会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
JUNPA
 (Japan Universal Poets Association) 
日本国際詩人協会
 
(Illustration by vpweb free collection)
         
Establishment of the Japan Universal Poets Association (JUNPA)
 
1. Background of the Establishment
 
On December 9, 2010 we organised a poetry reading event called “Eastern and Western Poets in Sympathy" at the Kyoto City International Foundation, attended by two guest poets from overseas and 22 Japanese poets. Three other overseas guest poets were not able to visit Japan this time,  but also contributed their poems to the booklet "Collection of Recited Poems".
 
The event was a success and the booklet and a DVD containing the recording of the recitation were also favourably received.
Everybody could fully enjoy the event, because each poem was read both in English and in Japanese, and the overseas poets explained the different cultural background of their poems.
 
An international poetry-event like this is a rare thing in Japan and many participants left comments saying that it was a very impressive and stimulating day. With many voices from all over Japan requesting not to make it a one-time event, and with the equally enthusiastic overseas poets expecting a follow-up to this event, we have come to the conclusion that it is important to found a supporting body for future international exchange activities.
That's why we establish the Japan Universal Poets Association (JUNPA).
 
All this is possible thanks to the strong support of Dr. Milan Richter, vice president of The World Congress of Poets (WCP), and Dr. Germain Droogenbroodt, secretary general of the congress, as well as to the leadership of Mr. Arima Takashi, president of the Kyoto Poets Association. Furthermore Ms. Mizusaki Noriko is also to be thanked for maintaining a wide international network of poets.
 
2. Purposes of the Establishment
 
We are founding this association for those interested in supporting on a voluntarily base overseas activities of Japanese poets and activities of overseas poets in Japan. Such activities include recitations, workshops, and contributions to international poetry festivals.
Another important tool in our search for cultural exchange through poetry is the international poetry journal / website "Poetic Bridge: AMA-HASHI (天橋) www.ama-hashi.com
 
In this journal we want to collect a wide variety of poems from all over the world, accompanied by a translation into Japanese or English.
More than anything we hope that these activities will bring together people from different parts of the world, young and old, established and new talents, poets and other artists (musicians, painters, calligraphers, video-artists,....) and will give local people in Japan and abroad the opportunity to appreciate poetry they otherwise wouldn't have access to.
 
It is hard work for a few volunteers to translate this philosophy into reality and it costs to organise a conference or to issue a poetry journal. Founding this association will make it possible to apply for financial aid programs in order to fund events and translation activities. It will facilitate us to invite celebrated poets to Japan by covering for example their accommodation expenses.
The events we organise stimulate the local economy, and this would in turn open up the road for sponsorship and the interest of mass media.
 
Surely we will encounter a variety of difficulties, but it is important to take action now lest this chance go away. Therefore we would like to start with a modest organization and gradually expand. When our activities begin to flow, we can attract more people, valuable for our association.
We sincerely appreciate your support. If you are interested, don't hesitate to contact us.
 
3. Organizational Structure
 
Chair of Directors Board  Mariko Sumikura
Members of Directors Board
Arima Takashi, Uemura Taeko, Mariko Sumikura (Chair), Inoue Tetsuji
 
 
 
      日本国際詩人協会(JUNPA)設立について
 
1 設立の経緯
 
 2010年12月9日に京都市国際交流会館にて「響き合う東西詩人―ポエトリーリーディング in Kyoto」を開催したところ、ゲスト詩人2名(1名はビザの取得不能で来日できず)、日本詩人22名の参加を得、成功裡に実施することができました。また来日はできないものの誌上参加(代読で朗読)の海外詩人も3名ありました。
 たった一日の開催ではありましたが、海外詩人の朗読を聴き、説明を受け、英文および和文テキストを読み、十二分に詩を堪能することができました。日本詩人も日本語と英語で朗読しました。国際詩祭ではあたりまえの光景ですが、日本国内でこのような朗読会は珍しく参加者の多くは印象深いと同時に刺激を受けたという感想を寄せられました。
 
これを一回きりにせず、また機会があれば継続してほしいという国内の声、また海外詩人からは是非とも続けて欲しいという声があり、何とか次のステップをと模索した結果、このような詩人の国際交流活動を支援する会を設立し、組織的に行うことが肝要であるという結論に達しました。朗読会の際に印刷発行した「朗読詩集」(別冊付)、制作発行したDVDもたいへん好評でした。
 これもひとえに世界詩人会議副議長ミラン・リヒター氏、同事務局長ジャーメイン・ドルーゲンブロート氏の強いバックアップと、京都詩人の会代表の有馬 敲氏のリーダーシップによるものであります。そして水崎野里子氏のご実績が語られますように幅広い世界詩人との人脈が土台にございます。
 
 そのような経緯により、海外における日本詩人の活動、海外詩人の日本での活動を支援し、また育成することを目的に有志相集まり、本会を結成するものであります。少しでもご関心を持たれましたら、本会を支えていただきますようお願いいたします。
 
 また、本会が設立すれば、財団等にも開催・翻訳の資金援助が申請でき、採択されましたら著名な詩人を招へいすることも可能です。滞在費、開催費、事務費もそこから支出できますので、特定の人々の負担になることもございません。また、これらは経済活性化にもつながることでありますので、イベントが決まれば、スポンサーも団体名で依頼できますし、メディアの対応も可能となってまいります。 
  以上のことが経緯となっております。
 
 
2 設立趣旨
 
 まず国際詩誌「詩の架橋:天橋」の発行がメインでございます。あとは、海外詩人が来日されましたら、日本詩人と膝を交えて朗読会やワークショップを行い、交流を深める。国際詩祭にたいする貢献も視野に入れております。何よりも若手人材を育成したい、学生や若者の関心を喚起したいと思っております。また住民に詩朗読鑑賞の機会を提供すること、また音楽・絵・書とのコラボレーションも考えております。
 
 また、創立の理念はたいへん高邁ですが、行う仕事は地味であります。無給ボランティアでありましても相当に過重な仕事です。会議の設営、詩誌の発行にも経費がかかります。いろいろな困難があることは予想に難くありませんが、何もしないと機運を逸してしまうこととなりますので、まずはささやかな組織体制によりスタートいたします。順調に稼働し、関心が高まり、会の活動が社会に認められ評価されてきましたら、拡大をしていきたいと思っております。
 
どうか各位のご理解とご協力を賜りたいと切に願う次第です。
 
                       
 
理事会  有馬敲
     上村多恵子
     (代表)すみくらまりこ
 
4.ロゴ
  本会の印刷物、電子出版等に使用する。ロゴ使用はいかなる場合も許諾を条件とし、無断使用を禁ずる。(デザイン著作権は浜田千秋氏に属し、当会は制作者より公式利用にかんして使用許可を得ています。)
  ロゴ使用例
 
連絡先(入会希望、質問、取材など)
  事務局  editors@ama-hashi.com
 
 


Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。