会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Member's Room K-N


Chiyo Kitahara (Japan)

Parting, coming from a distance
 
 
In the morning haze having ladled water at the spring and
Embracing the jar      returned to the hut at the lynchet
The water sinks glisterningly and rises
In the jar made of white clay
 
A crack within happiness
 
The calm chant
Is crossed by the dark needle of foreboding
Unable to avert it
Returning half of the water to the ground
The sound of hobnailed boots approaching
 
Shuddering      eyes wide open
Still embracing the jar
 
Coming out of the haze
Soon we will meet            and then appears
The cap without the face of the person gone
 
                          (Translation by Anna M. Thane)

北原千代 (日本)

近づいてくるのが見える別離
    
 
朝霧の泉で水を汲み
甕を両腕にかかえて 畔の小屋へ戻った
白埴の容れものに
水はふくらみながら耀き落ちた
 
うれしさのなかに
ひびわれがあり
おだやかな歌の途中に
黒い針の予感がよぎる
 
こらえきれず
はんぶんの水を土に返した
 
地に鋲を打つ音が近づいてくる
 
慄れ 目を瞠った
甕をかかえたまま
 
霧のなかから
やがて会い そして別れるひとの
顔のない帽子が現われた
 


Duet of Water is coming soon.
Co-authored with Donatella Bisutti
水の二重奏  近刊!
ドナテッラ・ビズッティと共著





Minami Koizumisha (Japan)

Thought on Happiness 
                         
 
Happiness is the act tied down
 
Fishes in an aquarium are famishing for fresh air
Therefore if they neglected to flap a gill
they can not live anymore 
Floating fishes being died already were their mates
They are rotten and giving off remaining obsession
 
We must to be a pitcher
Pouring fresh water 
Drop by drop
We must give all of our sincerity with this hand
If we missed concentration even one moment
The water will overflow 
And fishes will be eaten by lazy goblin soon 


小湖舎みなみ(日本)

幸福について思うこと                  

幸福とは息苦しい行為である
 
水槽の魚たちは常に酸素に飢えているので
鰓を動かし続けることを怠ってはもはや生きられない
そこら中に浮かんでいる彼らの仲間の死骸は
執着の残骸を吐き捨てながら腐っていく
 
我々は
水槽に
一滴 一滴 水を注し続ける水差しであらなければならない
ひとつの手に誠意の全てを注ぎ込まなければならない
刹那に集中力を切らせてしまうだけで
水はたちまち水槽から溢れ出し
魚たちは怠惰な魔物にとって食われてしまうだろう

Profile

Member of JUNPA and "Konote". Poet and Story teller for kids.
Lives in Kyoto and co-authoring with Nobuyuki Koizumisha.

日本国際詩人協会会員。「このて」会員。
詩人、童話作家。
京都に在住し、小湖舎伸行と共著。
 

Nobuyuki Koizumisha (Japan)

The trail of a bird
                   
 
A bird draws a line in the sky
 
As like he is unable to bear a vague border
 
A bird draws an arch 
 
As like he creates a receptacle
 
The bird is a mirror of thoughts
 
Viewers see their bread or emptiness
 
As I opened the window
 
The bird took off toward the height of the sky
 
 
小湖舎伸行(日本)

鳥線           

一羽の鳥が空に線を引く
 
ぼやけた境界線を嫌うかのように
 
一羽の鳥が弧を描く
 
そこに受け皿を作らんかの如く
 
一羽の鳥は思考の鏡
 
見る者によって糧にも虚無にもなる
 
僕が窓を開けたら
 
一羽の鳥が空高く飛び立った

Profile

Member of JUNPA and "Konote". Poet and Story teller for kids.
Lives in Kyoto and co-authoring with Minami Koizumisha.

日本国際詩人協会会員。「このて」会員。
詩人、童話作家。
京都に在住し、小湖舎伸行と共著。



童話集「幸福な男・しあわせのお花」
近刊予定。







Yaeko Kondo (Japan)

Live Today
 
 
“Erase yourself in delusions
Expire your days
And live anew today”

Thorny things
Uptight matters 
Burn them yesterday
And love today”
 
“If you have a trouble
You can put up with it just today”
The elder wise man said 
 
In perfect silence
Today is moving in and going out
 
I’d like to cut off rain clouds
To see appearing blue skies and to start my day
 
I am listening into a melody in my soul
Which has not being expressed so clearly



近藤八重子(日本)

今日を生きる
     
 
妄想の中で自分を消して
日々を死に尽くして
今日を生きよ

辛いことも
不安なことも
昨日に燃え尽くして
今日を楽しめと

苦しいことがあっても
今日一日と思えば耐えられる
人生を悟った老人は言われる

沈黙を堪えて
今日が動き始めた

雨雲を切り割いて
青空を見たい 一日の始まり

描ききれない魂の施律を
追い求める私



Co-authored with Iskra Doneva
イスクラ・ドネヴァと共著















Narlan Matos (Brazil)
 
Children of the Night
                
 
I hear the children of the night
kissing wilted flowers like dead hummingbirds
a demon perches in their eyes because there is only darkness to be 
found and nothing more
because there is no summer in their eyes and no two thousand suns
explode in their hands
 
I see the children of the night
nursed at tattered, famished breasts, at fragile breasts of sand
nursed on a white milk that’s made of neither clouds nor milk
 
 
what taste will the milk of life have in the mouths of the children of 
the night?
what looks can they have, these children born of breasts without 
summer of wombs without mothers?

I see the children of the night
rocked by some swing that I can’t see in a ciranda that shows them 
no kindness
that doesn’t reach the deepest self in me
what dawnings do they look for in the sky?
what beams from the firmament will reach their faces? 
I hear the African jackals in the morning of a cold month
the day is nothing but a bright pearl in a devastated garden 
 
I see the children of the night
trafficking in diamonds and constellations and ivory teeth
there are no seraphim in their saber-like visages
there is no gypsy guitar in their mouths
and the streams do not flow through their veins
they don’t defend to the death that city in Andorra, where freedom
once was corralled
 
I see the children of the night
gouging their nails into the mud the spring the chimera
scavenging through ruins of paper and ash in search of a word to explain the cubist blue of the sky

what is it that’s wrong in their eyes?
what is there of tar in their smiles?
in the shantytowns of Rio de Janeiro and of Jamaica 
on the street corners of Cairo, Managua, and Kathmandu
in the banana fields of Ecuador and Guatemala
on the rubber plantations of Brazil
on the sharpened soils of the Middle East
in the slums of Saigon San Salvador and Hanoi
something wounds me something corrodes me 
 
I hear the desperate shouting of the children of the night
 
 
                          Translated by Mary Ellen Stitt
 

ナーラン・マトス(ブラジル)

夜の子供たち
       
 
子供たちの夜が聞こえる
死んだハチドリみたいなげんなりした花にキッスしている
悪魔は目の中にとまっている なぜって暗闇だけがあり
   なにも見えないからだ
なぜって目のなかに夏はなく二千個の太陽が
   手の中で爆発したからだ
子供たちの夜がみえる
砂のもろい胸で、ぼろぼろで、飢えた胸で育てらた
雲とミルクで作られない白いミルクで育てられた
口に含んだいのちの乳はどんな味だったろう
    子供たちの夜に
胸はどんなかたちがあったろう 母親たちのいない子宮の夏
    これらの子供たちが生まれて
夜の子供を見る
輪踊りのなかにみえないある振付に固められた
     不親切
私のなかの奥処にある私に届かないのだ
彼らは空でどんな絵をさがすのだろう
大空からどんな光線がとどくのだろう
冷たい月の朝、アフリカのジャッカルの声を聴く
その日、荒廃した庭に輝く真珠を除けば何もなかった
夜の子供たちを見る
ダイヤと星座と象牙の取引をしている
サーベルのような顔つきの中に天使はいない
彼らの口にジプシーのギターはない
その流れは血管をあふれることもない
彼らはアンドラのその町の死に克てない
 そこは自由は拘束されたところだ
彼らの夜をみる
泥のなか爪にシネマの春を彫るのを
紙くずや灰がらから立体派(キュービズム)画家の
  青空を読み解く言葉を捜しながら
目に悪しきものは何なんだ?
笑顔にあるヤニは何なんだ?
リオデジャネイロのジャマイカのスラム街で
カイロ、マナグア、カトマンズの四辻で
エクアドルやグアテマラのバナナ農園で
ブラジルのゴム農園で
中東の困難な局面にある土地で
サイゴン、サルバドール、ハノイのスラムで
なにかが私を傷つける 何かが私を蝕む
夜の子供たちの絶望的な叫びを聞く


Co-authored with Maki Starfield

マキ・スターフィールドと共著






Mamoru Nakanishi (Japan)

Owl
      
 
At the place the being doesn't know
Something had happened
 
Suddenly a cold-blooded snake was crossing the bush
It was a hard scene which it had no escapes
 
After something is collapsing tremblingly
Someone is gazing here from over the dark
 
As if the chain, which I thought it firm, was breaking into parts
Loneliness beyond words has come to me 
 
Excessive words and behavior left within my mind
Deep regret smoldered forever heavily
 
Autumn fallen leaves aflame with ardent love
Are piling and dying in many layers
 
My nature never seen by eyes--
An owl is hooting in the woods
 
All animate beings
Draw breath in the dark

中西 衛(日本)

ふくろう
       
 
当人の知らないところで
何かが起こっていた
 
突然草むらを冷たい蛇がよこぎっていったのだ
逃げ場のないつらい情景
 
何かが がたがたと崩れていって
暗やみの向こう誰かがこちらをじっと見ている
 
かたいと思っていた鎖がほろほろとほどけて
言いようのない寂しさ
 
過ぎた言動が重くいつまでも心の中に残って
悔恨は胸ふかく身をゆすぶる
 
はげしく燃えた秋の落ち葉は
幾重にも積み重なって朽ちてゆく
 
眼では見えぬわが性
林のなかでほうすけが鳴き
 
生きとし生けるもの
すべて闇のなかにある



Co-authored with Adolf Shivetchekov
アドルフ・シュベチコフと共著






Kyoka Nakazawa (Japan)

Night View of Sakura
 
 
Illuminated in the moonlight
the avenue of cherry trees
is full of transparent blossoms
which look like snowy crystals,
their petals glittering in the night sky
 
Sakura petals  
as white as the moonlight
are swaying softly
with my good memories
invited by spring breeze

Soon
many Sakura petals
will flutter away
with spring breeze
one after another
 
 

中澤京華(日本)

夜桜
 
 
月光に照らされて
桜並木道は
雪の結晶のような
透き通った花が満開
花弁は夜空に煌めいている
 
透き通るように白い
桜の花弁
春風が運んできた
懐かしい記憶と
微かに揺れる
 
まもなく
たくさんの桜の花弁が
ひらひらと舞うでしょう
春風と一緒に
次から次へと

Profile

Kyoka Nakazawa(Japan)
 
Kyoka Nakazawa was born in Shibata. Niigata.
Poet, pharmacist, and writer of her own novels. Real name, Chieko Nakazawa.
Graduated from Meiji Pharmaceutical University.
Gogyohka Society coterie, a contributor of monthly magazine ”Gogyohka”,
“Ichikawa local ” secretariat.
Release of poetry which is written in five lines by
 her own blog, Endeavor of translation,
A member of Japan Universal Poets Association(JUNPA),
Participation; JUNPA 5Anniversary Commemorative Poetry Festival.
 
中澤京華(日本)
 
中澤京華。新潟県新発田市に生まれる。詩人であり薬剤師。小説も執筆している。本名、中澤千恵子。明治薬科大学卒業。
「五行歌の会」同人。月刊「五行歌」に五行歌を投稿。「市川五行歌会」事務局を務める。五行歌、五行詩、五行連詩をブログにて発表。翻訳もこころみる。
日本国際詩人協会会員。JUNPA設立五周年記念国際詩祭参加。
 




桜の二重奏 発売中!








Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。