会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Member's Room P-S

Bujar Plloshtani (Albania)

Eaten moon on the lake
                           
 
Sadness captivates my eyes
a lunar appearance drifts upon my skin.
I am cold
cold as ice.
It's freezing,
no place to warm up,
standing alone at the lake.
Cold autumn
My soul is like the eaten moon on the lake.


ブハール・プロシュターニ(アルバニア)

湖の欠け月   
                           
 
僕の目は哀しみにうっとりする
肌のうえ月が揺れている
寒い
氷のように寒い
凍っているのだ
暖まる場所もなく
湖にひとり立っている
寒い秋だ
僕の魂は湖のうえの欠けた月


Translated from English by Mariko Sumikura


Co-authored with Bujar Plloshtani
ブハール・プロシュターニと共著






Bam Dev Sharma (Nepal)

Silence
            
 
Silence has meaning
It breaks myriad of noises 
From the earth to the sky  
Pervasive in the heart
Or slinging in jaunty countenance.     
 
 
Silence drags   whimsical fates
Crushing truculent clamor  
As if it were rising tides
Beyond   any reach
Mesmerizing in bluish waves
 
  
Silence baffles many: 
And is as defiant as rock 
As violent as any typhoon
 Silence waits you to act,
 And it seeks your judicious choice, 

Many times it   beckons:  
As if it was close confidant 
Listen to the silence
It behooves you a meaning
That  you cannot interpret! 


バム・デヴ・シャルマ(ネパール)

静寂
     
 
静寂は
地球から空へ
無数の音を壊す効がある
心に広がり
優雅な落ち着きに収まる
 
静寂は梳く 気まぐれな運命を
好戦の狂騒を潰しながら
あたかもみち潮が
はるかに広がり
蒼い波に催眠したように 
 
静寂は多くを惑わせる
岩のように傲然と
台風のように荒々しく
 
 
静寂はきみが動くのを待つ
きみの懸命な選択を求める
多くの時間が 手招きをする
静寂を聴いてごらん
きみは 時々解釈できない
意味がわかるよ


Translated from English by Mariko Sumikura





Co-authored with Yuka Akizuki
秋月夕香と共著






Adolf Schvedchikov(Russia)

I STAND NEAR THE WATERFALL
                                                        

I stand near waterfall
And look at the foamy spurts.
I remember how I fell in love
At the first glance
And was happy with you all my life...
I stand near the waterfall
And look at the foamy spurts,
I hear the endless roar
Of the powerful stream
Splitting into a myriad
Of drops-pearls!
I stand near the waterfall
And understand that God give us
The special love only once in our life...
We cannot restore this love
By gathering together scattered droplets!


アドルフ・シュヴェチコフ(ロシア)

滝のそばに立つ
                    
 

滝のそばに立つ
泡立つ迸りを見る
どのような恋をしたか思い出す
一目みたとき
きみといれば人生が幸せだった
滝のそばに立つ
泡立つ迸りを見る
力ある流れ
終わらぬ轟音を聞く
無数に別れながら
しずく真珠よ!
滝のそばに立つ
神が与え給うたものを知る
人生にたった一つの特別な愛を
こぼれた滴をいっしょに集めきて
この恋を蘇らせることはできない


 Translated from English by Mariko Sumikura




Co-authored with Mamoru Nakanishi
中西衛と共著






Afak Shikhli (Azerbaizjan)

SAKURA
 
Sakura, 
In your beauty 
I loved the color pink 
And the harmony in the nature 
 
Sakura, 
In your fineness 
I  loved the tenderness of blossoms 
And the weakness of  a woman.
 
Sakura, 
I loved the city which I never saw 
I loved the pink morning that I never welcomed.
I loved the  traditions of the people that I didn’t know 
And the tasty dishes of this people.
 
If the God pleases 
The day will come, 
 I shall pass through the streets of Tiba 
Wearing  you on my hair. 
The rising Sun will shine 
And welcome me through the windows of the homes. 
 
I shall calm the longing of my heart delightly 
And at that very moment 
Sakura! 
I shall return to my youth that I  can’t forget! 

アファク・シヘリ(アゼルバイジャン)

 
 
桜よ
あなたの美しさ
桜色を愛します
その天然の調和を
 
桜よ
あなたの清楚さ
桜花を愛します
ひとりの女の弱さを
 
桜よ
見たことのない街を愛しました
迎えられない桜色の朝を愛しました
知らない人々の伝統を愛しました
その美味しそうなご馳走を
 
もし神様がお気に召し
その日がくるのなら
千葉の通りを抜けましょう
あなたは髪にはらはらとかかるでしょう
朝陽が輝くでしょう
家々の窓からわたしを迎えてくれるでしょう
 
喜びも憧れも静かに抑えていましょう
そしてその瞬間には
桜よ
わたしは忘れえぬ青春へ戻りましょう!



Profile














アファク・シヘリはアゼルバイジャン生まれ。現在はロシアのモスクワに
居住。セラピストとして病院に勤務し執筆活動を行っている。
著作:
Books: 
 
1. What my heart said”- (2003, Araz) 
2.” Will you love me?” – (2005, Khazar) 
3. “Far from me”- (2008, Khazar) 
4. “I think about you”- (2011, Adiloghlu) 
5. “The fifth season of my life”- (2013, Shirvan) 
6.” The fifth season of my life”- Repeated edition (2013, Adiloghlu) 
7. “My friends, send me spring”- in Turkish language (2013, Shiir vakhti, Turkey) 
8. “Literary translations”- (2014, RATA. Saratov) 
9. “Literary translations” – Repeated edition (2014, Adiloghlu)
10. “What you don’t know”- (2015, Vektor)
11. “In search of myself” - in Russian language
 



Duet of Sakura is coming soon.
Co-authored with Kyoka Nakazawa
桜の二重奏  近刊!
中澤京華と共著




Mikhail Sinelnikov (Russia)


Meeting
          
 
 
I will not outstay and will not leave a sign,
But will knock and roll up the way I am.
An accidental guest, an absent – minded gaper,
I have brought you good news.
 
But at times I recollect and have dreams of
In my childhood so thoughtlessly and knavishly 
My dropping into a slot in a rotten floorboard
A hard pomegranate seed.
 
The sun has faded. The faces have tarnished.
But I see without rising my eyelids, -
The tree trunk is rustling and stirring.
And its scion is touching the house roof.


ミハイル・シネルニコフ (ロシア)


出逢い
          
 
 
俺は長居しないし署名も残さない
しかしノックし遅れて現れる俺だ
不意の客、不在の―ぽかんとしているおまえ
俺は良いニュースを届けに来たのだ
 
しかし時には俺は記憶を辿り
子供のとき考えもせずにずるっこく
腐った床の隙間に落とした
かたい柿の種の夢を見る
 
太陽は弱気になり その顔は色を失っている
しかし俺には分かる 瞼に浮かべずとも
その木の幹は活き活きと揺するのだ
その若木は家の屋根に届いているのだ


profile










 
ミハイル・シネルニコフは1946年レニングラードで生まれノロシアでは有名な詩人である。全一巻は2004年、全二巻は2006年に出版され、100の詩は2004年に出版され、それも含めて詩集25冊が刊行されている。つねに詩壇では話題になり、「二十世紀のロシア詩アンソロジー」にも入っている。英語、ドイツ語、スペイン語、ポーランド語、ブルガリア語、セルビア・クロアチア語、スロベニア語、ルーマニア語、トルコ語、アゼルバイジャン語、ペルシャ語、ヒンドゥー語、ウズベク語、キルギス語、グルジア語、アルメニア語、モンゴル語、ベトナム語、韓国語に訳されている。受賞多数。



Co-authored with Mariko Sumikura
すみくらまりこと共著





Maki Starfield (Japan)
マキ・スターフィールド(日本)

秋薔薇の迷ひし心見てをりぬ

a rose in autumn
of two minds
that I see
 
 春光を手のひらにのせ友を待つ
 
spring sunshine
on my palm
waiting for a friend

満月に触れたる猫の白さかな

white cat
met my eye
a full moon

 林檎むく今のわたしの拡ごりに

to the extent
of my presence 
peeled an apple
 



Co-authored with Narlan Matos
ナーラン・マトスと共著









Co-authored with Luca Benassi
ルカ・ベナッシと共著






Armenuhi Sysyan (Armenia)

I will always stay loyal to you, tree!
            
***
I will always stay loyal to you, tree!
When we are no longer here one day,
I'll become a line,
you'll turn to a page
and we shall meet each other
and be devoted,
me -as a  poem,
you-as a white page
and we'll embrace  each other.

アルメヌイ・シスヤン(アルメニア)

樹よ、わたしはいつも忠実に侍(はべ)りましょう

樹よ、わたしはいつも忠実に侍(はべ)りましょう
もう此処にいられない日があれば
わたしは詩行になりましょう
あなたはその頁にもどってくるでしょう
そしてお互いを見出しましょう
真心をもって
私を―詩として
あなたを―空白の頁として
そして抱きあいましょう

Profile 









アルメヌイ・シスヤンはアルメニア詩人。
 


Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著






Heberto de Sysmo (Spain)

Venant de la montagne
 
 
En été la différence de dépression entre le bas de la vallée
et le haut de la montagne
fait naître une brise qui souffle par intermittence
je me souviens de ces mots
les hommes rouleront l’espace comme une peau
jamais
 
 
Visages si fragiles dans le vide des nuits
l’étoile à la fente des paupières
la trace d’un effacement de plus loin
que le sommeil du temps
toi qui entendais toi qui fermais les yeux
bien que l’ombre soit scellée
dans la bouche
 
 
Dans la déshérence dans la rupture
mais la menace de l’absence
laisse briller l’existence et les désirs
près de la fleur sauvage
rien pas même l’étendue d’un monde irrésolu
l’œil rose de l’aveugle laisse s’enfuir
la lumière sans ressemblance
 
 
C’est comme boire dans le creux de la main
saisir à peine éparpiller à volonté
ainsi chute la source  elle retombe là-bas vers son oubli
libre enfin d’offrir à boire à ses pâturages
sans héritage ni même une transmission
car un milan noir prend son vol


ヘルベルト・デ・シスモ(スペイン)

山から来て
 
夏に 心がふさいでいた
谷底から山頂のあいだ
先々でそよ風が吹いていた
ぼくはこんな言葉を思い出す
人間は肌をすべるように
宇宙を転がるんだ
 
夜の真空のとっても脆い顔
しばたく睫のなかの星
さらに消した痕跡
あの眠りの時間
聴くことができたきみ ぼくの目を閉じたきみ
その影は口で
封じられたけれども
 
夜明けに我が物と強く言えないが
過ちの脅えた宝もの
さあ存在を輝かせておくれ
野の花の近くで欲しておくれ
なにもない 不可解な世界の自由など
盲いたピンクの目が放ってくれた
どこにもない光を
 
きみの手のひらにいて酒を飲んでいるようだ
自分では入ることのできない
だから泉をしたららせておくれ 完全忘却へ落ちるため
ついには牧場へという自由へ
継承のなく 伝送すらもない
なぜなら暗黒のミラノが飛行するのだから

Profile













ヘルベルト・デ・シスモは小説・詩・批評家。映画評論家。
バレンシア現代文学協会に所属。俳句を研究。
グローバルネットワークで作家活動を行う。




Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。