会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Member's Room D-I



Tatjana Debeljaski (Serbia)

Fulfill your wishes
 
 
Fulfill your wishes, go on.
Let the most beautiful melody start,
Let the breath be so near.
Steal dreams from the pillow.
Be here, stir up imagination.
Like this romantic tonight.
Stay, take over me!
Carry me! Take my clothes off!
Let me run through your veins.
Take my clothes off tonight, take me to the dawn.
The walls of your own heart you can tear down
And just one name carve there.
You take one owner there and lock in forever.
Poisoned blood you cannot change,
Only that someone stays there.
And all happening then, is not simple anymore.
When it starts, the chaos turns out!


タチアナ・デべリャスキー(セルビア) 

望みをかなえてください
        
 
あなたの望みをかなえてください、ずっと
妙なる旋律を始めてね
息が聞こえる近さにいさせて
枕から夢を盗んで
ここにいて、想像力を掻き立てて
そこで、わたしを奪って
連れ去って、服を脱がせて
あなたの静脈を走らせて
こんや服を脱ぎ、朝までつれていて
こころの幾重の壁もあなたは破ってくれる
そしてそこに名前を彫るの
そこであなたは所有者となり永遠に閉じ込めるの
毒された血をあなたは変えることができない
誰かがそこにいるだけ
そして出来事のすべては、もはや単純なものでなく
始まりのときが、混沌に変わっていくの。



Co-authored with Haruka Ishii
石井春香と共著




Iskra Doneva (Macedonia)

Desert sand
Slips through my fingers.
A strong wind started blowing
 
 
 
 
I want to stand
With my arms spread
In the wheat fields!
 

イスクラ・ドネヴァ(マケドニア)

砂漠の嵐
指から零れる
砂が飛ぶ
 
 
 
 
手を広げ
仁王立ちする
麦畑



Co-authored with Yaeko Kondo
近藤八重子と共著





Shaip Emёrllahu (Albania)

DEEP NIGHT
       

 
shadows had come
with the moon
and its light deceived us
clothed
             in night’s deep dark
 
life’s orgy began
it was the darkest time of night
since there was no fire
life got knocked over 
                    by its shadow

シャイプ・エメルラウ

深夜
       
 
影は来た
月をつれて
その光が僕らをわなにかけ
夜の深い闇に
服を着せた
 
いのちの大騒ぎが始まった
火の気がなかったので
もっとも深い闇時間だった
いのちは負かされた
      その影に


Co-authored with Taro Aizu
会津太郎と共著




Haruka Ishii(Japan)

White Rose
    
 
Drizzled all day  
Stroked on velvet petals
The heart of a rose begins to tremble
 
The rose is heavy with flowers
It opens fragrant bags 
and emits the scent trembling in fear
 
In aromatic breeze
Some stalks stretch straight up 
Aiming at the blue sky
 
Green leaves
Refreshed 
Shining glossy in wet
As if nothing has happened
 
From a break in the clouds
The sunlight comes on
 
The rose
Smiles faintly 
to the sun
With its innocent face
It embraces transparent light
To keep blooming on for bright tomorrow
 

石井 春香 (日本)

白薔薇
     
 
小雨の指先が
はなびらをなぞると
薔薇の心はふるえだす
 
ふりそそぐ木香薔薇は
香りの袋をひらき
おずおずと あたりに散らした 
 
芳香に包まれた空気のなか
シュートは上を向き
のびやかに空いちめんにひろがっていく
 
みどりの葉は
世間の汚れも埃もすっきりと洗い流し
なにごともなかったように
つややかに濡れている
 
雲間から
日差しが覗く
 
薔薇は
陽にむかい かすかにほほえむ
明るさしか知らない可憐な顔で
透明な光を抱きしめ
今日よりも明日へと さらに咲きつづける
 

Co-authored with Tatjana Debeljaski 
タチアナ・デベリャスキーと共著





Cleria Ifrim (Romania)

I am longing for my melancholy
                                 

I am longing for my melancholy. 
It stayed with me here, 
all the life.
It cried and laughed with me, 
and every day
we washed together the plates.
In the light of the sunrise 
it was a sun ray. 
In the light of the sunset 
it was a sun ray.
In the light of moon
it was a pearl
that can weep.
Can weep a pearl? 
Yes, the angel answers,
taking lightly himself back,
among the people of the city.


クレリア・イフリム (ルーマニア)

憂鬱に焦がれる
        

わたしの憂鬱に焦がれる
ここで共にあったから
ずっと一緒だったから
毎日を
わたしと泣き笑ったから
一緒にお皿を洗ったから
朝日にあって
それは光の条だったから
月光にあって
それは泣くことのできる
真珠だったから
ええ、天使が応えてくれたから
街の人びとのなかの彼を
そっと連れてきてくれたから



Co-authored with Yoshimasa Kanou
加納由将と共著






Mammad Ismail (Azerbaidzhan)

Hesitations 
         
 
How long  can we swim 
in the local inspiration water, 
How far can we look at the both sides?
We are losing time 
in the state of hesitations. 
We wander around the heart
in a narrow  memory circle 
Searching for a path to the ocean 
same as the  Caspian ! 


マーマド・イスマイル(アゼルバイジャン)

ためらい
 
 
どれくらい 僕らは泳げるのか
いなかの霊感の地場で
どこまで 僕らは両側を見られるのか
時間をなくして
ためらいのまま
僕らは心あたりを逍遥する
狭いところ 記憶の回路を
海洋へとつづく道を探して
カスピ海と同じように!

 

Co-authored with Mieko Yoshino
よしのみえこと共著







Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。