会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Tatsuo Murata (Japan)
 
 
Waterfall Flowing Down

   
 
Ah, I want to see a waterfall
The Nachi Falls or The Kegon Falls
No, not such a famous water
But a small hidden one
 
I want to see the fall split by rocks
Not such a high one
The stream from the top to the hidden is better
 
To see on the surface of a window pain
Rain drops run down from the top
Any water, which appears and falls is welcome
I want to watch its dynamic move
 
I still want
The stream of a river
The water running down from above
 
The natural current
The natural dynamism
 
For I am like them
I realized 
And hence I want to see a waterfall
To judge it from my own eyes

 
Toad

               
 
Maybe there is a swamp
In my abdomen
A toad seems to live there
When he is dissatisfied 
He moves his hands and legs
And creates a ripple
 
I seem to have despised
Mr. Toad
Anyhow in order to make him calm
I swallowed a pill instead of food
That made him get angry indeed
I am sorry, Mr. Toad.
I was wrong
Without knowing that movement was natural
I meddled with your motion
 
I don’t know when you settled
Please disappear again soon
After I clear this marsh
For you to live there
You don’t particularly need a swamp 
For your home, do you?
 

 
Absurdity

                
 
Absurdity exists in the human world
The natural world is one of harmony
The eruptions which sometimes happen
Floods, Tsunami, earthquakes
Are for human beings the convulsions of nature
But normal in the natural world
 
Bad physical condition is in natural disorder
Disorder is a phenomenon of nature
Seeing it as absurdity is human arrogance
Man has to know a natural reason
Seeing it simply absurd
Must be human arrogance
 
Man is born and live on
It is natural
But he is fated to have seeds of absurdity
During his living
Taking things natural as absurd
 
 

村田辰夫(日本) 
滝の流れ

 
 
ああ滝が見たい
那智の滝 華厳の滝
そんなに有名な滝でなくてもよい
どこかの山間にある隠れた滝でよい
 
岩間つたいに流れ落ちる水が見たいのだ
岩間を割って流れ落ちる川筋が見たいのだ
そう高くなくてもよい
ただ上から下に水が流れ落ちるその姿が見たいのだ
 
窓ガラスの表面を
上から下に滴り落ちる雨水でもよい
滲み出て 滴るものならなんでもよい
その動きが見たいのだ
 
ひょっとしたら
普通の川の流れでもよいかもしれない
川は上から下へ流れるのだから
 
自然の流れ
自然の動静
 
なにかそれが
今の自分の姿に似るとおもえるので
この眼でそれを見たいのだ

 
 
ヒキガエル

 
 
どうやら俺の腹のなかには
泥沼があって
そこにヒキガエルが住んでいるようだ
ヒキガエルは何が不服か
手足を動かす
すると波紋がひろがる
 
どうやらこのガマさんを
俺は侮っていたようだ
なんとかガマを黙らせようと
餌のかわりに鎮静剤を飲み込んだ
これがガマを怒らせたようだ
 
ガマよ すまなかった
俺が悪かった
あの動きがお前の自然な行為と知らずに
いらぬチョッカイをかけた
 
いつの間に住みついたのか知らないけれど
いつの間にか また消えてくれ
そしてその沼をもとの清水の池にして
そこでお前は住めばよい
別に泥沼でなくてよいだろう
お前の住処は

 
 
不条理

 
 
不条理は人間の世界
天然自然は調和の世界
時に起こる大噴火や
河の洪水 大津波 地震は
人間にとっては天変地変
自然にとっては当為の世界
 
身体の不調は自然の乱れ
乱れは自然の当為の現象
それを不条理とみるは人間の驕り
人間は自然の条理を知らねばならぬ
それを勝手に不条理とみるは
人間の傲慢
 
人が生まれて生きるのは
自然の条理
生れ落ちたその世界に
不条理の種を宿して生きる
自然なような不自然さ
それが人間の世界とか
 
 


 
 
 








Tatsuo Murata was born in 1928 in Otsu, Shiga, Japan.
Graduated from Doshisha University (MA). 
Professor Emeritus of Baika Wemen’s University, Osaka. 
Ex-president of the T. S. Eliot Society of Japan.
Vice-president of Japan Society of Translators.

Membership: 
The Japan Poets Club and Kansai Poets’ Association. 
Honorable Advisory to publication of JUNPA .
Publications:
T.S.Eliot and Indo-Buddhism  (Tokyo:Kokubunn-sha,1998); 
T. S. Eliot’s Knowledge and Experience. trans.
(Tokyo: Nan-un-do, 1986); 
T.S.Eliot’s Inventions of March Hare. Trans. 
(Kokubun-sha, 2002);
Seamus Heaney’s Collected Poems: 1966-1991, Collaborated trans. (Kokubun-sha, 1995) 
along with all the other volumes of poetry to the last one, 
Human Chain
 (Award for the translation of Heaney’s poems, 2014, 
by JST.)
Poetical works: 
Omoi no Kokudo ( Landscape of my Vision, 1974); 
Watashi wa U desu (I am an Cormorant, 1991) ;
 Shi-san Otsu-e (The Praise of Otsu Pictures, 2007)
 

村田辰夫。1928年生れ、滋賀県大津市。同志社大学卒(修士)。梅花女子大学名誉教授。元日本エリオット協会会長、日本翻訳家協会副理事長。日本国際詩人協会編集顧問。出版物:『T.S.エリオットと印度・佛教思想』(国文社、1998年)、T.S.エリオット『認識と経験』〈翻訳〉(南雲堂、1986)、T.S.エリオット『三月兎の調べ』(国文社、2002年)、シェイマス・ヒーニー『全詩集・1966-91』(共訳)(国文社、1995)、以下、同氏の最終詩集『人間の鎖』まで全作品(翻訳家協会特別翻訳賞受賞、2014)詩集:『思いの国土』(1974);『わたしは鵜です』(1991);『詩賛・大津絵』(1991)、『滝の二重奏』(2015)、『T・S・エリオット詩句・賛』(2016)所属:日本詩人クラブ、関西詩人協会、「らびーん」同人



























Co-authored with Gabriel Rosenstock

ガブリエル・ローゼンストックと共著



滝の二重奏。山から勢いよく流れる滝は、自然のエネルギーに満ちている。そして神聖である。村田辰夫は
滝が見たいと願った。ガブリエル・ローゼンストックは夜明けの牡鹿という俳句集で滝や水を詠んだ。ケルトの滝と日本の滝が二重奏を奏でる。












村田辰夫著



著者はT.S.エリオット研究の第一人者。この英詩人・批評家の翻訳も手がけている。自らも詩を書く。謡曲も嗜む。エリオットの詩句の一字一句に思いを沈潜させ、自らの思いを同人詩誌「RAVINE」で連載し、このたび完結・刊行をみた。
東西の思想や言語の潮が交わるとき渦が生ずる。読者は著者の思念の渦潮に巻き込まれ揉まれるうちに、気がつけば現実の岸に打ち上げられているだろう。エリオットの詩句に潜む含蓄と真意を自在な視点で、オモテからウラから、ヨコからナナメから語る。やわらかな関西弁の口調に包まれたアイロニーの槍先はどこに向かっているのだろうか。分かったとき、著者は微笑んで、また次の次元に突き進んでいる。久しぶりに知の海に溺れるのも一つの楽しみであろう。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。