Welcome to JUNPA, join us! - Duet of Happiness
Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Happiness 幸の二重奏

Koizumisya/Minami (Japan)

Thought on Happiness
                         
Happiness is a choking action
 
Fishes in an aquarium are always lack of fresh air
Therefore if they neglected to flap gills
they can not live anymore 
Floating dead fish were their mates
Which had already given up fixation on happiness
 
We must to be a pitcher
To pour fresh water into the aquarium 
Drop by drop
We must give all of our sincerity on the hand
If we missed concentration in a moment
The water will overflow soon
And some fishes will be eaten by lazy creature 
 Translation by Mariko Sumikura

幸福について思うこと
  
幸福とは息苦しい行為である
 
水槽の魚たちは常に酸素に飢えているので
鰓を動かし続けることを怠ってはもはや生きられない
そこら中に浮かんでいる彼らの仲間の死骸は
執着の残骸を吐き捨てながら腐っていく
 
我々は
水槽に
一滴 一滴 水を注し続ける水差しでなければならない
ひとつの手に誠意の全てを注ぎ込まなければならない
刹那に集中力を切らせてしまうだけで
水はたちまち水槽から溢れ出し
魚たちは怠惰な魔物にとって食われてしまうだろう

Minami/koizumisya
 
Poet, Lives in Kyoto. Member of Japan Universal Poets Association. She gives a reading of poetry in a JUNPA 5 Anniversary Commemorative International Poetry Festival, Otsu program (2017). She works in a writing project “koizumisya” with Nobuyuki Morisawa, story writer. Poetry and a children's story work are supervised by Kikumi Shimoda (publisher "Kono-te”. She is one of editors "Kono-te" magazine. A children's story book is manufactured independently up to now, and it's small in scale and it's sold also a picture book is manufactured. Her poems appeared in J-E bilingual poetry magazine "Ama-Hashi".
Publication: Japanese poets in Sympathy: Poetic Dialogue “Duet of Happiness” (2017, Japan Universal Poets Association.
 

小湖舎/みなみ
 
京都市在住の詩人、日本国際詩人協会会員。JUNPA5周年記念国際詩祭大津プログラムにて詩を朗読(2017)。童話作家である小湖舎伸行と共作プロジェクトを行っている。下田喜久美主宰の少年詩「このて」の会員として詩や童話作品を発表している。「このて」同人誌の編集もしています。これまで自主的に童話冊子を製作し、小規模で販売、また絵本の製作も行う。詩作品「幸福について思うこと」は日英バイリンガル国際詩誌「誌の架け橋:天橋」7号に掲載されている。


Koizumisya/Nobuyuki

Words
        
"A-RI-GA-TO-U"
Only five character words raise me heated
 
"GO-ME-N-NE (I'm sorry)"
Your trembled voice makes allowances for my heart
 
"GA-N-BA-RE (Exert yourself)"
Positive power made my mind light
 
Is a word the magic only a person can use?
How many times would it utilize me?
 
No, it's different
 
"DA-I-KI-RA-I (I hate you)"
A word like cold iron puts the weight my heart
 
"DO-U-DE-MO-I-I (I don’t care with you)"
Abandonment of existence avoided the distance with that
 
person
 
Words sometimes attempt to kill me
Why is a warm word getting cold?
 
Does the word live?
I believe it'll live
 
I'd like to be a producer of warm words
 Translation by Maki Starfield

小湖舎/伸行

言の葉
        
「ありがとう」
たった五文字の言葉が僕の体温を上げる
 
「ごめんね」
あなたの震えた声が僕の心を許す
 
「頑張れ」
前に進む力は僕の体を軽くした
 
言葉は人だけが使える魔法なのだろうか
何度僕を生かしてくれただろう
 
いや、違う
 
「大嫌い」
冷たい鉄のような言葉が僕の心に重石をする
 
「どうでもいい」
存在の放棄があの人との距離を遠ざけた
 
ときに言葉は僕を殺そうともする
温かい言葉が冷えていくのはなぜだろう
 
言葉は生きているのか
きっと生きているのだろう
 
 
僕は温かい言葉の生産者になりたい


Nobuyuki/koizumisya
 
Poet, Lives in Kyoto. Member of Japan Universal Poets Association. He gives a reading of poetry in a JUNPA 5 Anniversary Commemorative International Poetry Festival, Otsu program (2017). He works in a writing project “koizumisya” with Nobuyuki Morisawa, story writer. Poetry and a children's story work are supervised by Kikumi Shimoda (publisher "Kono-te”. He is one of editors "Kono-te" magazine. A children's story book is manufactured independently up to now, and it's small in scale and it's sold also a picture book is manufactured. Her poems appeared in J-E bilingual poetry magazine "Ama-Hashi".
Publication: Japanese poets in Sympathy: Poetic Dialogue “Duet of Happiness” (2017, Japan Universal Poets Association.
 

小湖舎/伸行
 
京都市在住の詩人、日本国際詩人協会会員。JUNPA5周年記念国際詩祭大津プログラムにて詩を朗読(2017)。童話作家である小湖舎みなみと共作プロジェクトを行っている。下田喜久美主宰の少年詩「このて」の会員として詩や童話作品を発表している。「このて」同人誌の編集もしています。これまで自主的に童話冊子を製作し、小規模で販売、また絵本の製作も行う。詩作品「鳥線」は日英バイリンガル国際詩誌「誌の架け橋:天橋」7号に掲載されている。

 
童話(日英バイリンガル詩集)





ほんとうの幸せとはなにか。
幸福と不幸の対極にすすむ兄弟。
はたしてその運命はいかに・・・










うさぎのこどもが
お花畑で楽しく遊んでいる
こどもながらしあわせと
ふしあわせを体験を通しながら
学んでゆく・・・





Illustration (イラストレーター)
 
momochy
 
Illustrator, Born on March 18, 1994. Graduated from Women's College of Fine Arts.
She writes a blog since 2005 and expressing figures of a girl and animals with full of light via designer's experience. Her dream is to contribute by her own creation power for the animals. She runs exhibition, product,
And events widely, while she suggest to notice daily casual happiness and provide the trigger to take a rest safely.
URL: http://momochy.blog.jp/


momochy
 
1994年3月18日生まれ。女子美術大学卒業。
2005年からブログを開設し、デザイナーなどの経験を経て、現在はイラストレーターとして、女の子や動物たちの光溢れる姿を表現し続けている。夢は大好きな動物たちのためにものづくりの力を役立てること。日々の何気ないしあわせに気付き、ほっと一息つけるきっかけとなるような作品作りを心がけながら、展示やグッズ制作、イベントなど幅広い活動を行なっている。
公式ブログ http://momochy.blog.jp/


"Japanese Poets in Sympathy" Poetic Dialogue
 (響き合う日本詩人:詩的対話)
幸の二重奏 Duet of Happiness
by Koizumisya
Illustration by momochy
詩と童話(二編)が所収されています。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。