会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Yoshimasa Kanou(Japan)
 
To the dreaming hill
                      
 
It's a long distance                      
very far from here
my birth place 
is seen over there
 
I walk on a path
which leads 
to a deep forest
My steps 
Make a lane
 
If you stay
With me
If you could stay with me
However dark and deep the forest is
We can go into there
We can walk through it
 
Let's aim 
At the goal
In this way
To lead to our dreaming hill
 

Hot Night  
 
A sight fading away
In blue sky
I am staggered 
By expanding universe 
Someone laughs
On the other side of
Stretched second hand
I hear an elastic sound
Throughout sleepless night
 
 
I get drunk   
           
A long slope
Goes up
Sticking into
Night sky
A piece of moon
Flowing on the stream
Ends up
To a distant desert
Into setting sun
I am stunned
At the corner of the street
To see the Cambrian period 
Was blown away 
Erasing people’s tracks
The labyrinth invites me
 

加納由将(日本)

夢見の丘へ    
     
 
 
遠い道のり                   
遥か遠方
遠くに見える
生まれた場所
 
深い
森に続く
道を
歩いて
歩いてきた跡が道になる
 
となりに
あなたがいれば
いてくれれば
どんなくらい深い森さえ
抜けていける
歩いていける
 
行こう
何かが待っている
この道の向こうの
夢見の丘へ


暑い夜
 
見失う
空色に
呆然と
宇宙の
広がりを感じながら
引き伸ばされた
秒針の
向こう側で
誰かが
笑つている
眠れない
夜に聞こえる
 
 
 
 
酔う
 
どこまでも
続く坂道は
夜空に
突き刺さり
小川に流れていく
月の欠片は
遠い砂漠に
行きついて
呆然と
くれていく
街角に
薄汚れた
カンブリア紀が
吹き飛ばされていく
小さな
足跡を消し去り
迷宮に誘い込む

















Yoshimasa Kanou was born in 1974, poet and Calligrapher.
Graduated from Osaka University of Arts. 2002 
Member of Kansai Poets Association and Japan Universal Poets Association. 
Poetry Magazine “PO” “Blackpan””Skip Genshijin”
 “Rainbow singers” Editor-chief of Magazine “Miraishi”. 
He was awarded NHK Heart Exhibition 1997 , 
Osaka Bungaku School Award 2011, 
and JUNPA New Face Poet in 2012. 
Publication: “Muso-mado,
Sougei (1991) (Dreaming Window
Tainai no mori“(2004,) (Forest in my body) ,
”Mirai e no sampo”(2007)
 (Walk toward the future). 
English-Japanese Bilingual Poetry Collection: 
“Dreaming Window” (2012)
 “Duet of Dreams” co-authored with Clelia Ifrim(2015) 
Participation: Western-Eastern Poets in Sympathy:
Poetry Reading in Kyoto 2012, 2015
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival in 2017

加納由将。詩人であり書家。2002年に大阪芸術大学を卒業。現在は関西詩人協会、日本国際詩人協会に所属。同人誌「PO」「ブラックパン」「すきっぷ現詩人」の同人。発表作品、略歴、受賞:日本国際詩人協会新人賞受賞(2012.11)
著書
(日本語): 1999年1月  詩集『夢想窓』出版、 2003年5月   詩集『体内の森』出版、2007年12月 詩集『未来の散歩』出版、 2014年2月 詩集「夢見の丘」出版、
(日英バイリンガル) 2012年 “Dreaming Window”を出版。
 2015年10月 日英バイリンガル詩集「夢の二重奏 Duet of Dreams」をルーマニア詩人クレリア・イフリムと出版



























Dreaming Window by Yoshimasa Kanou
夢想窓










Co-authored with Clelia Ifrim
クレリア・イフリムと共著




夢の二重奏。加納由将にとって夢は消えてなくなる虚しいものではない。彼はそこから果実を得る。そうして詩が力強く成長し、花が咲き、更に種を宿す。クレリア・イフリムも同属の詩人である。相寄る魂と共感がこの二重奏を血が通ったものにしている。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。