Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Keys 鍵の二重奏
Short movie is here. 紹介動画


Hélène Cardona (USA,France)

Dancing the Dream
              
This is a story of flight,
a story of roots,
a story of grace.
I am the wandering child·
Every journey knows a secret destination.
I’ll find my way without a map, rely
on memory embedded in my mother's embrace
on stormy nights at the foot of the Alps.
I’ll find home in the heart
of a rose, retrieve my soul,
anchored in the still point
where psyche rests,
the presence of mystery so luminous
I’m infused with its essence.
I walk the labyrinth, let
go of confined desires.
I rip the vine intertwined around
the umbilical, liberate the letters of
my name. They soar above the ocean
for the falcon to reclaim.
I’m dancing the dream
on the brink of barren ravaged realms.
From volcanic pumice and pure clay
I reap scrumptious blossoms of love,
earth’s sweet and savory ambrosia. 

ヘレン・カルドナ(米国、フランス)

夢を舞う
     
これは飛ぶお話
根のお話
たしなみのお話
わたしは迷い子だ
どの旅も秘密の目的地がある
地図なしに道をみつけよう
アルプスのふもとで嵐の夜
母の腕のなかで深く根づいた記憶をたよりに
こころのなかにわたしの魂を救う
バラ咲く家を見つけよう
こころを整える
静かなところで投錨した
神秘の存在は発光している
わたしにはそのエキスがただよっている
迷路をあるく
内にこもった欲心を駆けさせよ
へその緒にまきついた蔓をひきちぎり
わたしの名前の文字から
自由になる  それは大洋上に上昇し
馴らしたタカとなる
わたしは荒廃した王国の殺風景な崖のうえで
夢を舞っている
噴火の軽くて混じりけのない土から
わたしは美味な愛の花を手にいれる
地球の甘く香り高い神々の食べ物を
Translation by Mariko Sumikura


Parallel Keys
             
We give each other an offering
  of life, voyagers on impermanent inner
   oceans, mariners on subliminal time
    waves, master builders of whimsical
landscapes. Hold on to the mane, the dancing
  horse laughs, clapping
    hooves in rhythm with drumbeats.
Pushed out of narrow perimeters
  by the magnet of the universe,
    forced to abandon the illusion
      of the puzzle I inhabit,
I’m governed by the poetry of mathematics,
  shadow when I lose form
    in the chiaroscuro of spatial intuition
I reveal myself fixing the omen.
  Eagle teaches
    me to hunt, stillness followed
      by speed, warn warring, raptor
uncovering secret codes, deadly
  fighting principles, tensile mind.
Marvel at how a rose makes
  love with water, how we turn into cougars
    in the rain, how immovable mountains
     become intangible clouds.
We grow musically
  covered in cherry blossoms,
    divine variation.
We are consciousness wanting to expand.
 

平行
      
わたしたちはお互いにいのちを
 差し出す、はかない内なる海の航海者
  閾(しきい)の外なる波の時間の舟人
   気まぐれな美景を築くもの
たてがみをつかめ、跳ね踊る馬が
 笑う、ドラムのようリズムよくひづめを
  鳴らして
狭い周囲に追い込まれた
 宇宙の磁力によって
  わたしは住まいする迷路の
   幻想を棄てさせられたの
かたちを失ったときに
 影、数学の詩によって牛耳られたの
  空間的直感のキアロスクーロで
わたしは自身で前兆を現実のものとするわ
 鷲が教えてくれるもの
  獲物の捕えかた、ぴたりと止まったかとおもうと
   スピードにのることを、暗号を秘匿する猛禽、
死をかけて警告することを、
 支配するものと戦うことを、大きな心で  
薔薇がどのように水と愛を成就するのか
 その驚異を、どのようにわたしたちが雨のなか
  クーガーになるのかを、どのように動けない山が
   つかむことのできない雲になるのかを わたしたちは
楽音のように咲きあふれるの桜におおわれるわ
 それは神々しい千変万化だと
わたしたちは気づくの 遍く広がりゆきたいと

  Translation by Maki Starfield

キアロスクーロ:光の明暗の対比により物体の立体感を出す技法



Hélène Cardona is the author of six books, most recently Life in Suspension and Dreaming My Animal Selves (both from Salmon Poetry); and the translations Beyond Elsewhere (Gabriel Arnou-Laujeac, White Pine Press), winner of a Hemingway Grant, Ce que nous portons (Dorianne Laux, Éditions du Cygne); as well as Walt Whitman’s Civil War Writings for WhitmanWeb. The Birnam Wood, her translation of El Bosque de Birnam (Consell Insular d’Eivissa) by her father José Manuel Cardona is forthcoming from Salmon Poetry in 2018.
She was awarded Fellowships from the Goethe-Institut and the Universidad Internacional de Andalucía, the International Book Award in Poetry, the USA Best Book Award in Poetry, 2 Pinnacle Book Awards for the Best Bilingual Poetry Book, and 2 Readers’ Favorite Book Awards in Poetry.
She holds a Master’s in American Literature from the Sorbonne and has contributed to The London Magazine, Washington Square Review, World Literature Today, Poetry International, The Brooklyn Rail’s InTranslation, Hayden’s Ferry Review, Asymptote, and The Warwick Review. Acting credits include Chocolat, Jurassic World, Dawn of the Planet of the Apes, The Hundred-Foot Journey, etc. For Serendipity, she co-wrote with Peter Chelsom & Alan Silvestri the song Lucienne, which she also sang.

ヘレン・カルドナ(アメリカ・フランス)
 
ヘレン・カルドナは6冊の著者である、最新の著書では「Suspension[浮遊])と『Dreaming My Animal Selves[夢見るわたしの動物性]』(Salmon Poetry 刊)がある。そして翻訳Beyond Elsewhere[何処かの彼方]』(原作Gabriel Arnou-Laujeac, White Pine Press刊)、ヘミングウェイ賞の『Ce que nous portons[われらが着るもの]』(原作Dorianne Laux, Éditions du Cygne刊):ホィットマン・ウェブのためのウォルト・ホィットマンの『南北戦争作品』と同様に発表した。翻訳『The Birnam Wood[バーナムの森]』は父José Manuel Cardonaの書『El Bosque de Birnam』 (Consell Insular d’Eivissa刊)を英訳したもので2018年にSalmon Poetryより刊行予定である。
彼女はゲーテ研究所とアンダルシア国際大学よりフェローの称号を授与された、また詩集の全米ベストセラー賞、最優秀翻訳詩集ピナクル賞を二回、読者好きな詩集賞を二回授与された。
彼女はソルボンヌ大学でアメリカ文学修士号を取得、 The London Magazine, Washington Square Review, World Literature Today, Poetry International, The Brooklyn Rail’s InTranslation, Hayden’s Ferry Review, Asymptote, and The Warwick Reviewに寄稿している。俳優としての作品には『Chocolat[ショコラ]』『Jurassic World[ジュラシック・ワールド]』『Dawn of the Planet of the Apes[猿の惑星:新世紀]』『The Hundred-Foot Journey[マダム・マロリーと魔法のスパイス]などがある。ピーター・チェルソムとアラン・シルヴェストリと共作で 『Lucienne[ルシエンヌ]』という歌をつくり、彼女も歌唱した。


Taeko Uemura (Japan)

Epoch
       
 
How to transform an epoch?
In any stage
In that way
 
Outline of the history vanishing
Before people get aware
In that way
Making the first move
In that way
 
As one keeps on
The move
In that way
Suspicion “Why” 
Is coming up into mind
 
Thucydides trap is repeated?
Outcome of human history
Tracks down in that way
As we have ever seen?
 
When Déjà vu 
Coming up in that way
The stage will be
Almost arranged
At there
Broad wasteland spreads over
An ominous wind is blowing
A wolf is shouting
The dust veils the epoch 
from our eyes
 
Changing the epoch!
The cause of
Suspicion “Why”
Comes clear in silence
At timely moment
We gave up
 
Then again
We are asked 
“Why” do you
Only squat down
To observe the move?
 
  Translation by Maki Starfield
Thucydides: Ancient Greek philosopher, historian, and military historian.

上村多恵子 (日本)

エポック
           
 
はじまりに
なぜは
ない
 
エポックを変えていくのは
いつも 
そのようにして
 
いつのまにか
歴史の輪郭を溶解させながら
そのようにして
そのようにして
始まっていく
 
そのようにして
そのものを
見続けていくと
なぜ
が、頭を上げてくる
 
トゥキュディデス*の罠の繰り返しなのか
どこかでも視た
人間がたどってしまう結果を
そのようにして
招いてしまうのか
 
そのようにデジャヴが
顔を表す頃には
かなり舞台回しされてしまって
全くの荒野が拡がり
不気味な風が吹き
狼が吠えている
埃がエポックを
視えなくする
 
エポックを変える
なぜ
なのかは
あきらめた頃に
静かに
わかってくる
 
しかし問う
おまえはただ
うずくまり
見ているだけなのか


The Key
         
I arrived at the room finally
Even though I turned a metallic key of the door
Even though I held the key card over the device  
It didn't work
 
The keyhole required a spell
Although I got something finally
Although I heard a murmur faintly
Praying inside the door
 
I passed a narrow path finally
At where I cried with defeat
Repeating a tragedy and a comedy
Being at the mercy of a dazzling door
As like as running after a firefly
I have looked about the light
Groveling in the darkness
In the gap between a dream and a reality
Having loneliness
Fighting against all malice
Being deceived by smooth talkers
Deceiving superficial talkers
I arrived the room finally
Where my eternal life lodging
Yet the door doesn’t open with only the key
 
A spell is needed
While the night is alive
Before the dawn
I have to open the door
The spell has been forgotten
Long time
That was the key
Oh, you, the key
You, the spell,
The key of the key
Do appear for me
from splay of a high wave
 
Tell me
Carry me
From a fake cliff
Sticked on me
To a horizon
Shining with red
Where to help me
And please let me enter the room

 Translation by Maki Starfield

    
ようやくその部屋にたどり着いた
だがその扉の金属の鍵を回しても
バーコードをかざしても
開かない
その鍵穴には呪文がいるのだ
ようやく何か掴みとって
扉の内の祈りの声が
かすかに聞こえるのに
 
敗北に泣いた細道を
ようやくくぐり抜けて
幾重もの幻惑する扉に翻弄されながら
悲劇と喜劇をくり返し
まるで蛍を追いかけるように
暗闇の中を這いつくばり
夢と現実のあいだで
蛍の光を探しまわってきた
その永遠の生命の宿る部屋に
孤独をかかえながら
すべての悪意と戦いながら
巧言だけ上手な人達に
騙され
騙し
ようやくたどりついた
しかし鍵だけでは開かない
 
呪文が要る
夜が生きているあいだに
朝になってしまわないあいだに
開けねばならない
長く忘れられていた
呪文そのものが
鍵なのだ
鍵よ
鍵の鍵である呪文よ
目ざめとともに
波濤のしぶきのなかから
表れてくれ
 
告げてくれ
この私にまとわりついた
まやかしの断崖から
救ってくれる
紅の見える
地平へと運んで
その部屋のなかに入れてくれ


Taeko Uemura was born in Kyoto. Poet. Graduated from Konan University, Faculty of Letters.  Director of Japan Universal Poets Association
She teaches Literature and Economics in the university and also she runs a company as its president.
Now she belongs to the Japan Pen Club, Kansai Poets Association, Japan Universal Poets Association.
Publication in Japanese: Poetry Selection "Musu no Irritation (Numberless Irritation"(Japanese Woman Poet Series: Lemon sha publishing.) "Kagami niwa Utsuranakatta" (Never be reflected in the mirror), "Onna no ma no toki"(Woman's Devil Time/Tanko-sha), Essays: "Kyoto Monogatari"(Yama to Keikoku sha), "Daiti ni Yume Motomete/Brazil Imin to Hiraoheizaburo no Kiseki" (Kobe shinbun sogo shuppan center)
Publication in English:  "To a Vanishing Point" (Japan Universal Poets Association, 2012 JUNPA BOOKS),”To a Serendipity Muse”(2013 JUNPA BOOKS), “Duet of Wind” co-authored with Romanian poet, Marius Cheralu. “Due of Life” co-authored with Italian poetess Donatella Bisutti, and many books are published.
In 2012, she won JUNPA Award for Excellent Poet. In 2012 and 2013 she was invited and participated with the 51, 52Struga Poetry Evenings, “Europe in Versi” (Como, Italy) in 2015. Genoa  International Poetry Festival, Milan Poetry Recital in 2016,
Mihai Eminescu International Poetry Festival 2017 (Craiova, Romania)
Organizing:
Chair of Committee for JUNPA 5 Anniversary International Poetry Festival in 2017 (Kyoto, Japan),

上村多恵子(日本)
 
詩人、京都生れ、甲南大学文学部卒業。日本国際詩人協会理事。
詩・エッセイ伝記の著作がある。また大学で、文学・経営学を教える一方、自らも経営者として会社を経営する。日本ペンクラブ、関西詩人協会、日本国際詩人協会に所属。
著書
日本語
詩集『無数の苛テーション』
詩集『鏡には映らなかった』
エッセイ『女の魔のとき―おとことお金の使い方』」
エッセイ『京都物語―とっておきの京都案内』
伝記『大地に夢を求めて:ブラジル移民と平生釟三郎の奇跡』
日英バイリンガル詩集
『To A Vanishing Point』(消失点まで)2012(日本国際詩人協会)、『To A Serendipity Muse』(セレンディブティの女神へ)2013(同上)、『Duet of Wind』(風の二重奏)ルーマニア詩人マリウス・チェラルと共著2013、『Duet of Life』(命の二重奏)イタリア詩人ドナテッラ・ビズッティと共著 2014、『Duet of Animals』」(鍵の二重奏)アメリカ詩人ヘレン・カルドナと共著 2016、(同上)
国内賞受賞:日本国際詩人協会優秀賞2012
国際賞受賞:ヨーロッパ科学芸術文学アカデミー「自由の愛」をテーマ詩に「こんな日のために生まれてきたのではない」が受賞2018
海外詩祭招待参加:
第51回ストルーガ詩祭(マケドニア)2012.8
第52回ストルーガ詩祭(マケドニア)2013.8 
「Europa in Versi」(コモ、イタリア)2015.4
ジェノヴァ詩祭(イタリア)、ミラノ朗読会2016.6
プリシュティナ詩祭(コソボ)2016.9
ミハイ・エミネスク国際詩祭 2017.9.15-17
国際詩祭主催:
JUNPA設立5周年記念国際詩祭 2017.2.12-14 (委員長)


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue
 (響き合う東西詩人:詩的対話)
by  Hélène Cardona & Taeko Uemura














Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。