会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"

Member's Room A-C
 

Hanane Aad (Lebanon)

Wish
 
 
The earth smells of slumber.
The hymn has the aroma of freedom.
I long to smell my freedom
before my final sleep.
I long to sing my hymn
before the earth covers me.

アナン・アード(レバノン)

祈り
   
地球はまどろみを感づいている
讃歌は自由の芳香がする
最後の眠りに就くまでに
わたしは自分の自由を感じたい
わたしは自分の讃歌を詠いたい
地球がわたしを覆うまえに



Co-authored with Mariko Sumikura
すみくらまりこと共著





Taro Aizu (Japan)
< Spring >
 
 
In March, I visited a small town near the Nuclear Plant. 
It was hit by a huge tsunami last year. 
A small town there was washed away except for a three-story primary school. 
There remained lots of house foundations marking the old town blocks.
As I couldn’t endure to see them, I turned away to the bright sea. 
 
 
                       
       As if tsunami

had been a fabrication ―

      the calm sea in spring.

会津太郎 (日本)

< 春 >
 
3月の末頃、原発近くの港町へ行った。海岸近くの集落にはただコンクリートの土台が残っているだけで、ほとんどの家は跡形もなく流されていた。その中にただポツンと残っているのは、三階建ての小学校だけだった。見るに見かねて、私は海のほうを眺めてみた。するとそこには明るい砂浜が延々と続き、水平線からは白い波が穏やかに打ち寄せて来る。
 
 
あの津波何だったのか春の海





Co-authored with Shaip Emerllhau
シャイプ・エメルラウと共著





Anna Banasiak (Poland)


日本
 
彷徨う月
生の旋律に
憧れて通る

Japan

the wandering moon
in the melody of life
longingly I pass

わたしの東京
 
夜明けにあなたに会う
過去から身を起こして
美しい庭に咲く
詩と自然の
約束の地
わたしは生きられない
あなたなしでは

My Tokyo

I see You in sunrise
rising from the past
the promised land
of poetry and nature
blossoming like a beautiful garden
I can't live
without You











Profile:
Publications:
"Creation", "Hello Poetry", London
"The Path", Poetry in Surrey Libraries, Surrey
"Varanasi", "Contemporary writers of Poland", (anthology), New York
"The Flavors of Africa", "Poetry Potion", Africa
"The Pilgrimage", Oz Poetic Society, Australia
"The Harp", "Anti-terror and peace":Iflac anthology, Israel
 
"The richness of the soul", "Poets against inequality" (poetry ebook)
'Masquerade', "Voices without veils: Poets Unite Worldwide" (eBook)





Luca Benassi (Italy)

We see geckos sneaking out of crevices
their white, translucent skin glowing
as light traps wading through the darkness
fighting their way into the light
of our civilized world.
They climb out of dreams,
inch after inch, every night,
winners of another time, electric legends
with their gluey legs clawing
at the patio wall, one inch at a time.
We look at them hunting,
chasing moths along the pathless panel
with motionless glaring eyes, we look at them
craving, catching the difference
between living and dying
making love in front of insects faces
longing for artificial moons.
The look at us, standing still,
starving of life in a summer patio
while chasing off love and despair
squandering a mystery of a wild mirror.
 

ルカ・ベナッシ(イタリア)


誘蛾灯に肌が白く、半透明に輝いている
僕らの文明世界へ暗闇から抜け出ようとしている。
 
ヤモリは夢から這い出す
夜毎、一歩ずつ、
一度に1インチ、
パラオの壁をひっかくベトベトする足を持ち、
原始から生存争いに勝った者として
電化文明でも生きる。
 
ヤモリが静止したぎらぎらした目で、
行き場のないパネルを飛ぶ蛾を追いかけ捕まえるのを見る
ヤモリが生きているもの死んでゆくものの違いを
捉え、捕まえようとするのを見る
昆虫面の前でセックスする
人工的な月を待ち望んでいる
何もしないでいるヤモリは人間を見ている。
 
奇怪な鏡の謎のなかでヤモリはダラダラ暮らしながら
愛情と絶望を追い払う一方で
夏の中庭で生きる事を切望している。

Profile










ルカ・ベナッシはローマ生まれ(1976年)のイタリア詩人。
2000年、"Nei Margini della Storia" [In the Sidelines of Histor] ,
2005年、"I Fasti del Grigio" [The Glories of the Grey] , 
2009年、"L'Onore della Polvere" [The Honor of Dust] ,
2011年、"Di me diranno" [I Will Be Told] , "il guado della neve
[the snow ford]である。
また2002年、ジャーメイン・ドルーゲンブロートの"De Weg『道』" [Il Cammino- The Path](I Quaderni della Valle)
の翻訳をした。
2010年、イタリア現代詩の批評『Rivi Strozzati - Poeti Italiani negli anni Duemila』[Throttled Streams - Italian poets in the third millennium]を刊行した。
また、サルヴァトーレ氏とマヌエル・コーエン氏と共に名詩選集(Percorsi of Puntoacapo Publishing)の監修者の一人である。他に
"Il Corpo segreto -Corpo ed Eros nella poesia maschile"
 [The Secret Body-Body and Eros in male poetry]
 (Lietocolle Publishing, 2008) ,
 "Calendario della poesia italiana 2009" [Calendar of Italian poetry]
 (Alhambra Publishing,Bertem Belgium 2008)に寄稿。
雑誌La Clessidra,La Mosca di MilanoAtelierPoeti e PoesiaLinfera
で発表。ネット上でも発表。
La Clessidra』(2004年1月号)でパレスチナ詩人イブラヒム・ナスララの
作品を刊行した。
2008年、ユライ・クビアクの『Čiara horizontu』(Rock Rose Publishing House, Kordiky, Slovakia)の作品を
イタリア語に翻訳。
月刊雑誌『Noidonne,』に現代女流詩人についての批評を編集。
名詩選集『Antologia della poesia erotica contemporanes"
 [anthology of contemporary erotic poetry] 』
(Ati Publishing House 2006) の編者の一人でもある。
"Punto Almanacco di poesia contemporanea"
[Punto Almanac of contemporary poetry] と"Annuario argo"を編集。
2009年、"Magnificat. Poesia 1969 – 2009
[Magnificat – Poetry 1969 – 2009](クリスティーナ・アニノ),
2013年、"Percorsi nella poesia di Achille Serrao"
 [paths through the poetry of Achille Serrao](アキレ・セラーノ), 
"La casa dei Falconi, poesia 1974-2014"
 [hawks house, poetry 1974 – 2014](著名詩人ダンテ・マッフィア)
を編集した。
現在、"Punto Almanacco di poesia contemporanea"
 [Punto Almanac of contemporary poetry]と"Annuario argo"
の編集長である。




Co-authored with Maki Starfield
マキ・スターフィールドと共著





Bengt Berg (Sweden)


Get Ready for a New Day
                       
 
think about love a moment,
know that the road ends
at the same place as it once began
 
Stand still waiting for the rain,
look for a circle in the grass
where we once stood
cup your hand over that spot
(as for protection),
 
think about love, know
that rain will soon start to fall; 
open hand
 

ベン・ベール (スェーデン)

新しい日に備えよ
         
 
愛の刹那を思え
道の果てを知れ
その原点で
 
雨を待って立ち続けろ
草の一年をみよ
我々が立ちし処で
そこで手で受けよ
(防備のために)
 
愛を思え、知れ
雨は降りはじめよう
手を空けよ
 


Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著




Hélène Cardona (France)


Dancing the Dream
                    
 
 
This is a story of flight,
a story of roots,
a story of grace.
I am the wandering child·
Every journey knows a secret destination.
I’ll find my way without a map, rely
on memory embedded in my mother's embrace
on stormy nights at the foot of the Alps.
I’ll find home in the heart
of a rose, retrieve my soul,
anchored in the still point
where psyche rests,
the presence of mystery so luminous
I’m infused with its essence.
I walk the labyrinth, let
go of confined desires.
I rip the vine intertwined around
the umbilical, liberate the letters of
my name. They soar above the ocean
for the falcon to reclaim.
I’m dancing the dream
on the brink of barren ravaged realms.
From volcanic pumice and pure clay
I reap scrumptious blossoms of love,
earth’s sweet and savory ambrosia. 
 


ヘレン・カルドナ(フランス)

夢を舞う
      
 
これは飛ぶお話
根のお話
たしなみのお話
わたしは迷い子だ
どの旅も秘密の目的地がある
地図なしに道をみつけよう
アルプスのふもとで嵐の夜
母の腕のなかで深く根づいた記憶をたよりに
こころのなかにわたしの魂を救う
バラ咲く家を見つけよう
こころを整える
静かなところで投錨した
神秘の存在は発光している
わたしにはそのエキスがただよっている
迷路をあるく
内にこもった欲心を駆けさせよ
へその緒にまきついた蔓をひきちぎり
わたしの名前の文字から
自由になる  それは大洋上に上昇し
馴らしたタカとなる
わたしは荒廃した王国の殺風景な崖のうえで
夢を舞っている
噴火の軽くて混じりけのない土から
わたしは美味な愛の花を手にいれる
地球の甘く香り高い神々の食べ物を

Profile











Hélène Cardona
A citizen of the U.S., France & Spain, Hélène Cardona is a
poet, literary translator & actor. She taught at Hamilton College &
Loyola Marymount University, and received a Master’s in English 
& American Literature from the Sorbonne, fellowships from the 
Goethe-lnstitut & Universidad Intemacional de Andalucía, and 
the Poiesis Award of Honour.
   She is author of Beyond Elswhere (White Pine Press). Her trans-
Lation of Gabriel Arnou-Laujeac, Ce que nous proton (Editions du
Cygne), her translation of Dorianne Laux, and The Astonishe
Universe (Red Hen press). She is notably published in Washington
SquareWorld Literature Today. The Warwick Review, Plume,
Dublin Review, of Books Recours au Poème, The Irish Literary Times, 
Poery International, and co-edits Dublin Poerty ReviewLevure
Litéraireand Fulcrum: An Anthology of Poetry and Aesthetics, She
was guest speaker at Brown University & The Puterbaugh 
lntematjonal Literary Festival at Oklahoma State University.
   Acting credits include ChocolatJurassiWorld, Dawn of the
planet of the Apes, X-Men: Days of future Past, The Hundred-Foot
Journey, Mumford, Happy Feet 2Muppets Most Wanted. For
Serendipity she co-wrote with director Peter Chelsom & composer
Alan Silvestri the song Lucienne, which she also sang.
 
ヘレン・カルドナ(フランス)
米国、フランス、スペインに在住権をもつヘレン・カルドナは詩人、文学翻訳家、俳優。ハミルトン大学とロヨラ・マウント大学で教鞭をとり、ソルボンヌでアメリカ文学の修士号を取得、ゲーテ協会よりフェロー、アンダルシア国際大学から名誉詩人賞を受賞。
「Beyond Wlswhere」の著書。翻訳作品はGabriel Arnou-LaujeacのCe que nous proton, Doriannne Laux. 主な作品は世界文学(ワシントンスクエア)ほか多数に所収。
俳優としては、「ショコラ」を含む「ジュラシックワールド」ほか多数。



Duet of Animals is coming soon!
Co-authored with Taeko Uemura








METİN CENGİZ (Turkey)

NİGHT İN COMO LAKE

 
 
Night 
coats lake Como 
a magical hat 
 
I am the captive of this mortal body
(My journey is from inside to god)
I am rising like a star on the sky
 
 
Translated by Müesser Yeniay
 

メティン・センギズ (トルコ)

コモの夜
      
 
 
夜が
コモ湖に
不思議な帽子を被せる
 
俺はこの生き身の捕虜だ
(俺の旅は内から神へ至る)
俺は空の星のように立ち上がる 
 



Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著




Marius Chelaru (Romania)

The prisoner of oblivion

 
                      to my Grandma
 
for one night I traveled myself to childhood again
where time
pouring me out glass after glass
was waiting for my youth to rise 
beyond my mother’s smile
 
from a tree the buds were waiting 
to spring towards the sun 
a stone was waiting 
for the moment when I shall tread on it
the first kiss was waiting on your lips
everything
was similar to an unrun running 
waiting for the first cry
of a never coming instant
 
The Sky had come down 
on my shoulders 
with the palms of an angel
nobody had any room left 
for memories anywhere inside of me
time
pouring me out glass after glass
was gnawing me as if I were 
a spring tired of so much green
 
I traveled myself back to childhood as far as an illusion
when nobody inside of me had died
it was the rain drops only that were always
fading away
under my soles
cracked by the too tired coming future 
after a “sacrifice” youth ground 
by the barren illusions
of a country hidden from itself 
in the proverbs about humiliation
 
it is time only that keeps laughing when I wake up
turned upside down by the worn-out memories
in the night upside down like 
an abandoned clown costume
the memories are running away 
from me .beyond the pyre 
of thoughts
where my former unformed love stories 
are burning for me
I remain
the prisoner of oblivion


マリウス・チェラル(ルーマニア)

忘却の囚人
 
                     お祖母ちゃんへ
 
一日(ひとひ) ふたたび子供時代へ旅をした
その時代は
僕をグラスからグラスへと注いで
青春時代が昇ってくるのを待っていた
母の微笑みの向こう側で

一本の木からつぼみが
太陽に向かって弾けようと待っていた
一個の石が
僕が踏みつける一瞬を待っていた
ファーストキスがきみの唇で待っていた
すべてのものが
走らぬ競走に似ていた
即には来ない
最初の叫びを待っていた

空は降りてしまっていた
天使の手でもって
僕の肩の上に
僕の内部では思い出がいっぱいで
誰のスペースも隙間ないほどだった

誰も僕にいかなる場にも
内部の記憶のために余地を残さなかった
時間は
僕をグラスからグラスへと注いでいた
僕を蝕んでいた あたかも僕が
豊かな緑に飽いてしまった発条のように

まぼろしの限りに子供時代へ旅をした
僕の身内はみんな他界してしまっている
雨だれのように
姿がうすくなっていく
靴底の下で
疲れ果てた未来が砕ける
ひとりの「犠牲」の後に 青春の地が砕ける
屈辱にかんする諺のなかに
自らを隠された国の
不毛の幻覚によって

いまこそ目覚めに笑いつづける時だ
擦り切れた記憶をひっくり返して
棄てられた王冠と衣装のように
逆さまの夜に
記憶は走り去っていく
僕から 詩想の
焚き木のかなたへ
僕の前の 前にもなっていない恋物語
は僕のために燃えている
僕はまだ
忘却の囚人なんだ
 

Co-authored with Taeko Uemura
上村多恵子と共著





Jorgos Chouliaras (Greece)

Borges in Crete
                
 
We led him precisely to the point
where he imagined he had started.
The stones were intensely hot in the ruins
as the sun now penetrated everywhere
in a methodically uncovered past.
We looked without seeing.
Here must have been that labyrinth
he was telling himself lost in thoughts
uncorrupted by light.
Here it must have been entirely dark
just like now, he was saying, I can see it
while noisily the cicadas
sharpened the bull’s horns.
He must have wandered to the exit
his hand tightly held in a ball
that its end was not visible
not now either if it existed.
Because we lost him from our eyes
in a moment as we were blinded
by the sun giving flight 
in a mythical mirror to the real
idol of a nonexistent world.
 
 
 
Translated by David Mason & the author
 


ヨルゴス・チョリアラス(ギリシャ)

クレタ島のボルヘス
                     
 
僕らは彼が出発したと信じた
場所へ正確に導いた
石は廃墟で強烈に熱かった
今や過去は整然とむきだしにされ
太陽はかしこに差込んでいる
僕らは見ずに目にしていた
ここにはその迷宮があったにちがいない
彼は思いに沈み自らに語る
光によって瓦解はしないと
ここは完く暗かったにちがいない
ちょうど現在のように、と彼は言う、僕には見える
蝉が騒がしく鳴くあいだ 
雄牛の角笛は尖らされ
彼は出口を探して迷ったにちがいない
彼の手は堅くボールをつかんでいた
飛んでいく先は見えなかった
非存在世界の偶像を
神秘の鏡から現実へ
太陽が飛翔させたことにより
一瞬目くらましにあい
僕らは視線から彼を失ったので




Co-authored with Akira Asuka
飛鳥聖羅と共著






Lepota Cosmo (Brazil)

Canção brasileira

Flauta rasga o rouxinol pela metade
No ar de centelhas de prata
Seda cortada por lábio de neve
Sob formosura de tuas fases
Flauta irrisória da peixe verde
Flauta mexendo no peito
Com tuas gotas frias
Seguindo sons de ouro da realidade
Dedos jogando entre as orelhas
Em suas veias turquesas
Espelhos de pele do mar
Trompeta da rima banhada
Luz em tuas coixas
Corre como água sem fim

 
レポタ・コズモ(ブラジル)
  
ブラジルの歌
 
フルートは銀の閃光の大気へ
ナイチンゲールを裂く その半身のために
絹を切る 雪色の唇のため
あなたの色相美のもと
胸のなか移動するフルート
緑色の魚の途方もないフルート
あなたの冷たい雫で
現実の金色の音に続いて
耳のなか遊ぶ指
トルコ石の静脈のなか
 
海の肌なる鏡
トランペットはリズムを浴び
そのの太腿に宿る光に輝き
果てしない水のように滑空する





Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。