会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet
 

Hiroshi Taniuchi (Japan)

Dream of volvox*
          
 
At the sacrifice of one thing
what i could finally protect is
a treasure of a coward
 
 
For those who lost blankets
what blocks wind and rain is
a roof like father's back
 
Under the moonlight
under the star blinks
i collect fragments of sleep
 
Someday
i'll spend time with my loved 
the happiness could be more
 
So far
i've spent time with my hatred
the pain could be more 
 
A thorn stabbed deeply
makes blood bleeding if picked out
so i remain it
 
Someone breaks
the promise with me
and the pain of despair runs my inside
 
I'll break
the promise with someone
and the pain of regret cures my inside
 
With a humiliation that a spine stabbed me
with a reaction that i want to pull it out
with an impulse that i want to pierce it more
 
Increasing my consciousness of I
gathering my consciousness of I
believing in my consciousness of I
 
My dream
is hiding
in my hands
 
From the loneliness
to the society
the form of primitive dream is evolving
 
 
* Volvox is a kind of microorganism (phytoplankton).
Its form is Coenobium; a group of cells with a large number of flagellated cells.


Way to goal & way to home
              
      
 
a song of insects
has moved somehow
from higher
to lower
i stay yet
at a little high
to gaze at
a red dragonfly
hovering and flitting
mountain's curve
like my grandma's back,
summer's back and people's back
leaving far away
i stir them with my finger
round and round
a cloud of flame
has moved in a moment
from higher
to lower
i stand again
at a little high
to think that
today i'm going to change
the way to goal and the way to home 


 
タニウチヒロシ(日本)


ボルボックスの夢
    
 
 
臆病者の宝物は
一つを犠牲にして
やっと守れたもの
 
毛布を失くした人に
雨風を凌いでくれる
父のような背中の屋根
 
月明かりの下で
星の瞬きの下で
眠りの欠片を拾い集める
 
いつの日か
愛する人と一緒に過ごせる
幸せの方が
 
これまでに
憎しむ人と一緒に過ごした
痛みの方が
 
深く刺さった棘は
抜けば血が噴き出す
だからそのままに
 
約束を
破られ
絶望の痛みが張り裂けても
 
約束を
破って
後悔の痛みで紛らわせる
 
棘を刺された屈辱と
棘を抜きたい反応と
棘をもっと突き刺したい衝動と
 
ワタシの意識を増やして
ワタシの意識を集めて
ワタシという意識を信じて
 
夢を
手の箱に
隠している
 
孤独から社会へと
進化していく
原始の夢のカタチ
 
 
 
*ボルボックスは、微生物(植物プランクトン)の一種。
鞭毛を持った細胞が多数集まった細胞群体。


いきさき、かえりみち
   
 
 
むしのこえが
 
たかいとこから
 
ひくいとこへ
 
なぜか、いどうしていた
 
ぼくはまだ
 
ちょっとたかいとこにのこって
 
あかとんぼの
 
とまって、とんで、を
 
ずっと、めでおいかけて
 
ばあちゃんのせなかのような
 
やまのきょくせんと
 
とおくににげてく
 
なつのせなかとおとなのせなかを
 
ぐるぐるゆびでかきまぜる
 
まっかなくもが
 
たかいとこから
 
ひくいとこへ
 
いっしゅんでいどうした
 
ぼくはまた
 
ちょっとたかいとこにのぼって
 
いきさきとかえりみちを
 
きょうはかえてみようとおもった















Hiroshi Taniuchi was born in Kyoto, Japan. Poet, Translator,
 a board member of Japan Universal Poets Association
 (JUNPA) 
He studied Integrated Arts and Sciences at 
Osaka Prefecture University. 
He was awarded Award for New Face Poet, 
JUNPA Award, 2011, Japan,
 international award “Bridges of Struga”, 2011, 
Struga in MACEDONIA.
 Invited festivals are Struga Poetry Evenings
 (2011, Struga MACEDONIA),
 Curtea de Arges Poetry Nights
 (2014, Curtea de Arges ROMANIA), 
Morocco in 2016.
UNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival in 2017
 -Bibliography:
“Plus One Word To The World” (JUNPA Books, Kyoto, 2011 
(1 Poetry Collection).


タニウチヒロシ。詩人、翻訳家。京都生まれ。
日本国際詩人協会会員。
大阪府立大学総合科学部卒業。受賞歴:2011年、日本国際詩人協会新人賞(日本)、2011年、ブリッジオブストルーガ賞(マケドニア)、招待参加:2011年、ストルーガ詩の夕べ(マケドニア、ストルーガ)、2014年、クルテアデアルジェス詩の夜(ルーマニア、クルテアデアルジェス)、2016年 モロッコ
著書:2011年、「世界に言葉をひとつ加えて」“Plus One Word To The World” 
(第一詩集、JUNPA Books)、第二刷(2016)


























by Hiroshi Taniuchi
タニウチヒロシ著


詩人が修練しても超えられない作品が第一詩集である。その純粋な湧き水より美味しい水がどこにあるだろう。この詩集を契機に、ストルーガブリッジ国際詩人新人賞を得て、大きく飛躍したタニウチヒロシには海外のファンが多い。




Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。