニア作家協会、国際作家協会に所属。1979年にはじめて “Luceafărul” magazine「朝の星」という雑誌に詩が掲載される。文学デビューは1986年。詩、脚本、散文詩、翻訳、エッセイ、絵は多くの文学詩誌に掲載されている。
著作は18冊。なかでも「私の愛する日本」はルーマニア語、英語、フランス語、ドイツ語版は2011年ベストブックスに選ばれた。 (David Burleigh, The Japan Times) 
また多くの俳句賞を受賞している。直近では2011年松尾芭蕉フェスティバルグランプリ(日本)である。
二つの詩はJAXAのスペースシャトル「希望」に積まれた。選者の野村喜和夫の詩人・翻訳者はコメントをよこしている。「シンプルな言葉を用いて、彼女は愛と別れを語る。これは若田宇宙飛行士にぴったりだと思う。国際ステーションの若田光一宇宙飛行士は、言う。「クレリア・イフリムさんの書いた詩を読んで僕は地球にいる両親から母なる地球から与えられた贈り物だったと感じた。モジュール「希望」の窓から外をみて青い惑星の美しさに心をうたれ、そこから享けた贈り物の有難さが溢れてきた」。


Kikumi Shimoda(Japan)

What makes me to advance
 
What helps me to advance is
An obstacle.
 
What I am not granted yet
What I am not be admitted yet
What are not in my hands
Desires happenings filling
my big hollow ---
 
The pain while I try to act
Surges toward an empty life.
 
The world does not admit me to advance
It sets me trials and tribulations
With desire to vengeance
I am moving ahead without it’s mercy
wrapping my suffer.
 
Thank you, today.
 
A denial creature appeared to force me to advance
I won't grieve for a gap in the lack
Oh, all troubles
They might come to drill my heart.
 
But can I forget all?
Yes, only advancing can make me forget.
 
I am working on personal computer
The wall paper is a beauriful glacier
My worries will melt and go better every minutes 



下田喜久美(日本)

進ませるもの     
 
私たちの前進を支えるものは
障害物である
 
得られないもの
認められないもの
与えられないもの
欠落から
満たされるものへの渇仰
 
空っぽの人生に向かって
満たそうとする苦しみが怒涛のように押し寄せる
 
世界はそう簡単に進ませてはくれない
艱難辛苦
雪辱への渇仰
苦しむものを包むための慈悲を振り絞って
前進するのだ
 
私はきょう感謝する
 
進ませようとして否定者が現れたのだ
無理解の谷間を私はもう嘆かない
あらゆる所難よ 
所難こそ私を鍛えるものだ
 
そうはいってもそれらを忘れるられるだろうか
前進のみが忘れることを可能にする
 
私は幸せな氷河に囲まれて
パソコンに向かう
ことごとはすすむ











Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。