Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Faces 面の二重奏

響き合うアジア詩人:詩的対話
面の二重奏」ヨルゴス・ヴェイス&マキ・スターフィールド
Western-Eastern Poets in Sympathy: Poetic Dialogue "Duet of Faces"
Yiorgos Veis & Maki Starfield   ムービー movie   


Yiorgos Veis (Greece)

BOOKMARK ON LOVE
 
 
I can see, you are holding up as high
you can this night, the red lotus flowers
didn’t get washed – at the flush of the fourth
drink, with bare shoulder showing you take oath
 
to be always you, better when the moons
shine, unarmed in the grip of time, ready
as when moving up and down layers
of bodies, to turn yet again iron
 
into cotton. Or silk. Deep, unfinished
kiss finally wiping out any right
to forget, leave your shirt now open,
 
to the harsh truth of time (how long will you
hold out, will you stay sharp like the dawn song,
like the earth’s view in the astronaut’s mind?
 
 
 
THE MAGNIFICENT FALL
 
 
He has no other choice
The tree is blurred
And he can see no past
His children will be reared by sun and rain
To keep on gnawing hazelnuts is vain
He won’t miss much eating the flesh
The unripe almond’s bitter taste
Out of sheer pride the squirrel
Falls into the serpent’s mouth
 
Translation by David Connolly 





ポルトガル版











ヨルゴス・ヴェイス(ギリシャ)

愛のブックマーク
 
 
ぼくにはわかる、きみは最高に頑張っている
きみは今夜できる、赤い蓮の花々は
押し流されなかった―4杯目の飲みもので赤面し、
むきだしの肩はきみが宣誓をしていることを物語っている
 
いつものきみでいるために、月が輝くときは
さらにきみはよくなり、
時間の支配に武器を捨て、準備をし、
身体の皮膚を上下に移動するときと同じように
再び鉄を静かに
 
綿またはシルクに変える。深く未熟な
キスは最終的には消しさられすぐに
忘れて、きみのシャツは今開いたまま、
 
時間の厳しい真実へ(どのくらいきみは耐え、
夜明けの歌のように、
宇宙飛行士の脳裏にある地球の見解のように
警戒を続けるつもりなのか。)
 
 
見事な落下

 
彼は他の選択肢がない
木がぼやけている
彼は過去を見ることができない
彼の子供たちは太陽と雨で育つだろう
ヘーゼルナッツを噛んだままなのは無駄だ
彼は肉を食べることをあまり恋しがらない
未熟なアーモンドの苦い味
完全にプライドを捨て栗鼠は
蛇の口に落ちる
 

The life of Greek ex-Ambassador to UNESCO and prolific writer Yiorgos Veis (Georgios/George?! Veis) revolves around making connections between Greece and other countries and between and two passions: diplomacy and literature. In addition to his 35-year career in diplomacy, Veis is also a reputable Greek writer who has written 24 books, including 13 collections of poems that have been translated into nine languages. Veis is the only Greek writer to have won 3 times Greece's most distinguished literary honor, the State Literary Award, for his travel memoirs 'Asia, Asia' , 'From Tokyo to Khartoum' and "Everywhere" . His poetry was awarded twice by the Academy of Athens, in 2008 and 2014 respectively.
 
 
ヨルゴス・ヴェイス(ギリシャ)
ギリシャの元ユネスコ大使であり、多作家と言われるヨルゴス・ヴェイス(本名:ゲオルギオス・ヴェイス)の人生は、ギリシャと諸外国との外交、さらに彼の外交と文学という2つの情熱を結びつける。ヴェイスの35年間の外交官としての経歴に加えて、9言語に翻訳された13冊の詩集を含む、24冊を著作にもつ著名なギリシャ作家でもある。 ヴェイスは、ギリシャで最も著名な文学賞を3回も受賞した唯一の作家であり、彼の旅行記「アジア、アジア(原題)'Asia, Asia'」、「東京からハルツーム(原題)'From Tokyo to Khartoum'」、「どこでも(原題)"Everywhere"」でギリシャ文学賞を受賞している。
彼の詩は、2008年と2014年にアテネアカデミーでそれぞれ2回授与された。
 

Maki Starfield (Japan)

A girl with wings
 
 
Burning
painfully
trembling
successfully
In this way I fell in love
Venus's wailing cry
My arrow
hurts my fingers
 
Lifting wings,
head for you on the ground
My heart is filled with a shining love
I became a girl with wings
in true love

マキ・スターフィールド(日本)

翼を持つ少女
 
燃える
苦しく
揺れる
切なく
こうして わたしは 恋をした
ヴィーナスの 嘆き 叫び
わたしの矢が
わたしの指を傷つける
 
羽を下ろし
地上にいるきみに向かう
愛する輝きに 胸がいっぱいになって
わたしは 本当の
恋に狂った 翼を持つ少女になった

Maki Starfield was born in Ehime, 1972. She earned her Master of Arts from Sophia University, and then got the diploma of International business management (post graduate)with Honors from Niagara College and the certificate of TESOL from St.George International College in Canada. She began to make haiku in 2008, where she became recipient of a prize at the 12th annual Mainichi Haiku Contest. On February of 2012, she published a new collection, “Kiss the Dragon.”
She has recently been performing as a painter as well as a poet. She participated in Design Festa Vol.40 in Tokyo Big Site in 2014 and recently contemporary art exhibitions. She won a prize at the contemporary art (kindaibijutsu) association's public recruitment exhibition in 2017 and 2018.
She is a member of Japan Universal Poets Association. She is also a regular member of Sokyu and Sawa in Japanese haiku associates.
Japanese-English Bilingual Books: “Duet of Dots” co-authored with Naran Matos in 2015, “Duet of Lines” with Luca Benassi, “Trio of Crystals” with Hélène Cardona and John FitzGerald in 2017. “Trio of Gardens” with Lidia Chiarelli and Huguette Bertrand.“Duet of Fireflies” with Bill Wolak, “Duet of Doors” with Yesim Agaoglu, “Duet of Mists” with Dileep Jhaveri, and “Duet of Jade” with Xiao Xiao,.”Duet of Wings” with Willem M. Roggeman, “Duet of Islands” with Sarah Thilykou, “Duet of Shadows” with Amanda Bell in 2018.
Participation:
Poetry Reading in Kyoto (2016, 2018)
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival (2017)
 
 
 
マキ・スターフィールド (日本)
 
3行詩人、俳人、翻訳家。2008年のときより俳句を独学で学び始める。上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。2011年夏にカナダから一時帰国し、アメリカの出版会社から出版デビュー。2012年2月に新句集『キス・ザ・ドラゴン』を自費出版でネット刊行。2012年6月、トロントのアートバーで季語にとらわれない新スタイル、3行詩を発表。現在日本に帰国し、独自の朗読会や3行ワークショップなどを行う。最近は独自のイラスト画も描き、デザインフェスタVol40(東京ビックサイト)等にも出展。日本国際詩人協会会員。同人誌「蒼穹」同人会員、「澤」会員。
日英バイリンガル詩集:2015年『点の二重奏』ナーラン・マトスと共著。2016年『線の二重奏』ルカ・ベナッシと共著。2017年『晶の三重奏』ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルドと共著。2018年『庭の三重奏』リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランドと、『蛍の二重奏』ビル・ヴォラックと、『扉の二重奏』をイェシム・アガオルと、『霧の二重奏』をディリープ・ジャヴェリと、『翠の二重奏』を潇潇と、『翼の二重奏』をウィレム M.ロッジマンと、『島の二重奏』をサラ・ティリコウ、『影の二重奏』をアマンダ・ベルと共著。
 
国際雑誌「詩の架け橋:天橋」およびJUNPA BOOKS編集スタッフ
editor of online international journal "Poetic-Brige: Ama-hash" and JUNPA BOOKS.
 
朗読参加
ポエトリーリーディングin kyoto (2016, 2018)
JUNPA5周年記念国際詩祭(2017)



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。