会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Kikumi Shimoda (Japan)


A tornado
      
        
    
Wave and Time
Relaxed in calm light
Suddenly sore up to the sky 
Like a spiral staircase  “Air pressure” has come up
With a rapid wind with accompanied whirling petals of flowers
Where does a tornado come from?
We know it could live through all eternity”
A seed is caught in a magnetic power of light
And landed on the earth by a tornado
It seems to happen only in a moment that infinite universe
Can touch our five senses to tell our time on the earth
Our world expands to be like a big circle
Roads are tied up next to next
The world around us begins to  breathe with warm beating
Some seep existence turns the world into the crystal earth
Distributed unevenly, 
We get a cradle in our altering ego
Scattered in the space like a tornado   
It is living and its chain of changing brings a news of a flowery bed
Its sounds like a splinter and sprinkles the fragrance of the petal on our world


Snows Thought 
                        
 
Endless journey 
From the origin to the heaven
The snow spreads her cloth embracing my pond of the God
 
The snow showing pure white
Covering over dirty things on the ground
Pure white is belonging to severe world
Where the life and the death are coexist
Painful white it is
 
Alcohol is floating in starry universe
May be my friends drunk up them
 
The particles are not less than poppy seed
Not wider than their playing along
They whisper to everything in chilly air
I feel my life even if they are seen or not
 
Memory must be the best way for me
To express amplification and resonance in the particles
 
Who knows that an intention is dwelling there?
Having intention it is living present
From the mountain to the sea, in creatures, in animals
To anywhere
 
It draws a map in the memory and sways on
In visible world or invisible world


下田喜久美(日本)

 
竜巻
   
 
柔らかな光に たゆとうていた
波と時間が
急に 空へと舞い上がる
吹き上げる気圧の らせん階段
すばやい風に すばやい花びら
何処から来たのだろう
一瞬に永遠を生きることを 知っている
種子が光の磁場を浴びて
竜巻と共に着地するとき
宇宙にとって ほんの少しの時間の むこう迄
五感は時の中に刺さったまま 美しく生きるのか
その地点から世界は おおいなる円としてふくらみ
道 は生まれ
暖かい鼓動とともに 息づき始める
深く在ることは深く世界を体現している水晶 
遍在する私達は宇宙に広がったみずからの
分身の中で、ゆりかごを獲得する
竜巻は生き物でありその連鎖は花壇のにゅーすを伝えてくる
音は破片と 花びらの香りとを



雪の思いは
  
  
 
 
いつまでも続く物語の 旅源流から流れ来て天へ行き私のカヌマを抱いて舞つつ羽衣を広げる
 
うつくしい!とみられてゆく野のよごれを覆い隠すのですよ
純白は厳しさの世界
生と死が同居している
目すら痛い白
 
星々の宇宙には地球の友達の飲んだアルコールが浮かんでいる
 
芥子粒に泊まっても小さすぎず
宇宙に浮遊しても広すぎず
絶えず寒さの中では万物にささやいているのです
見えるときも見えないときも 私はいつも生きている
 
私は記憶することが第一であり増幅と共鳴とを
その結晶の形で自己表現しています
 
そこに宿る意志があると誰が知ってくれるでしょう
しかし意志を宿してもう永劫を生きており
山から海へ、生き物のなかへ、動物のなかへ
どこにも遍満しています
 
心の地図を抱きつづけ そよぎつづけている
 
見えるときと見えないときとを生きるのです
 












Kikumi Shimoda was born in Osaka,Japan. Poet. 
Memberships: the P.E.N (Japan), the Japan Universal Poets Association, the Japan Child Literature Association
the Poetry Reading Circle "Konote" (1973 to present.) 
 Founder of a Musical Project 
“Creative Songs for Kids- Golden Net”
She was awarded Excellent Poet for JUNPA Award 2013
Recent publications: "Start no asa (Rakuda Shuppann), 
"Siena no Shigen (Little Gulliver sha), ”Poetry Collection”,
Ashikusa ni hikaru kumo” no mine”(Terainku sha),
"Kaju-en (The Grove)"(2013),
 “Lirical Songs by Poems of Kikumi Shimoda” (2013),
The Stars’ Duet”(2015) co-authored with
Laura Garavaglia (Italy),
 “Duet of Snow”(2016) co-authored with 
Pia Tufdrop (Denmark)
She was Invited by Struga Poetry Evenings 2013, 
Mihai Eminescu Poetry Festival (Romania, Craiova 2015)
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival in 2017

下田喜久美。詩人、大阪生まれ。所属団体:元日本ペンクラブ会員、日本国際詩人協会、日本児童文学者協会、日本詩人クラブ、詩と童話「このて」代表、創作童謡の会「黄金のあみ」発起人、世話人。著書:詩集「シエナの始源」リトルガリヴァ-社、『下田喜久美詩選集』、『あし草に光る雲の峰』てらいんく社、『スタートの朝』らくだ出版など11冊。日英バイリンガル詩集『果樹園』(2013)『下田喜久美の詩による歌曲集』(2013)『星の二重奏』(2015)ラウラ・ガラヴァリアと共著。日本国際詩人協会発行。『雪の二重奏』(2017)ピーア・タフドロプと共著(近刊)。マケドニア・ストルーガ詩祭(2013)、ルーマニア・クラヨバノミハイ・エミネスク詩祭(2015)に招聘され朗読。JUNPA設立5周年記念国際詩祭で朗読。
受賞:日本国際詩人協会優秀賞受賞(2013)。































Co-authored with Laura Garavaglia
ラウラ・ガラヴァリアと共著



星の二重奏。ラウラ・ガラヴァリアの詩に現れる世界を感じ取りながらも下田喜久美は、独自の宇宙観を書き下ろした。「わたしたちのオーロラ」「宇宙の蝶」は、歌曲として演奏されている。星と星が空で符号を交わすような美しい二重奏。








Duet of Snow
Co-authored with Pia Tafdrup
雪の二重奏
ピーア・タフドロプと共著




雪の二重奏。デンマークの女流詩人ピーア・タフドロプと下田喜久美は2013年のストルーガ詩祭で出会った。「雪」をテーマに、互いに重厚な思想と深い情熱をこの詩集に集めたもの。「お茶会では、雪が最高のおもてなし」という下田の新作で茶道の精神性をあらわした詩も注目に値する。

 
Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。