会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Taeko Uemura (Japan)
 
 
The Night

 
               
Something the night suggests
 
With bitterness of brandy
Reminiscence of its fragrance
Resignation and a regret
 
The shadow of bedside stand
Swings the outline of
A daily pad calendar 
While a day as today
Changes to tomorrow
Readily and indifferently
With restlessness of time 
 
Although now is in great reformation of history
I do not move
I have nothing to do
I don't attempt yet
I feel irritation and impuissance
 
In order to hear a far sound
I make a toast 
Murmuring three times
“This can’t be true, this can’t be true, this can’t be true.”
 
The night 
Tells quietly
Of unexpected results
That the seed of causes 
was sowed on it
From the beginning


 
Palm Reading
                 
 
 
“Since your palm has 
A lifeline running out into the middle
Illness
Or accident
Would cause early death”
Always at anytime
Saying so
She used to read my palm
 
“I saw your palm just yesterday, you remember?”
“Yet a few may be extended”
“If not so, at least, I make it extend a little longer”
She traced deeply, deeply with the pencil 
and drew it longer even to my wrist 
 
“There are many branch lines of the emotion line 
It shows that you have a convulsive fit
And see here, you have several marriage lines!
 
Dirty girl you may be
It tells you will become improper
Such a line is dirty, isn't it”
 
My mother's lifeline 
Was short, wasn’t it after all? 
Her marriage line
Was drawn fickly? 
How about her the happy line was, thin or dense?


Blue Lotus

          
 
 Hollowness in you
 Thinness in me
 Both are alike
 
 Uttering falsehood
 In the bush
 Fluttering about  
 in the bleak wind are the same
 
 Theatrical 
 Caress
 Moistens 
 Casual air
 
 Tentative
 Stupidity
 Would hold
 hateful
 Dynamite
 
 Looking back,
 I see a blue lotus flowering
 
 In the freshness
 I just get a glimpse
 Of the refreshing blast  


Fire Heath
     
        
 
Subtropical 
lukewarm wind
is mingled with the smell of the beach
 
A fire heath wearing a color of the dawn 
whispers you with low voice 
and winks momentarily
And prettily
 
You may pluck it with easy feeling
But make sure that
Intensity of the life in a subtropical zone
Borders herself 
With sharp thorns 


上村多恵子(日本) 


 
夜が教えてくれるもの
 
ヴランデイーの苦さと
その香りの追憶
あきらめと後悔を
 
スタンドライトの影が
日めくりカレンダーの
輪郭を揺らし
今日という日が
明日に
置き換わる時間が
あっさり平凡に流れて行く
そんな平安を
 
 
歴史の大きな変革期に
何もできない
することもできない
しようとしない
自らの苛立ちと無力感をも
 
遠くの音を聞こうと
グラスを掲げ
こんなハズではなかったと
3回つぶやく
 
夜が教えてくれるもの
 
いつも思わぬ結果は
最初から
原因の種が
撒かれることを
静かに
告げてくれる
 

 
手相
 
 
 
この子は
生命線が途中で切れているさかい
病気か
事故で
はよう死ぬかもしれへんして
いうて
いつも いつも
手相みてくれはった
 
昨日もみたやないの
そやけど
少しは伸びてるかもわからへんし
伸びてへんでも
せめて
生命線なごうなるようにと
エンピツで濃う濃う
なぞって
手首まで描いてくれはった
 
感情線は支線が多うて
疳の虫が強いし
結婚線は何本もあって
 
いやらしい子や
きっと身持ちが悪いわ
こんな線 淫らやな
 
 
青蓮

 
 あなたの しらじらしさは
 わたしの そらぞらしさに
 似ている
 
 もってまわった
 うそうそしさに
 さむざむしい
 風が舞う
 
 いといとしげな わざとらしさは
 なれなれしさの
 空気を湿らす
 
 もうすぐ
 いまいましさが
 にくにくしい
 ダイナマイトを抱える
 
 ふり返ると
 青い蓮が咲いている
 
 そのあおあおしさに
 一陣の
 すがすがしさを
 覗いてみる


















Taeko Uemura was born in Kyoto. Poet. 
Graduated from Konan University, Faculty of Letters.  
Director of Japan Universal Poets Association
She teaches Literature and Economics in universities 
and also she runs a company as its president.
Now she belongs to the Japan Pen Club, 
Kansai Poets Association,Japan Universal Poets Association. 
Main publication in Japanese:
Poetry Collection “Musu no irritation
 “Kagami niwa utsuranakatta” 
Essays:”Kitto Umaku Ikuyo”, 
Life Story of Hirao Hachisaburo-Sekai ni tsuyo suru 
shinshi tare” 
Main publication in English-Japanese: 
"To a Vanishing Point" (Japan Universal Poets Association, 
2012 JUNPA BOOKS),
To a Serendipity Muse”(2013 JUNPA BOOKS), 
and many books in Japanese are published.
In 2012, she was awarded JUNPA Award for Excellent Poet.
In 2012 and 2013 she was invited with the 51, 52 Sruga Poetry Evenings, 
“Europe in Versi” (Como, Italy) in 2015,
Genoa International Poetry Festival in 2016, 
Kosobo Prishtina International Poetry Festival in 2016.
JUNPA5th Anniversary Commemorative
International Poetry Festival in 2017 
(Chair of Organizing Committee)

上村多恵子。詩人、京都生れ、甲南大学文学部卒業。日本国際詩人協会理事。
詩・エッセイ伝記の著作がある。また大学で、文学・経営学を教える一方、自らも経営者として会社を経営する。日本ペンクラブ、関西詩人協会、日本国際詩人協会に所属。産経新聞、毎日新聞、京都新聞、サンケイ・リビング新聞等の詩・エッセイ連載。主な著書(日本語)詩集『無数の苛テーション』、『鏡には映らなかった』、エッセイ『きっとうまくいくよ』、伝記『平生釟三郎伝―世界に通用する紳士たれ―』ほか多数。
(日英バイリンガル詩集)『To A Vanishing Point』2012、『To A Serendipity Muse』2013、『命の二重奏』ドナテッラ・ビズッティと共著ほか多数。日本国際詩人協会優秀受賞2012、第51、52回マケドニアのストルーガ詩祭招待参加2012、2013 、イタリア・コモ詩祭「Europa in Versi」に招待参加2015、イタリア・ジェノヴァ詩祭、ミラノ詩朗読会2016, コソボのプリシュティナ詩祭2016招待参加。
JUNPA設立5周年記念国際詩祭実行委員長。























Co-authored with Marius Cheralu
風の二重奏
マリウス・チェラルと共著

The first book in Duet Series of JUNPA.

二重奏シリーズの第一作目。

Marius Cheralu visited Japan
And launched this book in Kyoto.



ルーマニアのトランシルバニアから吹く風は、東へと向かい、やがて京都の風と一緒に歌をうたう。風の自由さ、JUNPAの求める詩の魂の自由さを体現した日英バイリンガル詩集。これを機に「二重奏シリーズ」が始まった。





Co-authored with Donatella Bisutti
ドナテッラ・ビズッティと共著

Taeko Uemura and Donatella Bisutti presented this book in Milan
in 2016.



命の二重奏。ドナテッラ・ビズッティは命のエッセンスをユリの蕊に見出す。また人間の愛の純粋に見出す。上村多恵子は儚さや滅びの末に再生を果たす東洋の生命観を青蓮に託す。ユリ、蓮、花の命の二重奏は人の愛の本質を浮かび上がらせる。









Dewdrops
Authored by Germain Droogenbroodt
Calligraphy by Taeko Uemura




「露の珠」と題される俳句集。
京都精華大学と日本国際詩人協会において2016年12月に出版披露・セミナー・朗読会を行った。くわしくは、ここをクリック。







Duet of Animals
Co-authored with Helen Cardona


Coming soon!



獣の二重奏。フランス人で米国で俳優として活躍しながら、詩人・翻訳家として活躍するヘレン・カルドナは、「夢見るわたしの動物性」という詩集で全米売上第一位のアワードを受けた。このたび翻訳し、上村多恵この新作とともに所収。
乞うご期待。




Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。