会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Workshop





**********************************************************


ジャーメイン・ドルーゲンブロートさん(ベルギー詩人)による
「詩のリサイタル&創作ワークショップ」
 
世界的に活躍する国際詩人ジャーメイン・ドルーゲンブロートさんをお迎えし、詩のリサイタル(poetry reading 朗読)と創作のワークショップを行ないます。
詩による音楽、ダンス、ペインティングなどとのコラボレーションのイメージを創るきっかけにもなるでしょう。(英語で行なわれます。通訳はありません)
 
日 時      2016年12月7日(水) 13時30分~
場 所      京都精華大学 明窓館1階ic3(アイシーキューブ)
主 催      日本国際詩人協会(JUNPA
協 力      京都精華大学
対 象      日本国際詩人協会会員、京都精華大学生、詩の愛好者

内 容      「俳句集」から作品を選び、著者にインタビュー形式で
          詩がうまれるのはどのような思考回路をたどるのか、
          率直に語ってもらいます。
          出席者に短い詩をつくってもらうことも予定しています。

ジャーメイン・ドルーゲンブロート 
Germain Droogenbroodt 
 
ベルギーフランドル生まれ。詩人であり、翻訳家、出版者、国際詩会。詩の朗読会議のオーガナイザー。詩と詩人との交流により世界の詩の向上、育成に参与。現在スペインの地中海に面した芸術家の街アルテアに在住。オランダ語、フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語に通じる。仏教、ヒンズー教、道教、禅宗など日本と中国の東洋哲学、文化に造詣が深い。詩で西欧文化と東洋文化の融合と統合を目指す。芭蕉、子規の日本の俳句集を含み、これまで80冊以上の詩を出版している。最近の詩集に「道」「逆光」「時の流れに」があり、中国語、日本語に含み世界30カ国以上の言語に訳されている。世界詩人会議(世界芸術アカデミー)理事長。 












******************************************

「甘いことば、火花のことば」というテーマで、ゲストのサリー・クラブツリー女史とワークショップをします。

http://www.sallycrabtree.co.uk/

日時:2016年9月19日14:00-16:30
場所:ヒノコカフェ
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/access.html
会費:500円+500円分の和菓子(お茶は用意します)
音楽:山下潤也(ギター、歌)
参加者募集中:当日会場へ直接お越しください。

Theme "Sweet words, sparking words"

Guest poet: Salley Crabtree

Date: September 19, 2016 14:00-16:30
Venue: Hinoko Cafe
http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/cafe_hinoko.html
Fee: 500 yen plus Japanese confectionaries
Music: Junya Yamashita












******************************************
 
ワークショップ「響き合う東西詩人:詩的対話」が開催されました。
ヤナ・クズミコヴァ氏の「現代スロバキア詩」の内容は次号天橋に掲載します。
ご参加ありがとうございました。
 
 
 
 
 
(Click to enlarge) 写真の上をクリックすると大きくなります。
Workshop “Listening to poetic resonance played by universal poets”
at the Palace Side Hotel on August 28, 2015
 
Date: August 28, 2015 (Fri.) 13:30-16:30
(Kyoto City Subway, Karasuma-line, Marutamachi Sta.)
Admission Fee 1500 en (coffee/tea)  up to 20 audience
 
Program
 
Part 1  Lecture “Contemporary Slovak Poetry” by Jana Kuzmikova
(Institute of Slovak Literature, Slovak Academy of Science)
13:30-14:00
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Part 2  Talk and reading by each authors of published “Duet” Series 
14:00-15:00 
Duet of Wind by Marius Cheralu & Taeko Uemura
The Stars’ Duet by Laura Garavaglia & Kikumi Shimoda
Duet of Flowers by Hanane Aad & Mariko Sumikura
Duet of Life by Donatella Bisutti & Taeko Uemura
 
15:00-15:10
Coffee/Tea Break
 
Part 3  Poetry Reading by Authors of Unpublished Duet Series
 
15:10-16:30
Duet of Time by Germain Droogenbroodt & Takashi Arima
Duet of Waterfalls by Gabriel Rosenstock & Tatsuo Murata
Duet of Roads by Shaip Emerulau & Taro Aizu
Duet of Azure by Bujar Plloshtani & Yui Tsukasa
Duet of Dreams by Clelia Ifrim & Yoshimasa Kanou
Duet of Nights by Metin Cengiz & Akira Asuka
 
 
ワークショップ「国際詩人が奏でる詩の響きを聴く」
日時:2015年8月28日(金) 13:30-16:30
場所:ザ・パレスサイドホテル2F
(京都市地下鉄、烏丸線、丸太町駅下車北へ徒歩5分)
参加費1500円(コーヒ又は紅茶つき) 定員20名    一般参加可能。
 
プログラム
 
Part 1  講話「現代スロバキア詩」 
ヤナ・クズミコヴァ(スロヴァキア科学アカデミー、スロヴァキア文学研究所)
13:30-14:00
 
 
現代スロバキア詩(レクチャー概要)
 
前半ではスロバキア現代詩の要点を述べます。2000年から文学の中心は国家的文化研究から
個人ないしグループ研究に移行してきました。この状況は、関与の不連続、文学的な創造、
主題の領域、意味論およびアンテシキュレーション(音をはっきりと出すこと)を結果として生じました。
現代スロバキア詩は自叙伝や告白の要素が作用しています。しばしば問題とジェンダー経験の
アングルを変えようとしています。経験上まはたコンセプト上の主張を打ち出しています。
そしてそれは言葉や声明の可能性に集中してしまい、メディア間の被りや迷走になります。
さもなければ、詩的なアートの伝統的な方法を修復する傾向もあります。文学的な批評家は
、感受性、感情、ポストモダンの現実と精神性の文学的外影響の部分修正に気づいています。
(社会的な,イデオロギーの,ジェンダー問題)。レクチャーの後半では、私は一流の
スロバキアの文学的賞が授与され選ばれた詩人の5つの詩を読み批評します。
 
プロフィール
 
ヤマ・クズミコヴァはスロバキア語・文学、英語・英文学をスロバキア・ブラチスラバの
コメニウス大学で習得(1984-1986)、1986年にスロバキア・マーチンのマティカの
スロバキア書誌研究書で学ぶ。1986年には同スロバキア科学アカデミー
スロバキア文学研究所に入る。1990年、スロバキア文学の文学史、文学論にて
博士号を取得。研究対象は、20世紀のスロバキア文学およびヨーロッパ文学である。論文多数。 František Švantner. V zákulisí naturizmu(František Švantner. Behind the Scenes of Naturism. Bratislava : Veda, 2000), 
スロバキア文学財団賞 Modernizmus v tvorbe Ivana Horvátha(Modernism in Ivan Horváth’s Work, Bratislava : Veda, 2006).また編集者でもある。
現職は高等研究員であり20・21世紀スロバキア文学学科長である。研究の関心は
文学研究における認知科学の利用である。認識学者のデータベース雑誌の編集長でもある。
論文は世界中に発表されている。ロシア、スロベニア、ポーランド、チェコ、スペイン、
日本、オーストリア、セルビア、中国、マケドニア
 
Part 2 「二重奏シリーズ」の著者によるトークと朗読 
 
14:00-15:15 
風の二重奏 マリウス・チェラル&上村多恵子
星の二重奏 ラウラ・ガラヴァリア&下田喜久美
花の二重奏 アナン・アード&すみくらまりこ
命の二重奏 ドナテッラ・ビズッティ&上村多恵子 (当日配布します)
夜の二重奏 メティン・センギズ&飛鳥聖羅
 
15:15-15:20
コーヒータイム
 
Part 3  「二重奏シリーズ」の著者によるトークと朗読 
 
15:20-16:49
時の二重奏 ジャーメイン・ドルーゲンブロート&有馬敲
青の二重奏 ブハール・プロシュターニ&司由衣
魂の二重奏 アナベル・ヴェラー&浜田千秋
夢の二重奏 クレリア・イフリム&加納由将
夏の二重奏 アドルフ・シュベチコフ&中西衛
 
Organized by Japan Universal Poets Association www.ama-hasi.com
☆出演者は著書を2冊持参してください。1冊はゲストに進呈。
☆朗読する詩を三編、あらかじめお知らせください。
 
*********************************************************************************************************
Workshop on "Poet and Road" at the Palace Side Hotel on Nov. 10, 2014 
 
Participants, Laura Garavaglia, Donatella Bisutti, Iraia Ichitani, Kazue Endo, Takao Oka,
Mariko Sumikura, Chiyo Kitahara, Kiyoe Nako, Chiaki Hamada, Yui Tsukasa, Yuka Akizuki
Interview, poetry sharing  
The details are here.
Laura Garavaglia's Answers are here.
Donatella Bisutti's Answers are here.

ワークショップ「詩人と道」 ザ・パレスサイドホテルにて2014年11月10日 
参加者、ラウラ・ガラヴァリア、ドナテッラ・ビスッティ、イライア・イチタニ、遠藤カズエ
すみくらまりこ、北原千代、名古きよえ、浜田千秋、司由衣、岡隆夫、秋月夕香
ラウラ・ガラヴァリアにインタビュー
「巡礼の道」を例に自分にとっての道を語られました。
ドナテッラ・ビスッティにインタビュー
「詩人にとっての道」は以前から考えてきたことである。詩も書いていると語られました。
近日、動画を公開します。(編集中)


参加者からのインタビューを受け、須賀敦子の作品に傾倒する参加者があり、
彼らがイタリア詩人に詳しく、深い質問がゲストに寄せられました。
関心のある日本の伝統文化はなにかと問う質問では、座禅が人生を変えたという答えが
ゲストからありました。日本人ですら、あまり瞑想の時間を持たないので、参加者は驚きました。

また、イタリア詩人モンターレ、クワジモードの詩の日本語訳を朗読した詩人、
自作詩の朗読を朗読した詩人もありました。「竹が鳴る時」「彼方のひと」「馬ぁ出せい」
「恋」「ユリ」「種子のシンメトリー」など朗読を楽しみました。「白瑠璃の道」では、
シルクロードの西方、ササン調ペルシャから天竺、唐を通ってきただろう小さな瑠璃杯の経路を問う詩でした。
「桜花の志」では、日本の象徴である桜の床しさと凛とした美しさを込めた詩でした。
インタビュー、ポエトリーシェアリング 詳細はここ
workshop"Road and Poet"
 
Workshop on "Takashi Tsujii" at Okazaki, Kyoto.
2012年日本国際詩人大賞を受賞された辻井氏は、昨年急逝されました。
謹んでご冥福をお祈りするとともに、有志あつまり「辻井喬を語る会」と題し、その文学について語り合いました。
Workshop Comemorized with Publication "Duet of Wind" in Japan and "Pas des deux" in Romania
日本とルーマニアの同時出版を祝して、著者の朗読、音楽、そして参加者の朗読がありました。ルーマニアの旧市街、新市街の写真による説明もありました。今後も、JUNPAと雑誌・出版で協力をしていくこととなりました。
"Room Ran (Ohchid)"BF
Date: May 21, 2014   18:00-20:00
Marius Cheralu (Romania), Taeko Uemura, Mariko Sumikura, Tatsuo Murata,
Chiaki Hamada, Kikumi Shimoda,
Yui Tsukasa, Yoshimasa Kanou,
Mrs. Kanou, Chiyo Kitahara,
Mariko Nishi, Kazuaki Ueda
Masakhiro Naitou, Hiroshi Taniuchi
Music by Stephene Barbery (Shakuhachi)
Tamara Lituvinenko, Tamara's friend
ちらし日本語バージョンはこちら 













Workshop on "Port for Poet, Marine for Poet"
Venue: The Palace Side Hotel
Date: November 5, 2013
Rafael Soler, Murata Tatsuo, Sumikura Mariko, Uemura Taeko, Tsukasa Yui,
Shimoda Kikumi, Kitahara Chiyo, Taniuchi Hiroshi 
Interview  Rafael Soler "Port for Poet, Marine for Poet" 
Reading Garcia Lorca by Rafael Soler  Japanese by Hiroshi Taniuchi
Poetry Sharing by attending members













































Workshop on "Poetry and Art"
Date: November 2, 2012
Hughes Labrusse, Gabriel Rosenstock Talk about "Poetry and Art" "Poetry for Chiidren"
Participants, Members of Japan Universal Poets Association and Contemporary Kyoto Poets
Association
Texts of Interview (FRENCH  ENGLISH) 
Video (now in editing)
Photo




































**********************************************************

 












2011.11
有馬敲氏とヴォルフガング・シャモニ教授をゲストにチーム天橋との交流会「天橋サロン」を行いました。at カフェ「ミュゼ」において有馬敲氏の詩を翻訳・出版について、日独の詩を通しての交流について語り合いました。参加者:有馬敲、Volfgang Shamoni, すみくらまりこ、タニウチヒロシ、カロン・スティン
**********************************************************
クリスマスにハートフルなポエトリーシェアリングはいかが?
Poetry Sharing
HIROSHI TANIUCHI OF "AWARD OF STRUGA BRIDGES" 2011 Presents 2011Presents Reading His First Book " PLUS ONE WORD TO THE WORLD"
Date: December 21, 2011 (Wed.) 14:00-16:00
         (nearest station is KEAGE Sta., Kyoto City Subway)
Admission Fee: 500 yen (with soft drink service) 
English, Japanese, and French are availabel.
Open Reading Time will be provided.
Organized by Japan Universal Poets Association
Contact to editors@ama-hashi.com (Organizing Chief: Caron Stijn)
ポエトリーシェアリング
ストルーガブリッジ賞(優れた若手詩人に与えられる国際新人賞)受賞者タニウチヒロシが
「世界に言葉をひとつ加えて」を朗読します。英語、日本語
とき:2011年12月21日(水)14:00-16:00
ところ:京都市国際交流会館第一会議室(最寄駅:京都市営地下鉄東西線蹴上駅)
参加費:500円(ドリンク付き)   申込不要 先着30名
英語、日本語、仏語が使えます。
参加者の朗読タイムを設けています。
主催・日本国際詩人協会
連絡先 editors@ama-hashi.com  (担当 すみくらまりこ)
************************************************************************************************************
Report of Workshop
  
                   Coming soon
Workshop Participants; Tomas Venclova, Zang Di, Ming Di, Noriko Mizusaki, Mariko Sumikura
Chiyo Kitahara, Hiroshi Taniuchi, Caron Stijn, Alicia Lopez Castaneda
Photo Album
                                                Tomas Venclova, Zang Di, Ming Di at "Hana no ie"
                                             Tomas talked about "Poetry and Translation".
                                                                 Min Di
Workshop
Date & Time: August 2nd. (Tuesday) 2011  15:00-17:00
Venue: Kitchen Stories (Editor's house/studio)
Program: Free Discussion on "On Translating Poetry "
by Tomas Venclova, Zang Di, Ming Di, Noriko Mizusaki, Mariko Sumikura
Moderators: Caron Stijn, Hiroshi Taniuchi
Languages: English (main) , Chinese, Japanese
Guest poets are also excellent translators.  Each poet will deliver own story concerning
on translating poetry.  Free discussion including Q&A follows.
Coordinators
Stijn Caron
Taniuchi Hiroshi
ワークショップ
日時:  8月2日(火曜日) 15:00-17:00
ところ: キッチンストーリー(編集者の自宅兼スタジオ)
プログラム:トーマス・ヴェンクローバ、臧棣、明迪、水崎野里子、すみくらまりこによる
「詩の翻訳」について自由討論
司会:カロン・スティン、タニウチヒロシ
言語:英語、中国語、日本語
ゲスト詩人はまた多くの作品を訳した優れた翻訳者でもあります。
各々の詩人がテーマ「詩の翻訳」について話します。その後質疑応答、フリーディスカッション
コーディネーター
カロン・スティン
タニウチヒロシ
**********************************************************
JUNPA offers workshops and events for members, young poets and poem-loving people.
Lecturers are JUNPA members and guest poets in-out of Japan.
JUNPAは会員、若手詩人や詩の愛好家に向けワークショップやイベントを行います。
講師は日本国際詩人協会会員および国内外の招待詩人です。
申込み方法
    メールにて氏名、簡単なプロフィール、連絡先を御知らせください。
        editors@ama-hashi.com
    定員内であれば一般参加OKです。
    但し会員、会友は優先されます。
質問、参加希望、取材は
Contact to editors@ama-hashi.com まで
朗読会出演依頼、音楽、美術などとのコラボご希望の場合は事務局へお知らせください。
英語・日本語にて自作詩を読む会員をご紹介いたします。
**********************************************************
    



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。