Welcome to JUNPA, join us! - Duet in Infinity
Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet in Infinity 遥の二重奏
Short movie is here.  紹介動画

Kazuhiko (Japan)

WHEN I FEEL LIFE
 
Dance of life
Crying I am alive
Voice echoes in the darkness
Events of the summer night
No one I can rely on
The presence of only one human being
Bring on the loneliness
Maybe it is better
Draw the Madonna in the head
Listen to the sounds of the sea
Nestle on the beach
Looking into the distance
I notice that
An object is placed next to mine
Might be a human being
But, give no words
 
The time is passing
The dance of life continues
Become full of energy
Evening is dawning near
While transforming consciousness
Translation by the author

比古 (日本)

いのちを感じるとき         
 
生命がおどる
生きていると叫ぶ
暗闇に声が響きわたる
夏の夜の出来事
頼るものはいない
人間ひとりだけの存在
寂しさが襲うが
それがいいのかもしれない
頭ではマドンナを描いている
海の音が聞こえてくる
浜辺にたたずみ
遠くを眺めている
気がつけば
隣にオブジェが配置されている
人間かもしれない
ただ言葉を発しはしない
 
時が過ぎていく
いのちのダンスは続く
エネルギーが満ちてきた
夜が明けていく
変貌して行く意識に
自分の存在を感じる


Kazuhiko was born in Osaka, Japan in 1949, and graduated from Kyoto University in 1973, where he obtained his doctorate in 1978. He became Assistant Professor at Osaka University and was a postdoctoral fellow at the University of Wisconsin with Professor Barry M. Trost (1981-1982). Dr. Hirao was promoted to Associate Professor in 1992 and Professor in 1994. He retired in 2015 and is now Emeritus Professor and Specially Appointed Professor at the Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka University. 

和比古(本名:平尾俊一)は詩人、1949年大阪に生まれる。現在兵庫県西宮市に在住。
《所属団体》日本詩人クラブ、日本国際詩人協会、関西詩人協会(運営委員)、兵庫現代詩協会(常任理事)、西宮文芸協会、詩誌「軸」。
《既刊詩集、パステル画集》『構図のあるバラード』『風の構図』『道化の構図』『擬人の構図』『人間の構図』、日英バイリンガル詩集「遥の二重奏」をロシア詩人アドルフ・シュヴェチコフと共著。


Adolf Shvedchikov (Russia)

CONNECT THE FUTURE WITH THE PAST
 
Connect the future with the past,
You, eternal wandering witness of the world,
Mix in the lines both evil and virtue,
Display your era’s days,
Let’s fire of your poetry burn nonstop!
Let great-grandsons breathe the smell of smoke,
You will live a long time invisibly,
If someone's heart does ignite!

POETRY, YOU ARE ETERNAL MYSTERY
 
Poetry, you are eternal mystery,
How to tell by words
That night may be sometimes enchanting
Or you can be icebound by terrible fear?
How to describe the autumn fatigue
And the smell of the rotten leaf,
When there is no more hope,
When is all in vain and fuss around?
Cursed, eternal questions,
Which man sets endlessly,
But left holding the bag.           
Again is a white shroud, and a blizzard sweeps...
A poet is standing like a knight at a crossroads,
Will he be able to curb the word,
Will he break the bounds of eternal mystery,
And will be able to say something new?

アドルフ・シュヴェチコフ(ロシア)

未来を過去に結びつけよ

 
未来を過去に結びつけよ
きみよ、永遠に彷徨う世の証人よ
境界線上で悪と善を混ぜてみよ
きみの時代にあった日々を陳列してみよ
さあ、きみの詩をノンストップで燃やそう
ひ孫たちに煙の臭気を呼吸せしめよ
きみは不可視だが長く生きるだろう
もし誰かの核心が点火してくれれば!


詩よ、きみは永遠の神秘だ
 
詩よ、きみは永遠の神秘だ
言葉でいかに語ればいい
あの夜は何度も魔法をかけたのだろう
もしくは恐怖のためにきみが氷に閉ざされたに違いない
秋の疲れをいかに書けばいい
腐りはじめた葉の匂い
もう望みもなくなった時
すべて徒労でやきもきする時
人間が絶え間なく提示する
呪われた、永遠の問い
しかしカバンはもったまま
ふたたび白い経かたびら、そして雪嵐が一掃し・・・
ひとりの詩人が交差路で騎士のように立っているのだ
彼は言葉を曲げることができるだろうか
彼は永遠の神秘の閾(いき)を破ることができるだろうか
そしてなにか目新しいことが言えるだろうか

 Translation by Maki Starfield

Dr. Adolf P. Shvedchikov, PhD, LittD, Russian scientist, poet and translator Born May 11, 1937, Shakhty, Russia. Graduate 1960 Moscow State University, Senior scientific worker at the Institute of Chemical Physics, Russian Academy of Sciences, Moscow. Chief of Chemistry, Pulsation Technology Corporation, Los Angeles, California, USA. He published more than 150 scientific papers and above 500 poems in different International magazines of poetry in Russia, USA, Brazil, England, India, China, Korea, Japan, Italy, France, Spain, Greece, Romania, Albania, Cyprus, Malta and Australia. His poems have been translated into many languages. He is the member of the International Society of Poets, the World Congress of Poets, International Association of Writers and Artists, A.L.I.A.S. (Assiciazione Letteraria Italo-Australiana Scittori, Melbourn, Australia). He is known also for his translation of English poetry ("150 English Sonnets of XVI-XIX Centuries", Moscow. 1992 and "William Shakespeare Sonnets." Moscow. 1996) as well as translation of many modern poets from Brazil, India, Italy, Greece, England, China, Japan and U.S.A New Publication: " I am an eternal child of spring" 2012 . In 2013 Adolf Shvedchikov was nominated for the Nobel Prize for Literature


アドルフ・シュヴェチコフ文学博士は、ロシア科学者、詩人、翻訳者である。 1937年5月11日ロシアのシャフティに生まれ、モスクワ国立大学を卒業した。 モスクワのロシア科学アカデミー科学物理研究所の高等研究員として務めた。米国、カリフォルニア、 ロサンゼルスのプルサトロンテクニクス(株)化学主任者 彼は150以上の科学論文を発表、そして500以上の詩をロシア。ブラジル、英国、インド、中国、韓国、 イタリア、フランス、スペイン、ギリシャ、ルーマニア、アルバニア、キプロス、マルタ、オーストラリアの 様々な国際詩誌において発表している。その詩は多くの言語に訳されている。 彼は国際詩協会、世界詩人会議、国際作家芸術家協会、A.L.I.A.S の会員である。 彼は英国の詩の翻訳でも知られている。 ブラジル、インド、イタリア、ギリシャ、英国、中国、日本、米国の現代詩翻訳と同様モスクワで 150 English Sonnets of XVI-XIX Centuries", Moscow. 1992 and "William Shakespeare Sonnets." Moscow. 1996を発表している。新作「わたしは春の永遠の子供」2012年。2013年ノーベル賞にノミネートされた。
 

"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue
 (響き合う東西詩人:詩的対話)
遥の二重奏 Duet in Infinity
by Kazuhiko & Adolf Shvedchikov 













Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。