Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Trio of Gardens   庭の三重奏
Short movie is here紹介動画



Lidia Chiarelli (Italy)

AN EVENING SKY
 
 
A slash of Blue! A sweep of Gray!                   
Some scarlet patches - on the way -                  
 Compose an evening sky . . .
—Emily Dickinson
 
 
So sweet was
the scent of those evenings
when
our steps invented long distance routes
in the summer gardens
 
when
slowly the lights were lit
and competing with the moons and the stars
formed parabolas of light
on the opaque stones of the paths.
 
Then, life
just begun
seemed to reveal
– just for us –
a sky of unreal colours.
 
Countless images
(fragments of old memories)
that
today
recreate and break
in the weary kaleidoscope
of the mind.


リディア・キアレッリ(イタリア)

夕べの空
 
青の一撃!
灰色の一掃
まもなく深紅の斑点
夕焼け空になる・・
エミリー・ディキンソン
 
とても甘美な
黄昏の匂いがした
長い間私たちが歩いた
夏の庭に
ゆっくりと灯りがついた
月と星がせめぎあいながら
薄暗い小路の石の上に
電弧をつくった
 
そのとき、人生が
始まった
明らかにそうだった
―ふたりだけの世界―
すばらしい空の色
 
数え切れないほどの映像が
(過去の記憶の断片)
いまや
よみがえり、こわれていく
万華鏡のような心は
疲れきってしまった

 Translation by Maki Starfield


Lidia Chiarelli was born and raised in Turin (Italy), where in 2007, she founded, with Aeronwy Thomas, the Art-literary Movement: Immagine & Poesia.
Lidia’s passion for creative writing has motivated her to write poetry and she has become an award winning poet since 2011.
Her writing has been translated into more than 20 languages and published in Poetry Reviews and on web-sites in Italy, Great Britain, USA, Israel, Romania, France, South Korea, Israel, India, China, Vietnam and Japan.
Her debut poems collection “Immagine & Poesia – The Movement in Progress” was published in New York by Cross-Cultural Communications (August 2013).
“Tramonto in una tazza - Sunset in a cup” is a collection of poems and digital collages and was published in Italy by EEE, Moncalieri-Torino in May 2017.
 
After visiting the Museum of Modern Art in New York in 2010, Lidia was inspired to create installations similar to Yoko Ono’s Wish Tree, hanging poems and original art cards on the trees.  Lidia Chiarelli’s “Poetry&Art Trees” thus began to appear in different exhibitions in Italy and abroad.
She is also an appreciated collage artist.
 
 
リディア・キアレッリ (イタリア)

 
リディア・キアレッリはトリノ(イタリア)で生まれ育つ。アエロンワイ・トーマスと共にアート文学運動「イマジン&ポエジア」を2007年に設立した。
クリエイティブライティングに対するリディアの情熱は、彼女が詩を書くきっかけとなり、2011年に初めて受賞した。
その後、彼女の作品は20カ国以上の言語に翻訳され、イタリア、英国、米国、イスラエル、ルーマニア、フランス、韓国、イスラエル、インド、中国、ベトナム、日本の批評誌・詩誌などの電子版に掲載される。
彼女のデビュー作となる『イマジネ&ポエジア―進化の運動』は、2013年8月にクロス・カルチャラル・コミュニケーションズ社よりニューヨークで出版された。『Tramonto in una tazza ―カップの夕日』は、詩とデジタルコラージュのコレクションであり、2017年5月にMoncalieri-TorinoのEEE(イタリア)で出版された。
 
2010年、ニューヨークの近代美術館を訪れた後、オノ・ヨーコのウィッシュ・ツリー(願いかけの木)に似たインスタレーションを作って、木に詩やオリジナルのアートカードを飾った。 彼女の 『ポエトリー&アート・ツリーズ』は、イタリアや海外でも展示され始めた。また、コラージュアーティストとしても評価されている。



Huguette Bertrand (Canada)

THE GUARDIAN
                           
 
Lonesome
this woman moves along
in the grayness of a city
carries within
a strange happiness
she walks
 
she walks between rumors
shakes the ashes of sleeping minds
spreads lively words
she is the guardian
 
guardian of untold stories
buried in the night
strolling between rocks
she blows
 
she blows on embers
freeing old days silences
reviving the memory of this deserted city

 
イゲット・ベルトランド(カナダ)

守護神
 
 
寂しい
薄暗い都市を
この女性は移動している
見たこともない幸せの荷物を持って
彼女は歩く
 
眠っている心の残り火を振り払いながら
彼女はうわさの間を歩く
 
元気な言葉を広げる
彼女は守護神だ
 
未知の物語の守護者は
夜に埋葬された
岩の間を散策しながら
息を吹きかける
 
彼女は燃え残りに吹きかける
昔の沈黙を解放し
荒廃した都市の記憶を復活させる

 Translation by Maki Starfield


Huguette Bertrand is a French-Canadian poet and editor, born in Sherbrooke (Québec), Canada. She has published 37 poetry books. Her poems were also published in many poetry journals and anthologies in Canada, France, Belgium, Lebanon, U.S.A., Wales (UK), Romania, India, and on many websites the last 20 years.  She took part in poetry readings, book shows, exhibition of her poetry on photos in Québec and in France, conduct of workshops in Quebec and France. She is the representative of the international movement Immagine & Poesia in Canada and editor of anthologies for this said group.
 

イゲット・ベルトランド(カナダ)

カナダのシェルブルック(ケベック州)生まれ。フランス系カナダ人の詩人・編集者。 37冊の詩集本を出版している。彼女の詩は、カナダ、フランス、ベルギー、レバノン、米国、ウェールズ(英国)、ルーマニア、インドで多数の詩の雑誌、アンソロジーに掲載される。ここ20年間はウェブサイトにも掲載されている。彼女はケベック州とフランスでポエトリー・リーディング、ブック・ショー、写真の詩の展覧会に参加し、両国でのワークショップの指導にもあたった。カナダの国際アート文学運動団体「イマジネ&ポエジア」の代表であり、アンソロジーの編集者でもある。
 
Website : http://www.espacepoetique.com/poete/poete.html


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Trilogue
 (響き合う東西詩人:詩的対話)
by Lidia Chiarelli, Huguette Bertrand, Maki Starfield




Maki Starfield (Japan)

Picture of Hope

A country is a group of people. A person is a vessel of mind.
--Sun Yat-sen
 
 
There is the sky
There is the sun
There is the ground
There are people
You emerge clearly at the front
You are standing quietly
 
A red flame of passion burns as it breathes in the picture.
Tears were flowing in the quiet earth.
Shine in your heart
A great radiance—
I saw this country's hope...
I saw hope!

Translation by the author

マキ・スターフィールド(日本)

希望の絵

『国とは人の集まりなり。人とは心の器なり』(孫文)


空があり
太陽があり
地上があり
人があり
その先頭にくっきりと浮かび上がる
あなたが静かに立っている
情熱の赤い炎が絵の中で息づくように燃える
静かな大地に涙が流れていた
あなたの心に光る
この大きな輝き
この国の希望が見えた
希望が見えた! 



マキ・スターフィールド 前出(ここをクリック)
Profile  Maki Starfield  Click here


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Trilogue
 (響き合う東西詩人:詩的対話)
by Lidia Chiarelli , Huguette Bertrand, Maki Starfield























Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。