Online: ISSN 2180-1218 - キャッチコピーなど
Duet of Fireflies 蛍の二重奏
 
Bill Wolak (USA)

Snowflakes Blown into a Keyhole
 
Don’t keep avoiding love.
A raindrop disappears
effortlessly with a single kiss
into the restless sea.
 
Sometimes strangers
from a shipwreck arrive
parched and thirsty.
Sometimes survivors
burnt in a fire turn up
trembling from the cold.
You believe your numbness
is the end of the story.
But it’s only a symptom
of the body suffering withdrawal.
 
Even after generosity
turns your hair gray,
keep searching for the one
counting on your kindness.
Lovers find each other
mysteriously like snowflakes
blown into a keyhole.
 
ビル・ヴォラック(アメリカ)

鍵穴に飛んだ雪のひとひら
 
 
愛を避けるんじゃない。
雨滴が消える
一度のキスでさっと
不穏な海へと。
 
難破船から到着する
知らない人々は
喉が渇いていることもある。
火傷を負った
生存者たちが現れ、
寒さで震えていることもある。
しびれるのは
物語の終結だときみは思っている。
しかし、離脱症状が身体に
表れているのだ。
 
寛大な気持ちで
髪が白髪になった後でさえ、
きみの優しさに頼る
人を探し続けて欲しい。
 
恋人は謎めいて出会うのだ
鍵穴に吹かれた
雪のひとひらのように。
  Translation by Maki Starfield



Song of the Lost Daughter
 
Hair of rope dragged along the ground,
I sleep in rags huddled in a cardboard box
dreaming of shoes, candy, and clean water.
 
My father disappeared looking for work,
my mother searching for food.
Now little brother brings me brackish water,
and I hold him like a blessing while he sleeps.
 
Too scared to search for firewood,
too weak to beg for food, too tired for a lullaby,
hair of rope dragged along the ground,
my emaciated body too thin for an embrace.


迷子の娘の歌
 
 
地面に引きずられたロープの毛、
ダンボール箱のなかでぼろを着てうずくまって眠り、
靴、キャンディー、綺麗な水の夢を見るわ。
 
パパは仕事を探して消え、
ママは食べ物を探しているの。
今、弟がまずい水を持ってくる。
そして、彼の眠る間に、有難いと思って抱きしめるの。
 
怖すぎて、薪を探せないし、
弱々しくて、物乞いができないし、子守唄を歌うには疲れすぎているわ、
地面に沿って引っ張られたロープの毛、
抱きしめるには、わたしの衰弱した身体は痩せすぎてるわ。

 Translation by Maki Starfield


Bill Wolak is a poet who lives in New Jersey and teaches Creative Writing at William Paterson University. He has just published his fifteenth book of poetry entitled The Nakedness Defense with Ekstasis Editions. His poetry has appeared in over a hundred magazines. His most recent translation with Mahmood Karimi-Hakak, Love Me More Than the Others: Selected Poetry of Iraj Mirza, was published by Cross-Cultural Communications in 2014. His critical work and interviews have appeared in Notre Dame Review, Persian Heritage Magazine, Gargoyle, Southern Humanities Review, The Paterson Literary Review, Ascent, Florida English, The Seventh Quarry, and Prime Numbers Magazine. Mr. Wolak has been awarded several National Endowment for the Humanities scholarships and two Fulbright-Hays scholarships to study and travel in India. In 2007, he was selected to participate in a Friendship Delegation to Iran sponsored by the Fellowship of Reconciliation, America’s largest and oldest interfaith peace and justice organization. During the Summer of 2010, Mr. Wolak was awarded a Field Study Opportunity in China and Japan by the National Consortium for Teaching about Asia. He was selected to be a featured poet at festivals in India five times: at the 2011 Kritya International Poetry Festival in Nagpur, at the 2013 Hyderabad Literary Festival, at the Tarjuma 2013: Festival of Translators in Ahmedabad, at the 2014 Hyderabad Literary Festival, and at the Goa Arts & Literature Festival, 2017. In 2016, he was a featured poet at The Mihai Eminescu International Poetry Festival in Craiova, Romania; Europa in Versi, Lake Como, Italy; The Pesaro International Poetry Festival, Pesaro, Italy, The Xichang-Qionghai Silk Road International Poetry Week, Xichang, China; and Ethnofest, Pristina, Kosovo. 

ビル・ヴォラックはニュージャージー在住のアメリカ詩人。ウィリアム・パターソン大学でクリエイティブ・ライティングについて教鞭をとる。Ekstasis Editionsより『ネイキッドネス・ディフェンス』(原題:The Nakedness Defense )と題された第15詩集を出版した。彼の詩は大多数の雑誌で掲載されている。2014年、マフムード・カリミ-ハカクKarimi-Hakakと共著して翻訳書『ほかの誰よりも愛して~イラージ・ミルザ詩集選』(原題:Love Me More Than the Others: Selected Poetry of Iraj Mirza)がCross-Cultural Communicationsによって出版された。彼の主な作品とインタビューは、Notre Dame Review, Persian Heritage Magazine, Gargoyle, Southern Humanities Review, The Paterson Literary Review, Ascent, Florida English, The Seventh Quarry, and Prime Numbers Magazineに掲載されている。 ヴォラック氏は、人文科学奨学金のための全国基金奨学金とインドでの遊学のためのフルブライト・ヘイズ奨学金を2回授与される。 2007年には、アメリカで最大かつ最古のinterfaith peace and justice 組織であるFellowship of Reconciliation主催のイラン友好代表団に選ばれた。 2010年の夏、ヴォラック氏は、アジア教育のためのナショナル・コンソーシアムによって、中国と日本でField Study Opportunityを授与された。彼はインドのフェスティバルで5回、特選詩人に選ばれた。2011年のクリッタ国際詩歌祭(ナグプール)、2013年のハイデラバード文学祭(Tarjuma)、アーメダバードの翻訳者祭、2014年のハイデラバード文学祭、2017年のゴア芸術文学祭におけるアーメダバードの翻訳フェスティバル。2016年、ルーマニアのクラヨーヴァで開催されたミハイ・エミネスク国際詩歌祭の特選詩人に選ばれた。参加フェスティバルはヴェルディ・ヨーロッパ、レイク・コモ、ペザロ国際詩祭(イタリアのペザロ市)、西昌-上海シルクロード国際詩週間(中国の西昌市)、エスノフェスト、プリシュティナ、コソボ。


Maki Starfield (Japan)

Like a Disk
 
 
In a blurred dream of dawn
lightning shakes my body,
entering my blood,
rushing through my entire body,
drawing out a quiet soul.
On my transparent mind
a black meteorite falls.
 
An alien appeared.
Strong light and gentle wind
Ah, it is calling me!
The world of the Milky Way,
the most beautiful form in the universe.
 
Don't blame me—
Surely forever
Beautiful and desolate
Falling into me
Poems of the memories of light years
Falling, endlessly falling
Sin is to fall—
 
The alien's eyes are
overflowing the sky full of clouds
The rain falls.
Amidst illusions fiercer than death,
no one knows the momentary life.
 
In a crazy sky, the earth
wobbling unsteadily
falls.
 
We will fall,
falling in the weight of the two
Like a disk,
like a floating lotus flower,
from the opened window of the universe.
 
To a dream that no one has seen,
like empty space
falling
emptily
 Translation by the author

マキ・スターフィールド(日本)

円盤のように
 
 
明け方のぼんやりした夢の中で
稲妻がわたしの体を揺さぶる
わたしの血液に入り
全身を駆け巡り
静かな魂を引きずり出し
わたしの透明な心の上を
黒い隕石が落ちる
 
宇宙人が現れた
強い光と優しい風
ああ わたしを呼んでいる
銀河系の世界
宇宙の最も美しい姿
責めないで---
きっといつまでも
美しく荒れる
わたしのなかに落ちる
光年の記憶の詩
落ちる 限りなく落ちる
罪とは落ちること
 
宇宙人の目は
雲いっぱい空に溢れ
雨が落ちてくる
死よりも激しい幻想のなか
一瞬の命は誰も知らない
 
 
地球は狂った空に
グラグラと揺れながら
落ちる
 
 
わたしたちは落ちていく
ふたりの重さのなかに落ちていく
円盤のように
漂う蓮の花のように
切り開かれた宇宙の窓から
 
誰も見たこともない夢へ
虚空のように
落ちる
カラカラと。
 
 

Maki Starfield

Poet, Translator.  Born in Ehime, 1972. She earned her Master of Arts from Sophia University, and then got the diploma of International business management (post graduate)with Honors from Niagara College and the certificate of TESOL from St.George International College in Canada. She began to make haiku in 2008, where she became recipient of a prize at the 12th annual Mainichi Haiku Contest. On February of 2012, she published a new collection, Kiss the Dragon.
She has recently been performing as a painter as well as a poet. She participated in Design Festa Vol.40 in Tokyo Big Site in 2014 and recently contemporary art exhibitions. She won a prize at the contemporary art (kindaibijutsu) association's public recruitment exhibition in 2017.
She is a member of Japan Universal Poets Association. She is also a regular member of Sokyu and Sawa in Japanese haiku associates.
Japanese-English Bilingual Books: Duet of Dots co-authored with Naran Matos in 2015, Duet of Lines co-authored with Luca Benassi, Trio of Crystals co-authored with Hélène Cardona and John FitzGerald in 2017, Trio of Gardens co-authored with Lidia Chiarelli and Huguette Bertrand in 2018, Duet of Fireflies co-authored with Bill Wolak in 2018.
Editor of online international journal "Poetic-Brige: Ama-hash" and JUNPA BOOKS. Participation to: Poetry Reading in Kyoto (2016, 2018)
JUNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival (2017)

マキ・スターフィールドは3行詩人、俳人、翻訳家。2008年のときより俳句を独学で学び始める。上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。2011年夏にカナダから一時帰国し、アメリカの出版会社から出版デビュー。2012年2月に新句集『キス・ザ・ドラゴン』を自費出版でネット刊行。2012年6月、トロントのアートバーで季語にとらわれない新スタイル、3行詩を発表。現在日本に帰国し、独自の朗読会や3行ワークショップなどを行う。最近は独自のイラスト画も描き、デザインフェスタVol40(東京ビックサイト)等にも出展。日本国際詩人協会会員。同人誌「蒼穹」同人会員、「澤」会員。
日英バイリンガル詩集:2015年『点の二重奏』ナーラン・マトスと共著。2016年『線の二重奏』ルカ・ベナッシと共著。2017年『晶の三重奏』ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルドと共著。2018年『庭の三重奏』リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランドと共著。同年『蛍の二重奏』ビル・ヴォラックと共著。
 
翻訳:2015年『点の二重奏』(ナーラン・マトス)。2016年『線の二重奏』(ルカ・ベナッシ)、2016年『レモンの叫び』(ガブリエル・ローゼンストック)、2016年『シティータイムズ』(ヴィハン・A・ナッキ)、2016年『裏切られた花嫁』(メリタ・ジョイ)、2017年(ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルド)、2018年『庭の三重奏』(リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランド)、2018年『蛍の二重奏』(ビル・ヴォラック)。
 
国際雑誌「詩の架け橋:天橋」およびJUNPA BOOKS編集スタッフ
朗読参加
ポエトリーリーディングin kyoto (2016, 2018)
JUNPA5周年記念国際詩祭(2017)
 

翻訳
 
マキ・スターフィールドは上智大学大学院英米文学修士課程卒業およびカナダのナイアガラ大学国際ビジネス科大学院コース修了。2012年夏にはカナダのSt.George International CollegeでTESOLを取得。最近は翻訳も行い、ガブリエル・ローゼンストック・ビル・ヴォラックなどの作品を訳している。また俳句雑誌に数々の作品を発表、『蛍の二重奏』を含む句集等も出版している。
翻訳:2015年『点の二重奏』(ナーラン・マトス)。2016年『線の二重奏』(ルカ・ベナッシ)、2016年『レモンの叫び』(ガブリエル・ローゼンストック)、2016年『シティータイムズ』(ヴィハン・A・ナッキ)、2016年『裏切られた花嫁』(メリタ・ジョイ)、2017年(ヘレン・カルドナ、ジョン・フィッツジェラルド)、2018年『庭の三重奏』(リディア・キアレッリ、イゲット・ベルトランド)、同年『蛍の二重奏』(ビル・ヴォラック)。
 
共訳者
ガブリエル・シェーファーはアメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント生まれ。カリフォルニア州立大学サクラメント校で経営学の学士号を取得。現在は京都在住。ARCアカデミー京都校で日本語を勉強中。


"Western-Eastern Poets in Sympathy" Poetic Dialogue (響き合う東西詩人:詩的対話)
by Bill Wolak & Maki Starfield


















Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。