会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Interview

海外詩人にテーマを決めてインタビューする企画です。

Laura Garavaglia, Donatella Bisutti on Road and Poet 2014
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rafael Soler on Port and Poet 2013
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gabriel Rosenstock on Poetry and Art 2011
Hughes Labrusse on Poetry and Art 2012
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 


 photo by Ms.Funato



Tomas Venclova on Poetry and tTanslation 2011
 
 
トーマス・ヴェンクローバと詩の翻訳
 
Introduction by Caron Stijn, interviewer.
(recorded on August 2, 2011)
 
"I translate into Lithuanian because I consider it my mission. In the Soviet period Lithuania was very isolated. 
We knew little about international poetry. 
We had some idea about the nineteenth century poets, 
we knew Shakespeare, Homer, Ovid, 
but we didn’t know much about new poetry.
So I did my best to get Lithuanians acquainted with modern poetry.’
 
On a hot August day in Kyoto 2011 we had the honor of
asking some questions about poetry and translation to Tomas Venclova,
a Lithuanian poet, translator, scholar and author.
 
「わたしは使命感をもってリトアニア語へ翻訳をしています。
旧ソビエト時代リトアニアはまったくもって孤立していたのです。世界の詩について殆ど知りませんでした。19世紀の詩について知ってはいました、
たとえばシェイクスピアやホメロス、オビッドなど、でもわたしたちは新しい詩について知らなかったのです。だからわたしはリトアニアの人々に現代詩を知らしめようと最善を尽くしたのです。」
 
2011年の京都、ある暑い日にわたしたちはリトアニアの詩人、翻訳者、学者であり著者であるトーマス・ヴェンクローバにいくつか質問をさせていただきます。
 
Venclova has translated prose and poetry 
from a wide range of languages. 
His poetry translations include for example: 
from Russian Joseph Brodski,and Boris Pasternak, 
from Polish Cyprian Norwid, the great classic of the nineteenth century,
 and Wisława Szymborska; 
from English Dylan Thomas, W. H. Auden, 
T. S. Eliot  (The Waste Land), Shakespeare 
(The Tempest which was staged, 
although it was not the first translation into Lithuanian. 
All of Shakespeare had already been translated by others);
 from French SaintJohn Perse;  from Spanish García Lorca;
 from (New) Greek Kavafis (whom he loves). 
Recent translations are a poem by Anthony Hecht and as a gesture
 for the Chinese poet jigi Bajia he presented the poet on a seminar 
in Beijing  with a Lithuanian version of ‘Visiting Dante’. 
Translating an already translated text is something Venclova rarely does, 
because he thinks one should know the language of the original poem. 
 
ヴェンクローバは広範囲の言語から散文や詩を翻訳してきました。
彼の詩の翻訳は、例えば、ロシア語からヨゼフ・ブロツキー、そしてボリス・パステルナーク、ポーランド語からサイプリアン・ノーウィッド、19世紀の偉大な古典派です。
そしてヴィスラウ・シンボルスカ、英語からはディラン・トマス、W.H.オーデン、T.S.エリオット(荒地)、シェークスピア(テンペストは上演されました、しかしながらそれはリトアニア語への初めての翻訳ではありませんでした。
シェークスピアの全作品はすでに他の人により翻訳されておりました)
 
フランス語からはサン・ジョン・ピアス、スペイン語からはガルシア・ロルカ、
新ギリシャ語からは彼が好きなカバフィスなどです。最近の翻訳はアンソニー・ヘフトによる詩、中国詩人 Jigi Bajia にとってのジェスチャーとして、彼は「ダンテを訪ねて」のリトアニア版を北京のセミナーで詩人に贈ったものです。
すでに翻訳されていたテキストをヴェンクローバはめったいにしないのですが行なったもの、なぜならこれはオリジナル詩を知るものがしなければならないと考えたからです。
 
Interview and Tapewriting by Caron Stijn
Japanese Translation by Mariko Sumikura 
 
 
 
 
We appreciate very much Tomas Venclova to accept our proposal the interview and permission to publish the text in this journal. 

トーマス・ヴェンクローバ氏がインタビューに応じて下さったこと、テキストを本誌にて発表することを許可してくださったことに感謝の意を表します。
 
 
 
 
 

Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。