Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Mists 霧の二重奏

響き合うアジア詩人:詩的対話
霧の二重奏」ディリープ・ジャヴェリ&マキ・スターフィールド
Asian Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Mists"
Dileep Jhaveri & Maki Starfield    


Dileep Jhaveri (India)

Before Writing Poetry
 
 
One must learn many languages
before writing poetry
 
The language of shadows and scents
to know separations and absences
Language of rusted wheels and sharp arrows
to understand inertia and starvation
 
The language of roof holes
speaks of searches by inquisitive sunbeams
The patchy speech of lost walls
has retained the damp songs of raindrops
 
Winds know the language of desert and sea
and keep a constant correspondence with sand
But the language of dust
spreading quietly through window crevices
on windless nights is known to sand only
 
My footprints make the dust wordy in darkness
Being deaf to silence
I look for you
Poetry, are you there?


Lips and Tongue
 
For the blind lips
the tongue is eye
It shows them what they think is world
but actually a word
 
From the wound of lips
oozes word
like blood
The tongue throbs inside
 
Word passionately kisses melting lips
leisurely inside
The tongue licks
at the sound
 
The lips close in sleep
Open in dreams
The caged tongue
cannot tell the difference
 
The lips move apart
to let the tongue fly
But inside the palate is sky
and the sea is saliva
 
The word is dough
kneaded by tongue
The lips suffuse life breath
emerges incorporeal sound

 
ディリープ・ジャヴェリ(インド)

詩を書く前に
 
詩を書く前に
人は多くの言語を学ばなければいけない
 
分裂や不在を知るための
影と香りの言葉
無気力と飢餓を理解するための
錆びた車輪と鋭い矢の言語
 
屋根の穴の言語が
魅惑的な太陽光線による検索を語る
失われた壁の不気味な言語が
雨滴で湿った歌を覚えている
 
風は砂漠と海の言語を知り
砂と安定した調和を保つ
しかし、言葉の塵が
窓の割れ目に静かに広がり
風のない夜に砂だけは知っている
 
ぼくの足跡は暗闇のなか、言葉の塵を饒舌にさせる
沈黙に黙ったまま
きみを探している
そこにいるのか、詩よ!


唇と舌

眼の見えない唇のために
舌は眼だ
唇が思っている世界が何なのかを舌は唇に教える
しかし、実際には言葉だ
 
唇の傷から
血のように
滲出する言葉
舌が内部でときめく
 
言葉は熱く溶ける唇にキスする
ゆっくり内部へと
その音を聞いて
舌は舐める
 
唇は眠るときに閉じ
夢のなかで開く
かごに入った舌は
違いを知ることはできない
 
唇が離れて動く
舌を飛ばすために
しかし、口蓋内は空だ
海は唾液だ
 
言葉は
舌で練った生地だ
必要不可欠なもので
唇は一杯になり
無声音が生まれる


Born in 1943,Dileep Jhaveriis one of the most dynamic and articulate poets writing in India today.  Like the Czech poet Miroslav Holub, his poetry mixes the objectivity of a scientist with an indefatigable lyricism.  For Jhaveri, poetry is a theatre of ideas and emotions, and theoretical propositions.  Dileep Jhaveri is a practicing general physician based in Mumbai and a well-known Gujarati poet and playwright.  He has published one collection of poetry in Gujarati entitled Pandukavyo ane Itar (1989) and a play Vyaasochchhvas (2003), which has subsequently been translated into English as A Breath of Vyas by Ms. Kamal Sanyal. Recently, he has published three books of poetry in the United States, Once This Mist Clears (2014), Fire Writes in Several Scripts (2015), Magic and Miracles, (2016) all by The Feral Press. In addition, a selection of Dileep’s personal essays entitled House of Three Widows (2017) was also published by The Feral Press. His latest translation is titled Breath Becoming a Word:  Contemporary Gujarati Poetry in English Translation published by Sahitya Akademi Delhi.  In addition, many of his poems have been anthologized, and his poetry has been translated into English, Hindi, Marathi, Malayalam, Bengali, Tamil, Korean, Chinese, Irish, Indonesian, Romanian, and Japanese.  He has received  the Critic Award (1989), Jayant Pathak Award for Poetry (1989), and the Gujarati Sahitya Parishad Award (1990).  Inside India, he has been invited to read his works by the Central and State Sahitya Akademis, Universities, and literary groups.  He also has been invited to read widely abroad, including at the Asian Poets' Conference in Korea in 1986, Taiwan in 1995, and such other countries as Japan, Singapore, Malaysia, Indonesia and the United States. Dileep Jhaveri serves on the editorial boards of Museindia.com and the Kobita Review.
 
ディリープ・ジャヴェリ(1943年生まれ)は、インドで最も活躍する雄弁な詩人。チェコの詩人ミロスラフ・ホラブのように、彼の詩は科学者の客観性と、不屈の叙情性が調和している。 ジャヴェリの詩はアイデアや感情の劇場であり、理論的な命題だ。ディリープ・ジャヴェリは、ムンバイを拠点とする開業医であり、有名なグジャラートの詩人、劇作家。彼はグジャラート州でPandukavyo ane Itar(1989年)とVyaasochchhvas(2003年)と題した2冊の詩集を出版した。その後、カマール・サニヤルによってVyas of Vyasとして英語に翻訳された。最近、アメリカのThe Feral Pressから2冊の詩集The This Mist Clears(2014年)とFirewrites in Scripts(2015年)が出版されている。最新の翻訳はSahitya Akademi Delhiによって出版された『言葉の息:グジャラート現代詩(英訳)』(原題:Breath be a Word:Contemporary Gujarati Poetry in English Translation)。さらに、彼の詩の多くはアンソロジー化されており、英語、ヒンディー語、マラティ、マラヤーラム語、ベンガル語、韓国語、中国語、アイルランド語、日本語に翻訳されている。 受賞暦は1989年の批評家賞、1989年のジャヤン・パターク賞、1990年のGujarati Sahitya Parishad 賞。インド国内では、セントラル州Sahitya Akademis、大学、文学グループによる朗読会に招待されている。また、1986年の韓国、1995年の台湾、日本、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどのアジア諸国の詩人会議に招待され、彼の詩が朗読された。ディレップ・ジャヴェリは、Museindia.comとKobita Reviewの編集委員を務める。





Published in Spanish





Maki Starfield (Japan)

Tapestry of the Universe
 
 
The tapestry of the universe spreading to my creation
weaves colorful images
It is like a single thread
 
All other threads and colors
my father, my mother, my sister, my lover, my friend
are my relationships.
 
The world created by God loves us deeply
Is it positive?
or is it negative?
works on my life
despair, sorrow and joy
 
From everyone's thread
to accept
life flowing into me
gushing intelligence is given to me
 
This blue sky and light ---
are connected to existence in this spectacular universe
 
Oh, Thread of the universe, sew me
a legacy that has been forgotten long ago ---
I made up all the reality of life through my deep intellect
I am the eternal existence
with no beginning
with no end
just to keep existing
 
If I do not see the tapestry of the universe which is the accumulation of life
Can I know that it has great power?
 
For I was satisfied at whatever "knowledge" gained from the ancient king, a ruler, a slave, a hero, Christ on the cross, teachers, guides, friends, philosophers.
 
Oh, Needle of the universe, pierce me
I was not always born as a poet because of pain
to convey my essence
to speak to you
not a word of consciousness
My soul and spirit separate
in the released lights, my poetry will be born
 
 
Oh, Tapestry of the universe, whisper to me
Of a greater love than any love I have ever seen
to survive on the earth
Can we abandon an idea where people's conflict and hatred
are not useful?
Don’t you feel when you should be aware of eternity of existence?
 
Infinite thinking, infinite freedom,
and as a new existence in the consciousness of infinite love
The door of my life opens
And let me feel the flame of love in your life
 
And let this earth I live on
become an emerald of the universe
In this beautiful place, that is, the house that God gives us,
Love, peace and joy will give us blessings


マキ・スターフィールド

宇宙のタペストリー
 
 
わたしの創造に広がる宇宙のタペストリーは
色とりどりのイメージを織る
一本の糸のようなもの
 
他の糸や色は全て
父、母、妹、恋人、友達という風に
わたしの人間関係だ
 
わたしたちを深く愛している神が創った世界に
ポジティブなのか
ネガティブなのか
わたしの一生に働きかける
絶望と 悲しみと よろこびを
 
あらゆる人たちの糸から
わたしのなかに流れる生命を
受け入れるために
湧き出た知性が与えられる
 
この青空と光——
壮大な宇宙にある存在とのつながっている
 
ああ、宇宙の糸よ、わたしを縫い込んで欲しい
遠い昔に忘れ去ってしまった遺産—
わたしの深い知性を通して人生のあらゆる現実をつくり上げたということを
永遠の存在のわたしは
始まりもなく
終わりもなく
ただ存在していくということを
 
人生の蓄積である宇宙のタペストリーを目にしないなら
偉大な力があると知るのだろうか
 
というのも、古代の王、支配者、奴隷、英雄、十字架にかけられた
イエス・キリスト、教師、ガイド、友人、哲学者から
「知識」を得られるものなら何でもよかった
 
ああ宇宙の針よ、わたしを突き刺して欲しい
痛みのために詩人として生まれてきたわけではない
わたしの本質を伝えるために
あなたに語りかけるために
意識の言葉ではなく
わたしの魂と精神は離れ
解放された光のなかで、わたしの詩は生まれるだろう
 
 
ああ、宇宙のタペストリーよ、わたしに囁いて欲しい
これまでのどんな愛よりも偉大な愛によって
地球で生き延びていくために
人々の争いや憎悪などの
役には立たない考え方を打ち捨てることができるのか
存在の永遠性に気づくべきときを あなたは感じないのか
 
無限の思考、無限の自由、
そして無限の愛という意識のなかに新しい存在として
わたしの生命の扉は開き
あなたの生命で愛の炎を感じさせてほしい
 
そして、わたしの生きるこの地球が
宇宙のエメラルドとなってほしい
神の棲み与えた家であるこの美しい場所で
愛と平和とよろこびが祝福を与えてくれるだろう

Maki Starfield
Poet, Translator.  Born in Ehime, 1972. She earned her Master of Arts from Sophia University, and then got the diploma of International business management (post graduate)with Honors from Niagara College and the certificate of TESOL from St.George International College in Canada. She began to make haiku in 2008, where she became recipient of a prize at the 12th annual Mainichi Haiku Contest. On February of 2012, she published a new collection, Kiss the Dragon.
She has recently been performing as a painter as well as a poet. She participated in Design Festa Vol.40 in Tokyo Big Site in 2014 and recently contemporary art exhibitions. She won a prize at the contemporary art (kindaibijutsu) association's public recruitment exhibition in 2017 and 2018.
She is a member of Japan Universal Poets Association. She is also a regular member of Sokyu and Sawa in Japanese haiku associates.
Japanese-English Bilingual Books: Duet of Dots co-authored with Naran Matos in 2015, Duet of Lines co-authored with Luca Benassi, Trio of Crystals co-authored with Hélène Cardona and John FitzGerald in 2017, Trio of Gardens co-authored with Lidia Chiarelli and Huguette Bertrand in 2018, Duet of Fireflies co-authored with Bill Wolak in 2018. Duet of Doors co-authored with Yesim Agaoglu in 2018.
Editor of online international journal "Poetic-Brige: Ama-hash" and JUNPA BOOKS. Participation to: Poetry Reading in Kyoto (2016, 2018)
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival (2017)

マキ・スターフィールド (日本)
3行詩人、俳人、翻訳家。2008年のときより俳句を独学で学び始める。上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。2011年夏にカナダから一時帰国し、アメリカの出版会社から出版デビュー。2012年2月に新句集『キス・ザ・ドラゴン』を自費出版でネット刊行。2012年6月、トロントのアートバーで季語にとらわれない新スタイル、3行詩を発表。現在日本に帰国し、独自の朗読会や3行ワークショップなどを行う。最近は独自のイラスト画も描き、デザインフェスタVol40(東京ビックサイト)等にも出展。日本国際詩人協会会員。同人誌「蒼穹」同人会員、「澤」会員。
日英バイリンガル詩集:2015年『点の二重奏』ナーラン・マトスと共著。2016年『線の二重奏』ルカ・ベナッシと共著。2017『晶の三重奏』ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルドと共著。2018『庭の三重奏』リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランドと共著。同年『蛍の二重奏』(ビル・ヴォラック)。『扉の二重奏』(イェシム・アガオル)。
朗読参加:
ポエトリーリーディング in Kyoto (2016,2018)
JUNPA5周年記念国際詩祭(2017)
 

 
 











Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。