会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Gabriel Rosenstock (Ireland)
 

will ye no’ come back again?
 … I never left
     whisper in the reeds

 

holder of all emptiness
in your empty sporran –
     bloomin’ heather
 
 

with your mattucashlass
perform brain surgery on all  –
waterfall roar
 
 

the moors are desolate
where are all the bonfires?
frozen moon
 
 

whiskey –
it was made for you –
   grouse in the gloaming
 
 

this world
this queer round thing
   singing bowl
 
 

Three that won’t bear caressing
An old woman, a hen, and a sheep
 
 

reverence and irreverence
the tight-rope we walk together –
oops!
 

your short life –
your life eternal . . .
bog cotton under a full moon
 
 

leprechauns!
last man in the universe
to believe in them
 
 

come with me, will you not come
to the woods of Hallaig?
time is a deer
 
 

form is emptiness
emptiness form –
a mermaid dives
 
 

There will not be one wise man
Among a thousand fools
 
 
 From “Antlered Stag of Dawn”





ガブリエル・ローゼンストック(アイルランド)
 
戻りはすまい
  葦むらに囁きなど
                      残しはすまい
 

 
虚無の保持者よ
  それは空財布―
   花咲くヒース
 
 

懐剣で
みなに脳味噌手術施しき
 瀧の轟きよ
 

 
湿地荒れ
       篝火いずこ
        凍り月
 

 
ウイスキー
       君がためにぞ作らるる
        黄昏の雷鳥よ
 

 
この世界
          奇妙で丸いこのものは
           歌う鉢
 

 
  愛撫に耐えられぬこの三つ
       老女 雌鳥 羊
 

 
敬意と不敬
       我ら共々綱渡り―
        おっと!

 
 君 短命―
       君 永遠の命・・・
        満月下 沼の綿


 
レプラコーン(小妖精)よ
        宇宙で 最後の最後に
         信じるにたる者よ
 
 
付いてこい
       ハライグの森へこないかい?
        時は鹿なり
 
 
形は無い
 虚しい形―
  人魚の飛込み

 
一人の賢人も出ないだろう
    この何千もの愚者のなかからは
 
 
 『夜明けの牡鹿』より  








Gabriel Rosenstock was born in 1949, Kilfinane, 
Co. Limerick, in postcolonial Ireland. 
Poet, haikuist, essayist, novelist, playwright 
author/translator of over 180 books, mostly in Irish.
Member Aosdána (Irish academy of arts & letters), 
Lineage Holder of Celtic Buddhism, 
Former Chairman Poetry Ireland/ Éigse Éireann, 
Corresponding Member Hellenic Authors’ Society, 
Member of the Board of Advisors to Poetry India, 
Honorary Life Member Irish Translators’ and 
Interpreters’ Association,
Honorary Member European Haiku Society.
Taught haiku at the Schule für Dichtung (Poetry Academy), 
Vienna,  and Hyderabad Literary Festival.
Prolific translator into  Irish of international poetry
 (among others Ko Un, Seamus Heaney, 
K. Satchidanandan,Rabindranath Tagore, 
Muhammad Iqbal, Hilde Domin, 
Peter Huchel), plays (Beckett, Frisch, Yeats) songs
(Bob Dylan, Kate Bush, The Pogues, Leonard Cohen,
Bob Marley, Van Morrison, Joni Mitchell.
 His Irish-language singable versions of Lieder 
and art songs may be enjoyed at
 
He also writes for children, in prose and verse. 
Haiku Más É Do Thoil É! (An Gúm) won the Children’s Books Judges’ 
Special Prize in 2015. 
Gabriel gave the keynote address to Haiku Canada in 2015. 
Represented in Best European Fiction 2012
(Dalkey Archive Press) and Haiku in English: 
The First Hundred Years (W. W. Norton & Co. 2013). 
Books Ireland, Summer 2012, 
says of his novel My Head is Missing:
 ‘This is a departure for Rosenstock but he is surefooted 
as he takes on the comic genre and writes a story 
full of engaging characters and a plot that keeps
 the reader turning the page.’ 
Where Light Begins is a selection of his haiku.
The Invisible Light features haiku in Irish, 
English, Spanish and Japanese with work 
by American master photographer Ron Rosenstock
with whom he worked on the DVD The Light Within
JUNPA Legend Awaed 2017

ガブリエル・ローゼンストック(アイルランド)

 
ガブリエル ローゼンストック。1949年にアイルランド、リムリック州キルフィナンの移住者コロニーで生まれた。詩人、俳人、エッセイスト、小説家、脚本家、主にアイルランド国内ではあるが180冊以上の著作・翻訳がある。アイルランド藝術文芸アカデミー会員、ケルト仏教の血統を持つ、アイルランド詩・ギリシャ詩交流会の前議長、インド詩のアドバイザー、アイルランド翻訳・通訳協会の名誉永世会員、ヨーロッパ俳句協会の名誉会員。ウィーンのSchule für Dichtung およびハイダラバード文学祭にて俳句を講義。国際詩のアイルランド語への豊富な翻訳者(中には高銀、シェイマス・ヒーニー、K.サチダナンダン、ラビンドラナート・タゴール、ムハマッド・イクバル、ヒルデ・ドミン、ピーター・フチェル)、劇(ベケット、フリッシュ、イエイツ)歌(ボブ。ディラン、ケイト・ブッシュ、ザ・ポグエス、レオナルド・コーエン、ボブ・マーレイ、ヴァン・モリソン、ジョニー・ミッチェル、彼のアイルランド語は歌曲としても芸術唱歌としても楽しめる:彼は子供向きにも散文や詩を書いている。Haiku Más É Do Thoil É!(An Gúm)は2015年児童書審査員特別賞を受賞。同年、カナダ俳句協会にて基調講演を行った。2012年英語俳句:第一の百年 (W. W. Norton & Co. 2013)はヨーロッパ最優秀作品に選ばれた。(Dalkey Archive Press)。
2017年 JUNPA レジェンド賞 











Co-authored with Tatsuo Murata

村田辰夫と共著




滝の二重奏。山から勢いよく流れる滝は、自然のエネルギーに満ちている。そして神聖である。村田辰夫は滝が見たいと願った。ガブリエル・ローゼンストックは夜明けの牡鹿という俳句集で滝や水を詠んだ。ケルトの滝と日本の滝が二重奏を奏でる。







The 5th Anniversary of JUNPA
Co-authored with Mariko Sumikura

JUNPA5周年記念出版
すみくらまりこと共著



森の二重奏、そこは木々に守られたひとつの生物の世界。太陽のめぐりと雨のみに動植物がひっそりと息づいている。そんな森と森が歌い上げる。「逆光の森」は、さまざまな言語に訳され収録されている。ガブリエル・ローゼンストックの俳句には挿絵が配されている。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。