会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Takashi Arima (Japan)


What was lost
                           
 
What was lost
Can never be replaced
Scattered fragments
 Of what was once my illusion
 
There should never have been
Anything to lose, yet
There's useless fat
Padding the joints
 
Vanity
Whips stronger than the wind
Through the breast of youth
 
No simple despair
But an unrequited hollow
In the unheated darkness 
 
 
It is to be neither decorated
 
 
It is to be neither decorated
Nor lauded  It would not be welcomed
Nor looked back upon
 
But it moves and
Breathes
Where none expect it
It responds
 
Little fish, you come up to the surface
Leaving little bubbles,
Go back underwater again
 
It's just fine, fine
To continue living
With no chance of fame 

 
Amid the snowfall of petals
     
 
Amid the snowfall of petals
Tomorrow deserts me
Yesterday makes a frontal assault
And the present is terrible darkness
 
Having wasted
The time I was given
Left alone to wonder
Am I actually going to disappear
 
Into a hole scooped from the earth
And be buried by beasts
Like when 1 was born
 
Having lived
On a small planet
For a few short breaths


有馬 敲 (日本)

『転生記』の「転生のための十四行詩「終わりのはじまり」より
 
 失ったものは
 

失ったものは
もう元へかえらない
幻想の断片が
わずかに散らばっている
 
失うものは
なにもなかったはずなのに
無用の脂肪が
関節にまつわっている
 
この虚しさは
青年の胸を吹く風よりも
さらに激しく
 
絶望なんぞではなく
さめきった夜の
みたされない空洞―
 
 
飾られることはないだろう
 
 
飾られることはないだろう
喝采をうけることも
迎えられることも
かえりみられることもないだろう
 
しかしそれは動き
それは呼吸している
ほとんど期待されないところで
たしかな手ごたえがある
 
水のおもてに浮かびあがり
すこしばかりの泡を残して
ふたたび沈んでゆく魚よ
 
それでいいのだ それでいい
名を知られないまま
生きていくということは


花びらの雪のなかを
 

花びらの雪のなかを
明日は後ろへ消え去り
昨日は前から襲ってくる
いまは恐ろしく暗い
 
あたえられた時間を
虚しくついやして
たったひとり残されて
消えてゆかねばならないのか
 
掘られた穴のなかへ
獣たちに見送られて
生まれたときのように
 
ひとつのちいさな星の上を
わずかばかり呼吸して
生きながらえたすえ



 
 







Takashi Arima was born in Kyoto, Japan in 1931. 
A poet, writer, critic. Graduated from Doshisha University. 
Now lives in  Kyoto City. 
He has published "The Complete Poems of Arima Takashi” (25 vol.) etc.
His works have been translated into more than 30 languages, 
including English, French. He is affiliated with 
The Japan Writers' Association. 
The board of directors, Kansai Poets' Association. 
He has attended poetry festivals in Europe, Asia, 
and Central and South America, 
including the 27th International Poetry Festival
in Rotterdam, and participated in performances, 
symposia at the festivals. In 1993, 
he received the International Eminent Poet Diploma 
from the International Poet Agency. In 2001, 
he won the Atlantida Prize in Spain. In 2011, 
he won the JUNPA Award Grand Prix.In 2014, 
He won Kyoto City Art Promotion Award . 
Founder of Japan Universal Poets Association. 
In 2017, JUNPA Legend Award.

有馬 敲。1931年日本京都にて生まれる。詩人、小説家、評論家。同志社大学卒業。現在は京都市に在住。有馬敲全詩集、有馬敲全集(25巻)等出版。その作品は30か国語余に訳されている。日本文藝家協会に所属。関西詩人協会代表。彼は1996年第27回ロッテルダム詩祭及び1997年第36回ストルーガ詩祭を含むヨーロッパ、アジア、中南米の詩祭に招待参加。1993年国際詩人協会(IPA)よりthe International Eminent Poet Diploma を受賞。2001年にはスペインのアトランチダ賞を受賞。2011年には日本国際詩人協会大賞を受賞。2014年京都市芸術振興賞受賞。2017年JUNPAレジェンド賞受賞。
日本国際詩人協会創立者。

























The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with 
Germain Droogenbroodt

ジャーメイン・ドルーゲンブロート
と共著



時の二重奏。心身の疼痛のように時を刻むように認識する有馬敲。いっぽう精神の孤独な飛翔に高まる時の積算を崩れた滝ととらえるジャーメイン・ドルーゲンブロート。東西詩人が時について詩的対話をする。









The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with 
Dante Maffia

ダンテ・マッフィアと共著



存の二重奏。存在すること。一つ一つの呼吸の温み。不安や陶酔にあって実存は生き様そのものであるという有馬敲。いっぽう古代のアレクサンドリア図書館で書巻が焼き討ちに合う瞬間を言葉で顕現させ非在を超える言葉の不死性を謳い上げたダンテ・マッフィア。東西詩人の存在・非在はここに対立を超える。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。