会社名 - Poetic Bridge "AMA-HASHI(天橋)"
Guest Poet


Chiaki Hamada (Japan)

Red Fire    

The fire of revolution flares restlessly

Phenomenon and delusion
fix together in an insane figure

The fire is unable to gleam the object 

On the desert
Under the glacier
Toward the end of the universe
Inward the world of itself

It sends out an infinite light
Onto broken pieces

Intense fire ceaselessly 
Continues to spinning experiences and wills
Onto intricate songs

Inaudible by anyone else

It paints out compressed silence 
To lead a new melody

On cool nails
On eyelids with insomnia
On numbers in order
On a bunch of massive memories

A talk without a word
Repeats itself in vain

The hour of detachment is
Coming second by second
Beyond of the divine providence 


Blue Fire   

Tangling smoke
On the fingers of an infant
Coffee in a nursing bottle 
Crowd reflected in eyes of a crow

Those were lighted
In my agony

There was no way to escape
I confirmed the reason of my destiny
Waiting for the last moments to come
Besides a black cat

These are to be sublimated
Fraud, Regret, Fret
Hatred, Desire, Freeze 
And Despair

All seasons have 
Burned out

A foolish fire continue
Wearing troubles
Spinning to run and run out


浜田千秋(日本)
 
 
赤の炎  

革命の炎は休むことなく

現象と錯誤を
狂気の肖像に描き続ける

頑なに対象を照らし得ず

沙漠の上で
氷河の下で
宇宙の果てで
己の壮絶な世界で

欠落した部分に
止め処ない光を注ぐ


情念の炎は絶えることなく
経験と意想を
倒錯の唄に紡ぎ続ける

何者にも聴こえ得ず

冷えた爪先に
不眠症の瞼に
数字の羅列に
恐ろしい記憶の束に
 
加圧された沈黙を
新たな旋律に染め上げる

痛ましく繰り返す
無言の語らい
厭離の瞬間は刻々と迫る
摂理を超越して


  

乳飲み子の指先に
絡まる紫煙
哺乳瓶の中の珈琲
鴉の眼に映る群像

其れは灯った
苦諦のなか
 
芯に宿った因果を
確かめる術は無く
黒猫の傍ら
終焉を求めて

触れる全てのものを
欺瞞、悔恨、焦燥、
憎悪、欲望、執着、
そして絶望へと昇華する
 
季節は焼け落ちてゆく
跡形もなく
厄を纏い
尽きるために紡ぎ続ける
愚かな炎











Born in Kyoto, Japan.  Lives in Kyoto.
Poet, Designer
Member of Japan Universal Poets Association
Publication: 
"A Candle Dedicated to M" 
(Japan Universal Poets Association, 2013)
"A Rose Dedicated to S"(Japan Universal Poets Association, 2013)
“Cyanided Illusion”
(Japan Universal Poets Association, 2013)
”Duet of Sould"
(Japan Universal Poets Association, 2015)
”Duet of Flame"(Japan Universal Poets Association, 2016 in print )
Award: JUNPA Award for Featured Poet 2013
Design work, JUNPA Logo, Golden Net Logo, Poster, Ama-Hashi, JUNPA BOOKS etc.
Participation: 
UNPA 5th Anniversary Commemorative International Poetry Festival in 2017

浜田千秋。詩人、デザイナー、京都生れ、日本国際詩人協会会員、天橋編集デザイン, JUNPAのロゴマーク制作、「黄金のあみ」ロゴマーク制作、『T・S・エリオット詩句・賛』(村田辰夫)の挿画。著書:日英バイリンガル詩集『Mに捧ぐ蝋燭』」(2013)、『Sに捧ぐ薔薇』(2013)、『蒼の砌』(2013)、『魂の二重奏 Duet of Souls』アナベル・ヴィラーと共著(2015)、『炎の二重奏 Duet of Flame』ムセル・エニアイと共著(2016)いずれも日本国際詩人協会発行。
受賞歴 日本国際詩人協会新人賞2013





























Co-authored with Annabel Villar
アナベル・ヴィラーと共著



魂の二重奏。ウルグアイ詩人アナベル・ヴィラーと浜田千秋は、東西の文化の違いを感じさせない題材を扱っている。浜田の詩、「五次元の睡蓮」のように言葉に反転させて現実を見てみることを試す若さがある。アナベルの詩は、パンゲア大陸ができるまえにあった「失われた陸」を探すなど途方もないイマジネーションに読者は刺激されるであろう。








Co-authored with Muesser Yeniay
ムセル・エニアイと共著



炎の二重奏。トルコは開かれた国であり、女性の進出も目覚しい。ムセル・エニアイもそうした環境での若手詩人であり、国際的に活躍している。彼女の目に映る「女」は、なぜか悲しい。十分に羽ばたけていない鳥のように苛立ちを感じている。東西若手女流詩人の二重奏。



Legal Notice
Copyright is given by the authors and translators appearing in this issue.
No part of this journal may be reproduce by any means,
without written permission from JUNPA.
法的事項
本号の掲載物は著者および翻訳者より許可を得ております。
日本国際詩人協会より発行された書状の許可なく
本号の複製は、いかなる理由にせよ部分複写もお断りします。