会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"

Guest Poet


Mariko Sumikura(Japan)
 
 
Journey of Formula
              
 
 
If the number were the word
The formula would be a poem
 
The poet has an intention
Expecting readers to solve
 
Even numbers and signs 
in right side and left side
 
Coming close
To find a just point
 
Beauteous formula is
Music of perfect harmony
 
God never give a formula
One to enjoy discordance
 
 
 
The circular constant
                         
 
 
A line draws a circle
Comparing with the s0implicity
 
The circular constant never
Divisible by any number
 
Human being has
Divisible ending
Not prominent ending

 
Love of an embroidery master
                      
 
 
Channels of Venice the mature capital
Embrace everything of prosperity and fall
To look like a complicated design of lace
 
An embroidery master’s
New technique, “Stitch in the air”
Detached from the spell of the embroidery frame 
She wished free love too much
 
One needle and a thread
Gave birth to a design of
Geometric love
 
For a white thread is surely tied
To the grand channel
For a white thread is surely led
Into bottomless sea
 
They must meet in time
A line crossing a line and tied,
The knots become a square to join
 
Two gondolas
Nestling close to each other
Oh, drops ahead of the oar
Like immortal words in a poem



すみくらまりこ(日本)
 
式の旅

 
 
数が言葉ならば
式は詩なのだ
作者の意図は
一つの解を待つ
 
右辺の道筋も
左辺の紆余曲折も
近づきあって
やがて一致する
 
美しい式は
完全調和の音楽
破調を好むものに
神は公式を与えない
 
 
 
 
円周率
 
     
 
線が円を描く
その単純さに比べ
 
円周÷直径は
割り切れない
 
大団円という
おおきな結末を
人類は迎えられない
 
 
 
刺繍師の恋
       
 
 
 
栄えと滅びを知り尽くす
円熟の都ベネチアの運河は
レースの模様の複雑さ
 
ある刺繍師の新しい技
「空中ステッチ」は
刺繍台の呪縛を離れて
自由な愛を求めすぎた
 
針一本と糸一本で
浮かし出した模様は
幾何学の恋ごころ
 
白い糸は必ず大運河へと
繫がっているのだから
白い糸は必ず底無しの海へと
繫がっているのだから
二人が逢えないはずがない
線と線は幾重にも交差し
結ぼれは出会いの広場となる
 
互いに擦り寄ってくる
二艘のゴンドラ 
その櫂の先のしずくよ
不滅の言葉となっておくれ
 












Mariko Sumikura was born in Kyoto (1952), Poet, essayist.
Graduated from Ristumeikan University.
Representative of Japan Universal Poets Association, 
Chief-in-editors of online international journal "Poetic-Bridge: Ama-Hashi" and JUNPA BOOKS. 
Main publication: "Kokoro Kaoru Hito"(A Woman Scented) " Yume Tsumugu Hito"(A Woman Spinning a dream”," Hikari Oru Hito"(A Woman Weaving Ray of Light) , "Ai Matou Hito"(A Woman Wearing Love)," Tsuchi daku Masurao"(A Man Embracing the Earth). 
“Duet of Flowers” co-authored with 
Hanane Aad (JUNPA, 2016)
“Duet of Forests” co-authored with 
Gabriel Rosenstock (JUNPA, 2016)
“Duet of Formula” co-authored with 
Laura Garavaglia (JUNPA, 2016)
She had participated in the 49 Struga Poetry Readings
in 2011 
and Jan Smrek International Literary Festival in 2012
europa di Versi (Como, Italy) in 2015, 
Mihai Eminescu International Poetry Festival
 (Craiova, Romani) in 2015
Award: "Mina wo Tonaete
(“Uttering Her Name” by Gabriel Rosenstock) won
the Translated Irish Literature Award 
by Ireland Literature Exchange in 2012.

すみくらまりこ。詩人、エッセイスト。京都生まれ。日本国際詩人協会代表。国際詩誌「詩の架け橋:天橋」編集主幹。主な著書:『心薫る女』『夢紡ぐ女』『光織る女』『愛装ふ女』『地抱く男』(いずれも竹林館)『花の二重奏』アナン・アード(レバノン)と共著、『森の二重奏』ガブリエル・ローゼンストックと共著、『式の二重奏』ラウラ・ガラヴァリアと共著(いずれも日本国際詩人協会)、映像詩「花の書」「水の書」。海外詩祭招待参加:2010年第49回ストルーガ詩祭(マケドニア)、2011年ヤン・スムレク国際文学祭(スロバキア)に参加。2015年コモ詩祭(イタリア),2016年ミハイ・エミネスク詩祭(クラヨバ、ルーマニア)に参加。受賞歴:『 御名を唱えて』は2012年アイルランド文学交流協会より翻訳出版賞を受賞。










The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with Laura Garavaglia

JUNPA5周年記念出版
式の二重奏
ラウラ・ガラヴァリアと共著



式の二重奏。ラウラ・ガラヴァリアは、数学博士号をもつだけに数学史に功績を残した数学者にオマージュを捧げた。すみくらまりこは和算残した数学者歴史に思いを寄せる。東西詩人が数学をモチーフにした対話。









Co-authored with Hanane Aad
アナン・アードと共著



花の二重奏。レバノン女流詩人のアナン・アードとの共著。
ジャスミンと桜。そんな対照的な花のイメージが繰り出す世界は、酷なリアリティを昇華するアナン・アードと美しい花に人間の本性を問うすみくらまりこの哲学的対話となった。










Co-authored with Mikhail Shinelnikov
ミハイル・シネルニコフと共著



ロシア詩人のミハイル・シネルニコフの扱う詩は、誰もが知る普通の生活、お針子や古里の情景。詩人の共通のテーマは絹。強く優しい絹は、詩人の言葉でもある。








The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with Gabriel Rosenstock
JUNPA5周年記念出版
ガブリエル・ローゼンストックと共著



森の二重奏、そこは木々に守られたひとつの生物の世界。太陽のめぐりと雨のみに動植物がひっそりと息づいている。そんな森と森が歌い上げる。「逆光の森」は、さまざまな言語に訳され収録されている。ガブリエル・ローゼンストックの俳句には挿絵が配されている。





Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。