会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Member's Room T-Z


Jüri Talvet (Estonia)

Entering Summer
          
 
Summer rain's arrival made bus windows
              shed abundant tears.
Across the lawn of the paternal home
              small flowers flourished
As if Marta-Liisa's joy
Had suddenly spread, filled
              the whole house.
The only living branch of the old cherry tree blooms, 
A gathering of sap in the branch
That lets the tree forget its rotten
             trunk.
The head, the old stump - the traitor -
slowly sinks into green,
Justly drowning in the sea of dandelions. 
 

ユーリ・タルヴェット(エストニア)


夏は来ぬ
            
 
夏雨が到来するとバスの窓が
              さんざ泣いてくれた
家の芝生を横切ったら
              小さい花が咲いていた
あたかもマルタ-リーザの歓びが 
とつぜん膨らんで、家中に
              みなぎったかのように
サクラの老木で生きているただ一本の枝が咲いた 
枝にある樹液を吸い上げて
それは腐った幹のことを
              忘れさせてくれた
その頭、古い切株は -反逆者-
ゆっくりと緑に沈み、
ちょうどタンポポの海に溺れながら

 


Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著




Pia Tafdrup (Denmark)

Caught in the Act
        
 
The fish catches its food
and itself is caught, has its head
cut off with a cracking sound,
the smell of fish blood rises while
under the knife the fish still twitches.
 
The light bones and feathers
lie scattered among grass and stones,
where the bird circled in the air,
smelled its way to earthworms in the soil,
before the marten consumed its meal.
 
On the grassy plains a hungry wolf
goes after the sheep's bellies and guts,
on the carcasses the ribs
are gnawed away, flies and worms
take care of the last remnants.
 
In the dust among the rubble of war
the wounded lie, 
I recognize the smell,
when an angel breaks its silence.
 
In the dust among the rubble of war
lie the dead, 
victims of a bloody hour, who once
lay in wombs,
must now be placed in the grave
infinitely close to our hearts.
 
Breathing, collision,
the locations accumulate,
rocks and clods of earth, 
the whole world is a crime scene.


ピーア・タフドロプ(デンマーク)

                           「雪の匂い」より
遊離の縁
        
 
魚がえさをとる
すると己が捕らえられている、頭が
みじん切りにされている
魚の血のにおいが立ち上がる
包丁のしたで、まだ動いているのに
 
軽い骨と羽が
草っぱらに石の間に散らばっている
鳥が空に輪を描いていた
テンが食べてしまう前に
土のなかにみみずがいる匂いかごうと
 
原っぱには飢えたオオカミが
羊のはらわたを漁ったあとに
死骸の肋骨のうえ
噛み切られている ハエや蛆虫が
最後の嘆きを慰める
 
戦争の瓦礫の粉塵
横たわる傷病人
わたしは匂いを感じる
天使が沈黙を破るときには
 
戦争の瓦礫の粉塵
横たわる死体
血の時間の犠牲者、その人はかつて
子宮にいたのだが、
墓に埋めねばならない
わたしたちの心に限りなく近く
 
 
呼吸、衝突
場所が積もりあがる
地球の岩や塊が
全世界の罪深い場面が

Profile

Pia Tafdrup (Denmark)











ピーア・タフドロプ(デンマーク)は1952年5月29日、コペンハーゲンに生まれる。文学デビューは1981年で現在まで詩集17冊上梓している。1981年『When an Angel Breaks her Silence』 
1982年『No Hold』
1983年『The Innermost Zone』
1985年『Spring Tide』
1986年『White Fever』
1988年『The Bridge of Moments』
1992年『The Crystal Forest』
1994年『Territorial Song』『A Jerusalem Cycle』
1998年『Queen’s Gate』
1999年『Thousand Born』
2002年『The Salamander Quartet: The Whales in Paris』
2006年『Tarkovsky’s Horses』
2008年『Boomerang』
2010年『Birds of Compass. Poems. Gyldendal』
2012年『Salamander Sun』
2014年『The Taste of Steel』
2016年『The Taste of Snow』
その他詩論
2016年『Walking over the Water』
詩選集
2007
小説、戯曲も執筆。デンマーク詩人全集の編集者。
                                               


Duet of Snow
Co-authored with Kikumi Shimoda
雪の二重奏
下田喜久美と共著






Udayan Thakker (India)

Shadows
    
 
When at eventide 
we returned home 
the sun would trail us, 
with the shadows 
leading the way. 
The shadows walked 
touching one another. 
Were these shadows 
in love, 
we would  wonder, 
and wouldn’t they 
be embarrassed 
by our following them. 
But they just ignored us. 
Watching them 
we learnt 
to walk together in silence.
 
Like historical characters, 
the shadows 
seemed charming.
And we thought it unusual 
that these two comely shadows 
had found one another. 
The other nice thing was 
that they erased 
all superficial details 
and presented 
but two useful facts : 
A man in love.
A woman in love.
                                  --Udayan Thakker
Translated by Pradip N. Khandwalla 
 
ウダヤン・タッカー(インド)
 
 
夕凪
我が家へ帰る
太陽がついてくる
影をつれて
道をゆびさして
影たちは歩いた
お互いにくっついたりして
それらは
恋していた
僕らは どうかなあ
でもそれらは
どぎまぎしているよ
お互いの主を連れているからさ
でも彼ら僕らを無視している
彼らをごらんよ
僕らは
黙って歩くことを学んだ
 
歴史上の人物のように
その影は
魅力的にみえる
そしてふたりが互いの影を
見出したら非日常に思えた
一方が素敵なのは
それらが特別なことを消すが
二人に便利なものを与えてくれるからだ
恋に落ちた男
恋に落ちた女
 


 


Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著




Jagtoka Tomovska (Macedonia)

Between dream and reality
                                    

In the corner of the last dream
light of a sapphire
of well known eyes
sitting on the chair  in front of empty table
 smile of the first morning ray
 smell of early sun
beautiful face
You are alive!
said  an asleep voice
wait
don't live alone
the book of dreams
Stay!
and he stayed
and again,  in the corner of the sky
a well known figure
coronet ,crown of azure eye
open book of poems
full of emerald  blossoms
looking at the ground
on the wings of agitated sleep
mottled
  Saint Valentine greeting card
 lost under the pillow of reality
Good morning new Day!
 

ヤゴトカ・トモフスカ(マケドニア)

夢と現のあわいに
                 
 
きのうの夢の片隅に
なじんだ眼の
青玉のひかりが
椅子に腰かけていた 空き卓のまえ
初めての朝 その輝きの微笑みが
朝日の香り
美しい顔
君は生きている!
永眠の声が言った
待っていろ
ひとりぼっちで暮すな
夢の書
そのままでいろ!
そして彼はそこにいた
で、ふたたび、空の片隅に
なじんだ姿が
宝冠、空色の瞳の冠が
詩の書を開く
大地を見て
煽られた眠りの翼が
まだらにする
聖バレンタインのカードを
現の枕の下に失い
おはよう新しい日よ!
 
 
Translated from English by Mariko Sumikura



Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著







Yui Tsukasa (Japan)

Your Words
            
 
Is the seat next to you vacant?
Is it right side or left side?
 
Even thought it was slender like from a little bird
One line of your words reach me
And found you in it
I could live on until now
Even so it is an encounter amid of affluent words
We may not notice each other in a town
We pass by each other like breeze
 
If you escaped from the words
And took me and treated me “Have a seat here”
It is impassible to stay there
Within 60 seconds
Because I have a weak child
Like a small bird
I am a mother
 
One time   Only once
When my child slept well
I had a room to step in your words
As a poet
And I chased a butterfly with you
In beautiful breeze
 
I am wondering how many years passed away
Is the seat next to you vacant?
Is it right side or left side?
 

司 由衣(日本)

あなたのコトバ
       
  
あなたの隣の席は空いていますか
それは右側ですか 左側ですか
 
風の便りのような儚さで
それでも届いた一行のコトバの中に
あなたをみつけたから
今日までなんとなくやってこれました
でもね コトバの中での邂逅ですから
街角ですれ違っても気づかない
風のように通り過ぎてしまうでしょう
 
もしもコトバの中から
とつぜんあなたが抜け出して
わたしを迎えに来て「お座り」といって
あなたの隣の席に座らせていただいても
たぶん六十秒もたたないうちに
その席からわたしは立たなければなりません
わたしには病み上がりの
小鳥のような子がいるのですもの゛
つつましい母でなければならないのです
 
いつだったか たった一度だけ
小鳥のように眠っている子が目覚めない隙に
わたしはひとりの詩人として
あなたのコトバ中に入り
ともに言葉の蝶々を追いかけました
そのとき風はそうそうと吹き渡っていました
 
あれからもう幾歳月
あなたの隣の席はいまも空いていますか
それは右側ですか 左側ですか



Co-authored with Bujar Plloshtani
ブハール・プロシュターニと共著






Muesser Yeniay (Turkey)

Flower Village 
                            
 
I learned to stand in my place
from a flower
 
saw no other sun 
drank no other water
 
I recognized my roots as a village 
my earth, as the sky
 
seasons passed above me
a nest of ants, bosom friends
 
I learned how to be a flower 
from standing without stop



ムセル・エニアイ(トルコ)

花の村
     
 
 
自分の場に立つことを学んだ
一本の花から

ほかの太陽など見なかった
ほかの水など飲まなかった

自分の根はひとつの村にある
空にとってのわたしの地球の

季節が通り過ぎてゆく
蟻の巣を 心の友を

どうすれば花であれるかを学んだ
不動の姿勢を続けていることから


Translated from English by Mariko Sumikura

Profile










ムセル・エニアイ(トルコ)
 
1984年、トルコ・イズミールに生まれる。エージ大学英文学科卒業。ビルカント大学大学院でトルコ文学修士号を取得。ユヌス・エムレ賞ほか詩にかんする賞を受賞、米国のMuse Pie Press賞で渡米。
2009年に「大地に降る闇」を出版。第二詩集は「わたしは山に家を見つけた」これは世界詩人集に初秋。サラエボ詩祭、セテ詩祭(フランス)、クリチャ国際詩祭(インド)、メデジン詩祭(コロンブア)、アジア太平洋詩祭(ベトナム)ほか、に参加。文学詩誌「Sirden」の編集者。ビルケント大学で博士号取得を目指している。



Co-authored with Chiaki Hamada
浜田千秋と共著








Mieko Yoshino (Japan)

Galaxy
    
 
In a beautiful morning of early autumn
Water drops 
Are blooming like flowers in the field
 
On the tip of a thin leaf 
On warped leaves 
Crystal beads are scattered
 
Last night
I wonder how much sad things 
Was in the heaven
 
Morning dew looks like
A tear of the god in the sky 
 
At such a time
The bright light comes out from the mountain top
The beads begin to dance in a breeze 
They are the galaxy shining on the ground.
 
It is an encounter of miracle
Given from the heaven
 
The ground of Yoshino
Is revealing a mysterious veil
Right now, in front of my eyes
 
 
よしのみえこ(日本)

銀河
     

初秋の晴れた朝
草原一面に咲いた
水滴の花
 
長細い葉先の上
反り返った葉先にも
小粒の球
 
昨夜
天にはどれほどの
悲しみがあったのだろう
 
朝露は
天の神の涙あと
 
そんな時
山頂から差し込む陽の光
微かな風にキラキラ踊る球
地上に輝く銀河
 
天が齎す
奇跡の出会い
 
吉野の大地は
私の目の前で
神秘のベールを脱いでいく    





Co-authored with Mammad Ismail
マーマド・イスマイルと共著







Annabel Villar (Uruguay)


Doze
          
 
At the fuzzy hours of matins,
at five o´clock every day,
I awake with my Heart  in a fist.
While I tighten hard the eyes
I beg that doze does not come
 
Fear pervades the shadows
and vice versa
they share the darkness.
 
So then, I implore pray the sleep
-as an  uterus and an accomplice -
to return and rescue and show me
the essence that denies the vigil.


アナベル・ヴィラー(ウルグアイ)

まどろみ
     
 
 
朝の祈り 模糊とした時間
毎日 午前五時
こころが目覚める 組んだ指に埋めた
目を堅く閉じているとき
まどろんでしまわないよう願う
 
怖れが影に浸みわたる
そして逆をいえば
それらは闇を共有している
 
然り わたしは眠れるように祈願する
―子宮と結託して―
戻りたまえ 救いたまえ 示したまえ
徹夜を否定する因子を

Profile
  
アナベル・ヴィラー
詩人、文化活動家、ウルグアイ生まれ、スペイン在住詩人。REMESの共同設立者。スペイン語作家ワールドカップのメンバー。世界詩歌運動のメンバー。国際詩祭、会議に招待される。南米に旅行し詩を朗読。



Co-authored with Chiaki Hamada 
浜田千秋と共著











Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。