会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Poetry Reading in Kyoto 2010
 
 
 
  
 Report on Poetry Reading in Kyoto 2010
  "Western-Eastern Poets in Sympathy"
 
                            Date: December 9, 2010
 
                            Venue: Kyoto International Community House
 
             Organized by "Poetry Reading in Kyoto" Acting Committee
             (Germain Droogenbroodt, Noriko Mizusaki, Mariko Sumikura)
 
                            Supported by Kansai Poets Association
                                                 Kyoto Poets Association
                                                  Chikurinkan Publishing Co.
                                                  Korosha-Sojinsha Publishing Co.
                                                  Chikuko-kai (Tea ceremony)
                                                  Tada Yuki (Artist)
 
             Musician: Taro Kishimoto, Yoko Kumazawa, Izumi Chiba
 
                            Program Coordinator: Mariko Sumikura
 
(Report by Germain Droogenbroodt)
It is found in the site of "Poetry International (POINT)" in Spain.
                             
(Report by Noriko Mizusaki)
 
We set up a "Poetry Reading in Kyoto", which was held on the 9th of December, with the support of the Kansai Poets Association, the Kyoto Poets Association, etc. Main guest poets were Dr. Germain Droogenbroodt and Dr. Milan Richter. Around 30 Japanese poets mostly from Kyoto joined in.  
 
Because we wanted the poetry reading to convey the traditional Zen culture of Kyoto the event took place at a Japanese styled house, connected to the Kyoto International Community House (in Kyoto, Sakyo- ku). The annex had tatami-matted rooms, surrounded by Japanese gardens.   
 
As a welcome attendants could enjoy a tea ceremony. During the poetry readings the attendants sat on cushions on the tatami-mats. Germain, Richter and Arima Takashi sat on chairs. The readings were held in English and Japanese. Yuki Tada made ink paintings on linen wall hangings and a musical performance was given by Taro Kishimoto, Yoko Kumazawa and Izumi Chiba.  
 
Among the poems Germain Droogenbroodt recited were: "Dawn", "Zen", "Everything that lives is transitory", "Heartscript", "Awakening", "Peaceful Morning in the Himalayas" (accompanied on Japanese flute by Taro). Milan Richter read: "Light?", "Spoiled Poem", "The Things Around Me", "The Death Spread its Snowy Veil". I, Noriko Mizusaki, a poet from Tokyo, introduced all the poets and read a tanka poem, named "A Floating Boat". Mariko Sumikura, a poet from Kyoto arranged many things such as the foreign guests’ transportation and hotel accommodation and took them on a tour in Kyoto. She also read some short poems including one she had recited in Struga. Japanese poets, most of them from Kyoto read poems in Japanese and English.  I also want to make a special mention of the lunch we had prior to the readings. After Stijn Caron, a Flemish poet living in Kyoto, and I lead Droogenbroodt and Richter around Nanzenji Temple, one of the Five Mountain Temples, Takashi Arima waited for us in front of a Japanese restaurant, nearby. From our room in the restaurant we had a nice view on the Japanese garden with pond and Takashi Arima held a welcome speech for Germain and Milan celebrating with sake liquor and a nice lunch. Only then I realized they had been friends for many years.  For a long time Germain and I had had plans for an event like this. Finally, with Mariko’s help we could realize it in Kyoto on December 8-10th.  
 
 
開催報告 すみくらまりこ
 
 「響き合う東西詩人」ポエトリーリーディング in Kyoto 
 
2010年12月9日、国際詩人会議副議長ミラン・リヒター氏(スロバキア詩人)、同事務局長ジャーメイン・ドルーゲンブロート氏(ベルギー詩人)、ストルーガ国際詩祭委員長ダニロ・コセフスキー(マケドニア詩人)が京都を訪問されるのを機に、日本詩人が歓迎の意をこめて朗読会を行いました。
 
主催団体という母体がなく、実行委員会ということで立ち上げましたが、有難くも関西詩人協会のご協力が得られました。ほかには京都詩人の会、竹林館、行路社ー素人社、多田遊己、竹香会のご支援もいただけました。そして「言葉の花火」「虹の架橋」(日英バイリンガル)の執筆者にご案内を出しましたところ、多くの参加希望をいただきました。ここにみなさまに感謝申し上げます。
 
本イベントは海外詩祭の雰囲気を思わせる和やかな会で、参加者は日本語と英語で詩を朗読しました。またよりいっそう楽しむためあらかじめ朗読詩集を作り配布しました。参加詩人は海外より2名、岩手、千葉、愛媛からの遠来の参加者を含め28名ありました。ケーナ音楽のきしもとタロー氏、熊澤洋子氏、千葉 泉氏のご出演もいただきました。京都ならではの和風建物一棟を一日借り上げ、お茶室では着物姿のお手前を披露していただいたり、京都が誇る友禅作家も目の前で筆をふるっていただき、また若手で国際的に活躍されているケーナ音楽家も親身になって盛り上げていただき、この会には東西詩人の「ことば」のみならず、「絵画」「音楽」「文化」までも響き合っておりました。
 
まさに当初の希望のとおり、いやそれ以上の感動が分かち合えた好い時間でした。まさに東西の文化を超えて、詩魂が発する響きを聴き感動を共にできました。時間があっという間に過ぎゆき、名残りだけが京都西山の夕暮れに残っておりました。
 
後日譚になりますが、このあと、ミラン・リヒター氏とジャーメイン・ドルーゲンブロート氏から全面バックアップによる国際詩誌発行の勧めがあり、またその母体となる日本国際詩人協会の立上げの御話もとんとん拍子に進み、4月にはともかくのスタートと相成りました。このことより、第二回めのイベントも可能となります。八月にはトーマス・ヴェンクローバ氏ご夫妻が京都に来られるとのこと、その時の朗読会も出演内諾をいただいております。今後も一歩一歩海外詩人との交流を進めていきたいと思います。今後ともみなさまの温かいご理解とご協力をお願いいたします。
 
参加者氏名(敬称略、順不同):ミラン・リヒター(スロバキア)、ジャーメイン・ドルーゲンブロート(ベルギー)、(以下日本)有馬敲、水崎野里子、すみくらまりこ、森三紗、津坂治男、北原千代、牧田久未、藤谷惠一郎、飛鳥彰、遠藤カズエ、名古きよえ、岡本真穂、神田好能、岸本嘉名男、安森ソノ子、香山雅代、清沢桂太郎、近藤八重子、永井ますみ、白川淑、中村洋子、岡本光明、谷内洋、長岡紀子、日高滋、司由衣
 
音楽出演:きしもとタロー、熊澤洋子、千葉泉
 
手描友禅:多田遊己
 
茶道:竹香会(野田由美子ほか2名)
 
デザイナー:浜田千秋
 
不参加:ダニロ・コセフスキー(マケドニア、ビザのため来日できず)
 
紙上参加:ガブリエル・ローゼンストック(アイルランド)、ヤゴダ・トモフスカ(マケドニア)、ブハール・プロシュターニ(アルバニア)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Double Click to enlarge images.
ダブルクリックすると写真が大きくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 













Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。