会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Laura Garavaglia (Italy)
 
 
The music of the spheres
                     (Pythagoras)             
    
 
 
The full secret of the harmonic series
In the brimful urn
struck by the hammer.
The road running between numbers and tones
merging in light.
Formula and sound, sequence of fractions,
the only dimension of beauty. 
 
 
  
Cogito ergo sum
               (Re Descartes)
  
                      
  
You were thirsting after the reality of the Universe,
Thought and Extension
concept and intuition.
The clarity of numbers
shapes all forms.
The mind's footprint
is the viable method,
opalescent truth. 
  
 
Fibonaccis numbers
              (Leonardo Pisano, known as Fibonacci)
          
 
 
That bridge between East and West
built on numbers.
You grasped the greatness of Arabian merchants
and your stunning genius was universally admired
at Frederick II's court.
The abstrac perfection of those signs,
the magic series hidden
in the alchemic beauty of the shell  
and the falcon's mystery in his flight,
later on described by Pacioli, 
divine proportion. 
 
 
ラウラ・ガラヴァリア(イタリア)

 
「数と星」より 
球体と音楽      -ピタゴラス-


           
小槌が鳴らす
縁まで水を満たした壺は
連続調和の秘に満ちて。
拍数と音符を奏でれば
光りに包まれ。
数式と楽音 小数がとどまらず
美の唯一つの次元へ。
 
 
 
我思う、故に我あり   - ルネ・デカルト-
  
 
                   
宇宙の現実と渇望。
思考と膨張
観念と直感。
数の明快さは
形を決定する。
魂の足跡は
実践の手法
乳白光の真実。
 
 
 
フィボナッチ数
       フィボナッチとして知られる-ピサのレオナルド-
         
 
 
東西を結ぶあの橋は
数字で架けられている。
あなたはアラビア商人の偉大さを心得て
異才はフレデリック二世の宮廷で
世界的に賞賛された。
かの記号の抽象的完璧さ
その概観の魔力ある美には
魔法系列が隠されていた
そしてハヤブサの飛行の謎が
のちにパチョーリにより
神授比例法と記述された。
 
 
 
「数と星」より
 













Laura Garavaglia was born in 1956 in Milan. 
Nowadays, she lives and works in Como.
She contributed to the cultural pages of newspapers 
“Il Giornale”, “Il Corriere di Como” and “L’Ordine”. 
She has been teaching Italian Language and
Italian Literature in the High Schools for many years. 
In poetry she published: Frammenti di vita -Fragments of life- (Il Filo 2009), 
2 award “Opera Prima Edita” at the
 “Circe Award, one Woman, Many cultures”, 
Monterotondo (Rm); 
Farfalle e Pietre -Butterflies and stones-,  
(LietoColle Editore,2010) Jury’s award
at the literary contest “Alda Merini”, Brunate (Co), 
mention at Literary Award Albero Andronico , Roma, 2011,
 La simmetria del gheriglio
Simmetry of the kernel, Stampa Editore, 2012 finalist 
at International Poetry Award “Mario Luzi” 2013,
 II Edition in three languages (Italian, English, Romanian); 
Correnti ascensionali, Thermals, CFR 2013,
II Edition in four languages
 (Italian, English, Romanian, Spanish);  
 Numeri e Stelle, Ed.  Ulivo,
2015 mention to the Poetry Award Pontedilegno 2016,
 in four languages (Italian, English,Romanian,Spanish). 
Duet of stars, JUNPA, 2014,  Duet of FormularJUNPA, 2017. JUNPA Legend Award 2017
 
ラウラ・ガラヴァリア。1956年ミラノに生まれる。
現在はコモに居住。
彼女は新聞「Il Giornale」「Il Corriere di Como」「L’Ordine」の文化欄を執筆しており、高校ではイタリア語、イタリア文学を教えている。詩への関心はずっと持っているところである。未公開詩集が新聞「La Stampa」のコラム「Dialoghi in versi」のなかでイタリア詩人マウリツィオ・クッチにより推薦された。詩では、2009年に「Frammenti di vita -Fragments of life- 」が出版され 2 award “Opera Prima Edita” at the “Circe Award, 
one Womanをはじめ数々の賞を受けた。
2017年度JUNPAレジェンド賞受賞。
彼女の詩は、マウリッツオ・クッチ、ジャンラルロ・モジョリーノ、デ・アヘリス、ジャンペロ・ネリ、マリオ・サンタゴスティーニ、ジルベルト・イセラ、ヴィヴィアン・ラマルク、ドナテッラ・ビスッテイ、ピエラ・マッテイ、マリー・バーバラ・トルソなどに評価された。彼女の作品は英語、ルーマニア語に訳されている。また数々のアンソロジーに所収されている。彼女は、2012年コペンハーゲン国際詩祭、2014年アンタレス詩祭に招へいされた。彼女は「コモ詩の館」の館長である。



























The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with Mariko Sumikura
JUNPA5周年記念出版
すみくらまりこと共著


式の二重奏。ラウラ・ガラヴァリアは、数学博士号をもつだけに数学史に功績を残した数学者にオマージュを捧げた。すみくらまりこは和算残した数学者歴史に思いを寄せる。東西詩人が数学をモチーフにした対話。






Co-authored with Kikumi Shimoda
下田喜久美と共著



星の二重奏。イタリア詩人ラウラ・ガラヴァリアの感性は理性のフィルターを通すことにより叙情に流されることはない。そしてミクロからマクロへ自由にフォーカスをする。下田喜久美もまた独特の世界観をもっている。ラウラ・ガラヴァリアの詩に現れる世界を感じ取りながらも下田喜久美は、独自の宇宙観を書き下ろした。「わたしたちのオーロラ」「宇宙の蝶」は、歌曲として演奏されている。星と星が空で符号を交わすような美しい二重奏。


Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。