会社名 - キャッチコピーなど
Poetry Reading in Kyoto 2018













"Western-Eastern Poets in Sympathy"
Poetry Reading in Kyoto 2018


Movie is here  1 , 2

Pre-information Movie (Click here)


Organized by Japan Universal Poets Association
Supported by Kansai Poets Association, Contemporary Kyoto Poets Association,
 February 17, 2018 (Sat.) 
Kyoto International Communuty House, Annex 14:00-16:30



「響き合う東西詩人:ポエトリーリーディング 
in Kyoto 2018


主催:日本国際詩人協会
後援:関西詩人協会、現代京都詩話会
とき:2018年2月17日(土) 14:00-16:30
ところ:京都市国際交流会館特別会議室(京都市左京区粟田口鳥居町1-2)
 参加費:1500円(事務局に申込)
Admission fee: 1500 yen


 
14:00
Opening Speech by Takashi Arima (Founder of JUNPA)
開会あいさつ 有馬敲(日本国際詩人協会理事・設立者)








Welcome Speech by Mika Yamada (Lady Governor, Honorary member)
ウエルカムスピーチ 山田美嘉名誉会員(京都府知事夫人)

14:10
Poetry Reading

“Duet of Drops” by Armenuhi Sisyan
『雫の二重奏』より アルメヌイ・シスヤン

 Imagery BirdMÅNGATA  from “Duet of Drops” by Chiaki Hamada
『雫の二重奏』より「道化の鳥」「MÅNGATA (月の路)」浜田千秋





  


14:40    
Snows Thought  from “Duet of Snow” by Kikumi Shimoda  
『雪の二重奏』より「雪の思いは」 下田喜久美










We were not born for days like these
From “Duet of Keys” by Taeko Uemura
『鍵の二重奏』より「こんな日のために生れたのではない」上村多恵子














The Heart of the Four Seasons & Small birds
 from “Trio of Crystals” by Maki Starfield
『晶の三重奏』より「四季の心」「小さな鳥」マキ・スターフィールド
 












Your Words  from“Duet of Azure” by Yui Tsukasa
『青の二重奏』より「あなたのコトバ」司 由衣














15:00 
 
Break

15:10    

第二部  
Poetry Reading

有馬敲「蝉」












Teruteru-bouzu from Duet of Happiness” by koizumisya/Minami
『幸の二重奏』より「てるてる坊主」 小湖舎/みなみ
 
Statue  from“Duet of Happiness” by koizumisya/Minami
『幸の二重奏』より「彫像」 小湖舎/伸行



 




























Ninja Lizard No.10 from “Ninja” by Yoshikazu Takenishi
『忍者』より「蜥蜴」 武西良和



 









Poisonous Solitude from “Willful Love” by Hitoshi Namino
『未必の恋』より「ko-毒」  波野 仁









15:30
日本文化紹介 十二単着付けデモンストレーション

Elegy Genji by Sumako Fukao
「源氏悲曲」(深尾須磨子)  朗読:稲葉妙恵

Demonstration “How to dress up Juni-hitoe?” 
      








16:00

Diary by Yoshimasa Kanou
「日記」加納由将

 
A Floral Path Retracing Memory by Yuka Akizuki
「花めぐるみち」秋月夕香

 









Washing their face with moon dews by Noriko Nagaoka
「月の雫で 顔を洗う」長岡紀子
 
Lotus by Mariko Sumikura
「涙のワジ」 すみくらまりこ&アルメヌイ・シスヤン

 













16:30    閉会 上村多恵子理事


当日配布された朗読詩集





















海外ゲスト紹介

Profile
 
Armenuhi Sisyan
Armenuhi Sisyan was born in Yerevan. She is a professor of Armenian language at Yerevan State Medical University. She writes prose and poetry. Some of her short stories and poems are included in different anthologies of modern poetry and fiction. Her works are translated into Russian, English, French, German, Italian, Persian, Albanian and Japanese languages. In 2012 one of her stories ’’The Handbag’’ was awarded among the best stories of the year. In 2013 April her book “Hey, Noah!” was the 2-nd among 10 bestsellers in Armenia. Member of Writers’ Union of Armenia since 2007, author of 8 books:
· “A Handful of Light”, 2006, Yerevan
· “Harahos” - 2007, Yerevan
· “Hey, Noah!” 2012, Yerevan
· ”The Blomy Paths” , 2013, Yerevan
· “Longing for 1000 Years”, 2015, Yerevan 
· “Back to the Sky”, 2016, Yerevan
· “Duet of Fountain”, 2014, Kyoto
· “Duet of Drops”, 2018, Kyoto
In 2012 she received a grant of spending 2 months in Vienna where she was invited by Kulturkontakt Austria competition program.
In 2013 she took part in ''Genova International Poetry Festival'' (Italy).
In 2013 she participated in “Writers in Residence” program in Switzerland where she conducted literary readings (Geneva and Lavigny).
In 2018 she patricipates in “Poetry Reading in Kyoto 2018” organized by Japan Universal Poets Association.

アルメヌイ・シスヤン
アルメニアのエレバンに生まれる。エレバン国立医科大学でアルメニア語教授。散文や詩を執筆。その作品はロシア語、英語、フランス語、イタリア語、ペルシャ語、アルバニア語、日本語に訳されている。2012年小説『ハンドバッグ』が年間優秀賞を受賞、出版された。2013年四月、『やあ、ノア』がエレバンベストセラー賞二位で表彰される。2007年よりアルメニア作家協会会員。
リストの六冊の著書がある。詩は英語で発表され2011年「アルメニア詩人選集」に掲載され、2012年「現代アルメニア小説集」に掲載、英語からアルメニア語に翻訳した「世界文学」で発表された。2012年、スカラシップを受け二ヶ月ウィーンに滞在・2013年アルメニアからイタリアのジェノヴァ詩祭に招待参加。2013年8月スイスで詩を朗読。2018年2月ポエトリーリーディング in Kyoto 2018で詩を朗読。JUNPA BOOKS
より『泉の二重奏』飛鳥聖羅と共著。『雫の二重奏』浜田千秋と共著、を出版。
 
著書リスト
· “A Handful of Light”, 2006, Yerevan
· “Harahos” - 2007, Yerevan
· “Hey, Noah!” 2012, Yerevan
· ”The Bloomy Paths” , 2013, Yerevan
· ''Longing for 1000 Years'', 2015, Yerevan 
· ‘’Back to the Sky’’, 2016,Yerevan