Welcome to JUNPA, join us! - Duet of Doors
Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Doors  扉の二重奏  (see 1 review)

Yesim Agaoglu (Turkey)

sleeping poet
 
 
poet sleeping
stretched out on the grass
his hat askew on his brow
poet asleep,his hands on his throat
his house and trees are sleeping too
the sun making ready to leave
only images are awake now
dark blue horses, winged balerinas
the violin-bodied man, the harp playing bird
woman and the pauper king.
 
now the poet is astride an image horse
the park as wide as can be
and as rich as it gets
the chauteau splendid,
the trees giant-sized
his hat straight on
his brow hands on hips
the poet is smiling now
 

イェシム・アガオル(トルコ)

眠っている詩人
 
 
草の上で手足を伸ばし
眠っている詩人
 
眉の上で折り曲がった詩人の帽子
喉に両手をあて、眠っている詩人
 
詩人の家と木も眠っている、
太陽は去る準備ができ
今、イメージだけが眼を覚ましている
太陽は紺青の馬、翼のあるバレリーナ、
バイオリンの身体を持つ男、
ハープは鳥の女と戯れるハープ、
貧しい王
 
今、詩人はイメージの馬にまたがっている
想像できるくらい広い公園、
緑豊かになる
 
すばらしい館、巨大サイズの木々、
眉の上にまっすぐ立つ詩人の帽子、
腰の上の両手、
今、詩人は笑っている
Translation by Maki Starfield

to write poetry
 
 
rothko on the curtains
turner on the sea
gauguin on the palm tree
viewing the women the women
the big breasted island women
matisse on the red sofa
and on the chair van gogh
putting his ear in an envelope
dripping with blood
in the bed as if painted by modigliani
a poet is writing a poem
against the whole wide world and everything
in spite of it all
writing poetry


詩を書く
 
 
カーテンのロスコ
海上の施盤士
ヤシの木にゴーギャン
女性が女性を見ている
大きな胸の島の女
赤いソファーの上のマティス
椅子の上でゴッホは
自分の耳を封筒に入れる
ベッドに血が滴り落ちる
まるでモディリアーニが描いたかのよう
詩人が詩を書いている
広い世界全体とすべてに逆らって
それにもかかわらず、
詩を書いている

Translation by Maki Starfield


イェシム ・アガオルはイスタンブール生まれ。 イスタンブール大学美術学部と考古学学部の学士号、ラジオ、テレビ、映画館の修士号を取得。 彼女の詩は様々なアンソロジーに掲載され、出版された詩集は多くの言語に翻訳されている。 彼女は国際文学や詩の祭典に数多く参加し、国際的にも現代的なアーティストとして認められている。

yesimart. blogspot.com


マキ・スターフィールド(日本)

海の声
 
さまざまな写真の記憶を
竿にぶらさげる
 
過去に人生をともにした
あなたが目を覚ます
 
海の入り口から押し寄せる
波音のようなやさしい声
 
また会いたいわたしは
答えるつもりよ
 
声はいう
「忘れないで」
 
瞳の一番熱いところで
あなたは笑っている
 
一枚の新しい写真になる
 
また それを
そっと ぶらさげる


Maki Starfield (Japan)

voice of the sea
 
 
The memories of various photos
hanging on a rod

You with whom I lived my life in the past
open your eyes
Rushing from the mouth of the sea
a gentle voice like the sound of waves

I want to see you again
I will answer you

The voice says
"Do not forget"
In the hottest part of my eyes
you are smiling

Becoming one new photo

That, too
hangs gently
Translation by the author


Maki Starfield
Poet, Translator.  Born in Ehime, 1972. She earned her Master of Arts from Sophia University, and then got the diploma of International business management (post graduate)with Honors from Niagara College and the certificate of TESOL from St.George International College in Canada. She began to make haiku in 2008, where she became recipient of a prize at the 12th annual Mainichi Haiku Contest. On February of 2012, she published a new collection, Kiss the Dragon.
She has recently been performing as a painter as well as a poet. She participated in Design Festa Vol.40 in Tokyo Big Site in 2014 and recently contemporary art exhibitions. She won a prize at the contemporary art (kindaibijutsu) association's public recruitment exhibition in 2017.
She is a member of Japan Universal Poets Association. She is also a regular member of Sokyu and Sawa in Japanese haiku associates.
Japanese-English Bilingual Books: Duet of Dots co-authored with Naran Matos in 2015, Duet of Lines co-authored with Luca Benassi, Trio of Crystals co-authored with Hélène Cardona and John FitzGerald in 2017, Trio of Gardens co-authored with Lidia Chiarelli and Huguette Bertrand in 2018, Duet of Fireflies co-authored with Bill Wolak in 2018.
Editor of online international journal "Poetic-Brige: Ama-hash" and JUNPA BOOKS. Participation to: Poetry Reading in Kyoto (2016, 2018)
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival (2017)

マキ・スターフィールドは3行詩人、俳人、翻訳家。2008年のときより俳句を独学で学び始める。上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。2011年夏にカナダから一時帰国し、アメリカの出版会社から出版デビュー。2012年2月に新句集『キス・ザ・ドラゴン』を自費出版でネット刊行。2012年6月、トロントのアートバーで季語にとらわれない新スタイル、3行詩を発表。現在日本に帰国し、独自の朗読会や3行ワークショップなどを行う。最近は独自のイラスト画も描き、デザインフェスタVol40(東京ビックサイト)等にも出展。日本国際詩人協会会員。同人誌「蒼穹」同人会員、「澤」会員。
日英バイリンガル詩集:2015年『点の二重奏』ナーラン・マトスと共著。2016年『線の二重奏』ルカ・ベナッシと共著。2017年『晶の三重奏』ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルドと共著。2018年『庭の三重奏』リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランドと共著。同年『蛍の二重奏』ビル・ヴォラックと共著。
 
翻訳:2015年『点の二重奏』(ナーラン・マトス)。2016年『線の二重奏』(ルカ・ベナッシ)、2016年『レモンの叫び』(ガブリエル・ローゼンストック)、2016年『シティータイムズ』(ヴィハン・A・ナッキ)、2016年『裏切られた花嫁』(メリタ・ジョイ)、2017年(ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルド)、2018年『庭の三重奏』(リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランド)、2018年『蛍の二重奏』(ビル・ヴォラック)。
 
国際雑誌「詩の架け橋:天橋」およびJUNPA BOOKS編集スタッフ
朗読参加
ポエトリーリーディングin kyoto (2016, 2018)
JUNPA5周年記念国際詩祭(2017)
 

翻訳
 
マキ・スターフィールドは上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。最近は翻訳も行い、ガブリエル・ローゼンストック・ビル・ヴォラックなどの作品を訳している。また俳句雑誌に数々の作品を発表、『蛍の二重奏』を含む句集等も出版している。
翻訳:2015年『点の二重奏』(ナーラン・マトス)。2016年『線の二重奏』(ルカ・ベナッシ)、2016年『レモンの叫び』(ガブリエル・ローゼンストック)、2016年『シティータイムズ』(ヴィハン・A・ナッキ)、2016年『裏切られた花嫁』(メリタ・ジョイ)、2017年(ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルド)、2018年『庭の三重奏』(リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランド)、同年『蛍の二重奏』(ビル・ヴォラック)。
 
共訳者
ガブリエル・シェーファーはアメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。カリフォルニア州立大学サクラメント校で経営学の学士号を取得。現在は京都在住。ARCアカデミー京都校で日本語を勉強中。


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue 
(響き合う東西詩人:詩的対話)
by Yesim Agaoglu & Maki Starfield














Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。